« 海外での撮影 カメラの時刻設定 | トップページ | CaptureOne7.1.4 バグ »

2013.10.12

CANON EF16-35mm F2.8L USM

1オーストラリアロケでの画像処理をしています。

すべての画像はLightroomで読み込んで調整、その後、一括で書き出し。

トータル3000カットくらい有りました。

画面はLightroomで使用レンズごとの数を出したもの。CANON EF16-35mm F2.8L USMの使用率が圧倒的でした。僕が使っているのは1型です。

このCanonの広角についてはかなり不満。

16-35は2型も出ているのですが、発売後すぐにテストしたことがありますけど、それほど旧型と歴然に良いわけでもなかったので、買い換えずに旧型を使っています。

でも、さすがに厳しいなと思うこの頃、、、というのは6Dを買ってから、ほとんどのロケでは6Dがメインになってしまいました。7Dを使うときもありますが、、、すでに7D用の10-22mmは処分してしまって、、、この10-22もかなりダメなレンズで、2回買って、2回とも売っています。

フルサイズでのロケが多くなったので、必然的に16-35も使うようになり、ダメなところも気になるようになりました。


2

ダメなところもLightroomでなんとかごまかしています。

このあたりのテクニックはこちらをご覧下さい。

第29回 円形フィルターを使いこなす

我ながら良いやり方だなと思っています。

この方法なら、ダメな周辺部もなんとかごまかせます。

僕はプリセットを作って、16-35で撮った画像にすぐ掛けられるようにしています。

でも、ごまかしもいつまで、、、

たぶん、16-35の2型は近いうちに買うかな。いろいろ考えると、どうしてもこのレンズになってしまう。シグマとか、トキナーとか考えたけど、、、汎用性に乏しい。

かと言って、ニコンの14-24みたいなレンズがあっても、結局は重くて使いにくいから、軽いレンズが欲しくなるでしょう。そうすると、16-35あたりは外せないんですよね。

|

« 海外での撮影 カメラの時刻設定 | トップページ | CaptureOne7.1.4 バグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海外での撮影 カメラの時刻設定 | トップページ | CaptureOne7.1.4 バグ »