« キヤノンのレンズが付けられない!その2 | トップページ | 新しいレンズを買いました。 »

2013.09.11

Lightroom5 円形フィルターを使いこなしてます!

Lightroom 実践力アップ講座「第29回 円形フィルターを使いこなす」でも解説しましたが、実際の仕事でもかなり便利に使っている円形フィルターです。

先日も書きましたが、取材系のロケで撮影した料理カット。130911_0001ビールを添えて、というシーンはよくよく撮影しますよね。

でも、取材先のお店で注がれたビールの泡の良い状態で、更に琥珀色を出すなんて、ほとんど無理な注文です。
それでもなんとか今まではglassの影にレフを置いたりして透明感を出していたのですが、、、それをやると、アングルが決まってしまい、取材系には不向きです。だって、いろいろなアングル、縦位置、横位置などを撮影しなくてはならないから。だから決めカットが出来るようなタイアップ、料理の写真が大きく使われるようなときでも無いと、そんな事は出来ません。

そこで、円形フィルター。

写真のようにglassの部分に円形フィルターを当てれば擬似的なハイライトが作れます。

もちろん、擬似的であって、あくまでも手抜きです。これをアップで使う事はありません。ビールは添え物の時に便利な手法であって、ビールが主役の時には無謀でしょう。ナイショで使うときもあると思うけど。。笑
130911_0002ちなみに普通の写真がこれ。

比べれば歴然でしょ。

円形フィルターはグラスのハイライトを作るには良いツールです。要は工夫次第。

そうそう、この写真はNGカットを使っています。泡のダメなやつね。「なんだ、こんな写真撮ってるのか?レベル低いね〜」と思われるのも嫌なので。念のため、注意書き・・・


|

« キヤノンのレンズが付けられない!その2 | トップページ | 新しいレンズを買いました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キヤノンのレンズが付けられない!その2 | トップページ | 新しいレンズを買いました。 »