« 現像ソフトの優劣 | トップページ | Adobe Photoshop Lightroom 5.2 RC »

2013.08.01

CaptureOne徹底使いこなし術39「より詳細な調整が可能になったクラリティー」

procameraman.jpの連載、CaptureOne徹底使いこなし術39「より詳細な調整が可能になったクラリティー」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。

C1も7.1.3になって、以前よりもかなり安定感がある感じです。僕のところでは今のところ、大きな問題はなし。キヤノンのライブビュー時に縦位置にならないのは困ってますけど、、、
今回のバージョン7はカタログの採用もあって、以前よりも長い時間、マイナーなバグに悩まされてきた感じです。
次々と新しいカメラは出てくるし、OSもアップしていくしで、アプリケーションを作っている人には終わりなき戦いになっていると推測いたしますが、これはどうしようもないことですよね。ただただがんばって作っていって欲しいと思います。
_SDI8682-2.jpg

|

« 現像ソフトの優劣 | トップページ | Adobe Photoshop Lightroom 5.2 RC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現像ソフトの優劣 | トップページ | Adobe Photoshop Lightroom 5.2 RC »