« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013.06.30

CaptureOne徹底使いこなし術38「35mm DSLRでライブビューと 新しくなったCapture Pilot」

procameraman.jpサイトでCaptureOne徹底使いこなし術38「35mm DSLRでライブビューと 新しくなったCapture Pilot」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。

今は今週にあるセミナーのことで頭がいっぱいです。Lightroomを朝から今までずーっと触りっぱなし。。。いい加減疲れました。それでもまだ準備不足か。。。時間がなさ過ぎ。
M_000218.jpg

| | コメント (0)

2013.06.27

デジタルフォト & デザインセミナー 2013動画公開

いよいよ来週に迫りました、デジタルフォト & デザインセミナー 2013ですが、動画公開されました。

多くの人にいらして頂きたいと思っています。

僕のセッションは置いておいて、、、
いや〜まだ何もしていないんです。。。。日々の仕事をやるので精一杯で。。。

頭の中で構想は立てているんですけど。

僕以外のセッションは素晴らしいはずですので、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。
M_000237.jpg
マミヤDM28

| | コメント (0)

2013.06.23

CaptureOneのハードウェアアクセレーション

Web_130623_0101CaptureOneの環境設定で「ハードウェアアクセレーション」の設定があります。

以前、現像の調子が悪い時に、ここをOFFにすることでノーマルに現像できたというお話しは、どこかで書いたと思います。

つい先日、C1がバージョンアップされたので、久しぶりにこの設定を見直してみました。

今のところ、オンのままで問題ないようです。

その時に気がついたのですが、ここでのオンオフで、MacProのCPUの使い方に相当な差があります。

上の写真がオンの状態。

Web_130623_0102

そして、これがオフの状態です。

これはアクティビティーモニターと言って、Macに標準で着いているCPUなどの使用状況を監視するアプリケーションです。

オンにすると、これが標準状態ですが、CPUは上のように、半分も使っていません。OFFだとそれがほぼ100%に近いくらい使用が跳ね上がります。

考えれば当たり前なのですが、、、つまり、処理にどこを使っているか?と言うことですね。

僕のMacProは8コアの2010モデルです。GPUは1GBを積んでいます。C1 7.1.3のマニュアルには推奨のグラフィックカードとしてRadeon 7950の名前を挙げています。このカードのメモリーは3GB。
まだまだ使えると思っているMacProですが、グラフィックカードが足かせになるかもしれませんね。

今年出るらしい、MacProは6GBで、しかもそれを2機積んでいるらしい。。

つまりは、それほどまでにアプリケーションのGPU依存は今後も進んでいくと言うことなのです。
_SDI0875-2.jpg

| | コメント (0)

2013.06.21

クリップオンのセンターは気になる・・

1sc_7496今日は朝から一件、取材もの。

取材ものの場合、荷物を少なくしたいので、ストロボはクリップオンを使います。今日は特に少なくて、カメラ2台にレンズ2本、クリップオンが1台、三脚という感じ。

クリップオンで最近使っているのが、透過型のアンブレラです。

そして、いっつも気になるのが、、、、この光軸とアンブレラセンターのずれ。
1sc_7495いや、もちろん、センターにする方法はいろいろあるというのも知ってますよ。でも、そこまでクリップオンに情熱を燃やしていないし。。。

クリップオン使うときはたいていは、扱いの小さい撮影ですから、多少のことは犠牲にして、そこそこの出来上がりを狙うという感じ。

でも、気になるんですよね。

これ、A型の人だったら我慢ならないかも?笑 僕はO型だし。


| | コメント (3)

2013.06.20

痛ネイル

Img_0098今日撮影したモデルの子、ネイルがこんなんでした。

痛ネイルって言うらしいです。笑

痛車とかと同じノリですね。彼女はジョジョが好きなので、それにしたとか、、、


_SDI0846-2.jpg

| | コメント (0)

2013.06.17

あっという間の一日

Img_3131今日は撮影がなかったのですが、あっという間に過ぎてしまいました。

1日があっという間に過ぎ、1週間があっという間に過ぎ、そして1年があっという間に過ぎていきます。ここ何年もそんな感じでした。たぶんフリーになってからずっと。。。

女房がバッグを買ったので、それを作例にしてテスト撮影していました。そんなことしているから時間がなくなるんですよね。

そう言っているうちに、急に撮影が入り、夜9時頃から撮影です。


| | コメント (2)

2013.06.15

貴婦人と一角獣展

Img_3128六本木、国立新美術館で開催中の貴婦人と一角獣展に行ってきました。

この展示はNHK3chの日曜美術館で取り上げてました。僕もそれを見ていて、概要は何となく分かっているつもりでした。

でも、実際に見に行くと、やっぱり本物は良いですね。テレビで見るのとはまたひと味もふた味も違います。

さて、この展示、いらっしゃった方はおわかりかと思いますが、展示会場が巨大です。タペストリーに当てている照明は、天井からのスポットライトでした。顔料などを使った壁画ではないですから、劣化が非常に気になっていると思われ、照明も暗く、そして、色温度の低いものが使われていました。低いものというのも誤解があるかもしれませんが。天井からのスポットライトということで、距離が通常の展示よりも離れていると思われます。そのせいで色温度も低くなってしまったと推測しています。

会場内で見ていた他の観客は、「テレビで見るとのは色が違うね〜。テレビのは直しすぎだな。」って。。。

現代の写真をやっている人なら、この時点で想像が付くと思いますが、会場内の照明が赤すぎるんです。決してTVが補正しすぎたわけではないと思いました。

この手の展示でいつも思うのは展示の照明の問題。あまりに低すぎですね。つまり赤い光だという点。紫外線カットを拡大解釈して、更に照度を落としたせいでしょう。

本当の色ってなんなのか?

この手の美術品の場合、実は、複製された印刷物の色が、最も現物に近いんじゃないか?なんて、思ってしまうことも多々あります。

だって、だれも、ちゃんとした照明の下、その美術品を見ることは出来ないのですから。複製を担当するごく限られた人以外は。

結局、テレビで見るとか、値段の高い画集で見るのが、実は最も現物に近い鑑賞方法なのかもしれません。

| | コメント (0)

2013.06.14

C1の不調、、、

1なくてはならないアプリケーションのCaptureOneが不調です。。。

写真のように表示がおかしい。。。と言うか、この状態で現像されます。元データはキヤノン7DのsRAWです。たぶんですが、フルサイズのRAWの1辺が1/2なのでこのビューアのようになってしまってると推測されます。

どうやっても元に戻らない。不思議な現象です。

なかなか難しい問題です。情報収集中・・・


| | コメント (2)

2013.06.13

Lightroom5解説のジュリアン・コストさん

Lightroomの広報用のビデオに登場してくるジュリアン・コストさん、当然、今回のLR5の紹介にも大量に出ていらっしゃいます。
僕が見た中で、一番のお気に入りはこのビデオ。

知らない機能が沢山あって、勉強になります。

さて、ジュリアン・コストさん、おいくつなんだろうか?
このビデオシリーズもLR2か3の時代からあると思うので、始めた当時が30代だったとしても今は40代かな〜。ずーっと見てきているので、やっぱりお年を召してきたな〜と思うバージョン5です。

僕も自分でビデオに撮って、YouTubeに投稿してたりしますが、写真も同じですけど、自分の映像って、嫌なものです。
年齢を突きつけられる、、、自分では若いつもりでも、顔のしわとかはどうしようもないですしね。

ジュリアン・コストさんも、たぶん、同じような思いはご自身の中であると思うのですが、それでも出続けているのは立派です。

ま、若けりゃいいのか?ってこともないですが、、、ジュリアン・コストさんのよどみのない解説は、ホント、すごいです。若い子じゃ無理でしょうね。
CF007965.jpg

| | コメント (0)

メレル カメレオン5 ストーム ゴアテックス

お!久しぶりのメリルねたか?と思った方、メレルです。笑

雨用の靴を買い換えました。
Img_3126

メレル カメレオン5 ストーム ゴアテックス というもの。以前の雨用の靴はこれの旧型カメレオン2でした。2の弱点は滑ること。
「カメレオン 滑る」で検索掛けると大量に出てきます。

ま〜〜とにかくよく滑る靴でした。アウトドアならまだしも、都市部で駅の階段、コンコースのタイルなどなど、気を抜いて歩いていると、すてっんと行きます。

それでもGore-Texなので、雨の日には長靴代わりに重宝していました。

去年くらいから、雨漏りするようになり、、、今年は買い換えました。

カメレオンと違うもので、値段も安くと言う基準で探すのですが、なかなか良いのがなくて。同じくメレルのミッドカットのものを買ったのですが、冬は良いけど、夏場は暑くて履いてられない。山用なので、都市部ではハードすぎです。

結局、カメレオンを買うことにしました。おなじ2では滑るので、新型の5にしてみましたが、結構滑りません。これなら都市部でもまあ大丈夫かと。

ソールは2型の方が堅いですね。5型はソフトです。その違いもあるし、大きな違いはソールのパターンでしょうね。突起部にすべてくぼみがあるので、そのおかげかもしれません。

これで梅雨の時期は万全です。

| | コメント (0)

2013.06.12

Lightroom 実践力アップ講座「第29回 円形フィルターを使いこなす」

ShuffleサイトでLightroom 実践力アップ講座「第29回 円形フィルターを使いこなす」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。

ここにも書いていますが、円形フィルターはここまで使えるとは思っていませんでした。アマチュア向けかな〜みたいな、、、甘く見てました。

先日の東北のロケの画像ですが、LR5だけで納品しました。もう円形フィルターなしでは居られない、、、そんなくらいに使いまくりました。

本当はその内容などを来月のイベント「デジタルフォト&デザインセミナー 2013」で紹介できれば良いんですが、、、仕事なのでそれは無理。

セミナーで使える写真って、いつもホントに困ります。仕事の写真はほぼ使えないし。モデルカットは事務所の許可が必要だし。>当然ですけどね。面倒で。Adobeのセミナーで、なんて言おうものなら、お金をふっかけられますから。

今回は大勢の前でやるので特に気を遣います。

やっと製品版にもなったことだし。これからバシバシ使います。
CF007700.jpg

| | コメント (0)

2013.06.11

MacBookProをクリーンインストール

Img_3125MacBookProのOSをインストールし直しました。

写真はその時のもの。でも、このシステムだけを入れ替えるだけではダメで、結局、内蔵SSDを初期化、その後、クリーンインストールをやりました。

理由は、、、CaptureOneがどうにも調子が悪くて。。

以前、Macminiをスタジオで使っていた時に、調子が悪かったのですが、初期化、クリーンインストール後はトラブルが無くなったと言うことがありました。

今まで使っていたOSは購入後、MountainLionに入れ替えたものをそのまま引き続き使っていましたが、やっぱりその方法ではトラブルになることが多くて。

時間が出来たので、この際、初期化することにしました。今月末にはLightroomのセミナーも人前でやることだし、環境は万全にしておきたいという気持ちもありました。

今日の仕事では問題なし。

ウィンドウズに比べればシステムの入れ替えは楽なMacですが、クリーンインストールとなると、やっぱりそれなりに時間が掛かります。使いやすくするために、いろいろなデバイスも付けていますしね。

CaptureOneは僕の仕事にはなくてはならないアプリケーションです。初期化程度で安定するのなら、やりますよ。笑

僕のMacBookProは去年出た2012モデルです。出てすぐを買ったので10.7だったのですが、10.8に無償アップグレード対象だったのです。

今回の初期化で最初から10.8になるのかと思いきや、、、、やっぱり10.7がインストールされてしまいます。

僕は去年のアップグレードの際に、それを別のメディアに保存しておいたので、そこからシステムを入れ替えました。
この方法はネットで見つけて、それを真似したのですが、こんな時には便利でした。

昔のようにリカバリーディスクがないのも、不安だし、、、古い人間ですからね。ネットからダウンロード出来るんですけど、、、

そう言えば新しいマックが出るかと思いきや、Airだけでしたね。すべてがHaswellになるのかと思っていましたが、、他は値上がりしただけ。

新しいMacProも面白いですが、thunderboltが6個あっても、たぶん足りなくなるんじゃないかな〜。誰か訳知りな人が、「そのうちthunderboltのハブが出る」みたいなこと言ってたけど、結局出ないし。MacProで6個のthunderboltを備えていると言うことは、thunderboltのハブは難しいと言うことを示唆しているんじゃないだろうか?その証拠にUSB3.0の端子は4個しかないから。
USB3.0はハブがすでに存在してますからね。

外部モニター端子にthunderboltを使ってしまう仕様上、6個あっても足りなくなることは目に見えている。多くのthunderbolt接続外部HDDはポートを1個しか持っていない、ディージーチェーンが出来ないタイプなんだよね。

thunderboltからFW800に変換するにしてもアダプターが必要だし、、、

とにかく外部に周辺機器を繋がないことにはこのMacPro2013は仕事では使えない仕様というのも、本体を買った後にも、相当お金が掛かることを意味するわけだし。メモリーも高そうだし。。

ま、いつかは買うと思うけど、初期型は避けて、1年後くらいにしたいなと思っています。

それまでは今の8コアMacProにがんばってもらおう。

| | コメント (0)

2013.06.10

お節介なアラート

Img_3124去年買ったボルボV60ですが、新車から1年と言うことで、エンジンを掛ける度に写真のようなアラートが出ます。

これがうっとうしい、、

いや、点検に出せば良いんですが、車が使えないのは仕事上の予定と絡んでくるので、いつ出すか?悩んでいる感じで、ここ1ヶ月過ぎてしまいました。

このアラート、別にボルボだけではありませんし、V70の時からも出てました。

でも、進化してるな〜と感じたのは、アラートの言葉が変わるんです。

1年点検の1ヶ月ほど前からは
「メンテナンスの予約をして下さい」

1年点検の時期には
「メンテナンスに出して下さい」

1年が過ぎてしまった今頃が写真のように
「メンテナンスの時期が過ぎています」

と3段階になってます。

V70あたりだと、メンテナンスに出して下さい、だけだったんですけどね。

なかなか人間くさい。笑

このまま放っておくとどうなるのか?見てみたい気もするんですが、、、

時間のあるうちに点検に出さないとね。
_L6X0069-Edit.jpg

| | コメント (0)

一足早くLightroom5製品版

1Lightroom5の製品版が発表されました。

即日、ダウンロード可能です。

取りあえず30日間の試用で、そのうち安くなったものでアップデートするか〜と考えていました。

よくよく考えてみたら、すでにクリエイティブクラウドに入っていたことを思い出しました。笑

と言うことで、今日から製品版を使っています。

いや〜〜、便利ですね。クリエイティブクラウド。もうヨドバシとか、アマゾンとか、ポイントがいくらで、とか考えなくても良いのは、、ある意味、楽。

でも、時間が過ぎて、販促でアップグレード版が安くなったら、LR5だけをもう一本買うつもりです。

CCは最大2台までのPCでしか使えませんから。3台以上持っている人は、もう一つ契約するか、Lightroom5だけを買い足すか?の選択になると思います。

いろいろ考えると、LR5をアップグレードさせた方が何かと便利で安い。僕はそういう結論に至りました。

だから、CCのライセンス1つと、LR5のアップグレード。

これが合理的だと思います。
_8DS3451-Edit.jpg

| | コメント (0)

結局2台所有・・

Img_3120マミヤ645DF+とLeafを買ってそろそろ1ヶ月になります。
そんなに資金が潤沢にあるわけでは無いので、新しいカメラを買ったら古いカメラ645AFにLeaf(mamiyaデジタルバック)を付けて売ろうと思っていました。
古いカメラはやはりモデル撮影などには使いにくいから。。。LeafもPhase Oneがあればいらないと思っていたので。

この1ヶ月、結局、両方を使い分けてます。

Phase One P45+は相変わらず素晴らしい。でも、ここまでの画質が常時必要ではありません。たとえば雑誌の1P裁ち落とし程度、このくらいなら35デジタル一眼でいいし、バックタイプでもLeafの2800万画素くらいでも良い。

これってニコンのD800が使いにくいのと同じです。現状、印刷物の大きさ、印刷線数が変わらないのなら、普通の仕事は3000万画素以下の方が便利。

Leafの色というか、質感は独特な感じがするし、4433センサーの大きさも80ミリレンズで使うと画角的に結構便利です。

それよりも大きな問題として、最新の645DF+で僕の持っているマミヤの古いレンズをつけると、PCからのコントロールができないのです。これは僕だけなのか、それとも仕様なのか、不明ですが、、、たぶん仕様でしょう。
僕の場合、スタジオ内でテザー撮影はすべてC1でコントロールしています。ストロボもプロフォトにしたのはその理由だし。せっかくバックタイプを買ったのに、むしろ不便になるのなら魅力半減ですからね。

だからモデルの時はDF+で、商品の時はPhase One645AFでと、2台を使ってしまうことになってます。
自分でも贅沢だと思うし、、、そこまでいらないと思うんですけど、、、

ま、残り少ない人生ですから、ちょっと贅沢してもいいでしょう。
CF007339.jpg

| | コメント (0)

2013.06.07

CAN-Cが届きました。

Img_3118CAN-Cが届きました。

何かというと、白内障に効くと言われている目薬です。

白内障、目薬とかで検索すると出てきます。

効くかどうか?日本で認可されていないので、何とも言えません。でも、取りあえずやってみようかなと。眼科では目薬すら出してくれませんし。というか、出しようもないんですけどね。患者としては何とかしたいと思うのが人情。
個人輸入になるので、結構お高めです。6箱入って2万円くらい。

結構しみる目薬ですが、続けてみます。
CF007824.jpg
きれいな瞳です。

| | コメント (4)

アンコールワットをPhase One IQ160で撮る part2

「中判デジタルカメラ.jp」サイトに「アンコールワットをPhase One IQ160で撮る part2」が公開されました。

お読み頂ければうれしいです。

今回は遺跡以外の写真で構成しています。
CF007304.jpg
Phase One IQ160

| | コメント (0)

2013.06.06

田沢湖までロケ LR5でスマートプレビュー

1昨日今日と田沢湖までロケでした。

事務所に戻ってLightroom5に読み込ませ、帰ろうと思ったのですが、、、スマートプレビューを作って、家で作業の続きでもやろうかな〜と思って、スマートプレビュー作成!

ですが、、、このスマートプレビューを作るのって結構時間が掛かります。

1000枚くらいのRAW 20GBちょっとですが、そこから作成する時間は23分30秒。

もうちょっと何とかしたいな〜。

ちなみに容量は1.29GBになりました。

便利に使える機能なんですけどね・・


| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »