« CAN-Cが届きました。 | トップページ | 一足早くLightroom5製品版 »

2013.06.10

結局2台所有・・

Img_3120マミヤ645DF+とLeafを買ってそろそろ1ヶ月になります。
そんなに資金が潤沢にあるわけでは無いので、新しいカメラを買ったら古いカメラ645AFにLeaf(mamiyaデジタルバック)を付けて売ろうと思っていました。
古いカメラはやはりモデル撮影などには使いにくいから。。。LeafもPhase Oneがあればいらないと思っていたので。

この1ヶ月、結局、両方を使い分けてます。

Phase One P45+は相変わらず素晴らしい。でも、ここまでの画質が常時必要ではありません。たとえば雑誌の1P裁ち落とし程度、このくらいなら35デジタル一眼でいいし、バックタイプでもLeafの2800万画素くらいでも良い。

これってニコンのD800が使いにくいのと同じです。現状、印刷物の大きさ、印刷線数が変わらないのなら、普通の仕事は3000万画素以下の方が便利。

Leafの色というか、質感は独特な感じがするし、4433センサーの大きさも80ミリレンズで使うと画角的に結構便利です。

それよりも大きな問題として、最新の645DF+で僕の持っているマミヤの古いレンズをつけると、PCからのコントロールができないのです。これは僕だけなのか、それとも仕様なのか、不明ですが、、、たぶん仕様でしょう。
僕の場合、スタジオ内でテザー撮影はすべてC1でコントロールしています。ストロボもプロフォトにしたのはその理由だし。せっかくバックタイプを買ったのに、むしろ不便になるのなら魅力半減ですからね。

だからモデルの時はDF+で、商品の時はPhase One645AFでと、2台を使ってしまうことになってます。
自分でも贅沢だと思うし、、、そこまでいらないと思うんですけど、、、

ま、残り少ない人生ですから、ちょっと贅沢してもいいでしょう。
CF007339.jpg

|

« CAN-Cが届きました。 | トップページ | 一足早くLightroom5製品版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CAN-Cが届きました。 | トップページ | 一足早くLightroom5製品版 »