« Lightroom5のUpright™テクノロジー | トップページ | 京都の写真をAdobeRGB »

2013.05.28

メインモニターをCG275Wに変更

Lr2_148_223547事務所のメインのMacProですが、モニターをEIZOのCG275Wに変更しました。

このモニターはスタジオで撮影専用としていたものですが、スタジオ用には別のモニターを買って置き換えたので、事務所使用としたのです。

今までは同じくEIZOのCG211とCG19の2台でデュアルモニターにしていたのですが、たとえばこの写真用にLightroomみたいなアプリケーションだとワイドの1枚モニターの方が使いやすいことも多く、デュアルモニターを今後も続けていくかどうか?以前から悩んでいました。

一枚モニターで使うとすると、大きいモニターの方が良いわけで、、30インチという選択肢もありましたが、いかんせん、机の上に奥には大きすぎな気がします。スタジオでクライアントなど、立ち会いの人が多い時は30インチくらいは良いと思いますが。

27インチに換えて2日目ですが、Lightroomは良いんですけど、Photoshopがちょっと使いにくい。デュアルモニターで19インチ一杯にパレットを出して使っていましたからね〜。27インチではそんな事出来なくて。27インチの横にCG19を置いて、パレット用とすることも出来るけど、、、あまりに横長・・・

CGシリーズは27、21,19と3台持っているので、しばらくは悩みながら落としどころを探ります。
CF007824.jpg

|

« Lightroom5のUpright™テクノロジー | トップページ | 京都の写真をAdobeRGB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Lightroom5のUpright™テクノロジー | トップページ | 京都の写真をAdobeRGB »