« 芝離宮でEF100mm F2.8Lマクロ IS USM | トップページ | CaptureOne徹底使いこなし術35「写真に著作権情報を入れる」 »

2013.04.02

ニコンのライブビュー問題も解決?

本日、ニコンのカメラのファームウェアが一斉にアップデートされました。

僕が真っ先に確認したのは、、、

ニコンD800のライブビュー問題です。

これについてはここで書くつもりだったのですが、、、とにかく時間がなくて。

D800が発売されてすぐに買った僕ですが、1年前、この問題に気がついて愕然としました。あまりに使えないので。ニコンユーザーに言うとほとんどの人が気にしていない様子、、、

ま、そのことは置いておいて、

ライブビューにするとニコンの場合、絞り込んで露出シミレーションをした状態で液晶表示されます。これはD800だけなのか?確認していませんが、D800ではそうなります。

風景などを撮る人はそれでも良いかもしれませんが、スタジオで物撮りをする人は、これでは使えません。ここまで読んで理由が分からない人は、この先は読まなくても大丈夫です。

つまり、この症状が致命的であると思う人と、そうでない人は、両極端に存在します。

今回のアップデートで確かに明るくなりました。が、絞り込まれた状態で、単純にモニターを明るくしただけなのです。こう書いて、?と思う人も多いでしょう。

この状態でも商品撮影には致命的な欠点になります。

シフトレンズなど、ピントが来ないので、アオリを使って、希望の位置にピントを持ってきます。その際、開放絞りでピントを合わせないとなりません。絞っての状態では、シビアなピントは無理なのです。

今日の撮影で、多少は使えるかと思ってD800にシフトの24ミリを付けてテレビを撮りましたが、、、途中で、カメラを交換しました。6DにキヤノンのTSE24-2を付けたものです。D800でさんざんピントが来なくて調整し直していたものが、キヤノンでは一発。。。
キヤノンの利点として、ライブビューの際でも、カメラ側液晶にも表示がされます。ニコンはPC接続時のライブビューではカメラ背面には何も写りません。つまり、パソコンの液晶を見ながらカメラを調整するのです。

もう、文字にするのもばかばかしい、、、なんでこんな仕様になっているのか?意味不明です。

こう書いても、たぶん、その意味が分からない人には、さっぱりでしょう。つまりはそういうことなんですね。

残念です。非常に残念。せっかくの良いカメラなのに、、、
RainyDay 20130327

|

« 芝離宮でEF100mm F2.8Lマクロ IS USM | トップページ | CaptureOne徹底使いこなし術35「写真に著作権情報を入れる」 »

コメント

全く同意見です、最近はキャプチャーワンがキャノンがつながりにくいのでD800を使うと、背面でピントがチェックできない…
せめて仕様をえらべたら、残念です

投稿: ネコスタ | 2013.04.03 07:11

NikonPC-85mm等では プリセットで開放絞りになるので。良いのでは? 家では今回のファームアップでかなり快適になりました。

投稿: pepe | 2013.04.03 12:28

ネコスタさん、ありがとうございます。
C1がキヤノンと繋がりにくいですか??僕は切断後の再接続でC1の再起動が必要なので、それがイヤでC1とキヤノンの組み合わせでは使っていません。キヤノンはもっぱらEOSUtilityで繋いで、C1の自動読み込みで表示させています。
このやり方だと、繋ぐのはキヤノン純正なので、今のところノートラブルです。
D800の背面液晶が表示しない件は、何なのでしょうね〜???しかも、それについてだれも文句言わないって、、
ニコンの人は基本的に、ファインダーを覗いて写真を撮っているでしょうね。

投稿: tats | 2013.04.03 16:52

pepeさん、ありがとうございます。
お使いなのはPCマイクロ85mmですか?現在のPC-Eではなく。
僕も旧型のPCマイクロ85mmを使っています。このレンズはマニュアル絞りなので、おっしゃる通り、自分で開放にすれば明るくなりますね。
僕は他にも現在の型のPC-E45とPC-E24を使ってます。これらのレンズではプリセットで開放になりませんが?僕のやり方が悪いのでしょうか?
PC85mmはいいから、それで解決という問題では無いと思いますが。

投稿: tats | 2013.04.03 16:57

言葉が足りなかったですね、失礼いたしました。
上記のの通りPC-85mmの場合でした,現在のPC-Eでは
プリセットボタンを押すと設定のF値になりますね
もちろんPC-85mmがOKだからそれで良い訳ではないですね
ただとりあえず1歩前進したという事で,次のファームアップに
期待しましょう。

投稿: pepe | 2013.04.03 20:47

PCライブビュー時にD800の本体液晶が表示されない件、残念ではありますが、私はニコンがダメなメーカーとは思えなくて、それが普通だと思うようにしています。キヤノンはこの件で、エクセレントだと思います。

投稿: ハンダユウジ | 2013.04.04 20:16

ハンダさんはやさしいね!
僕は全然そんなことは思いませんね。
ニコンは向いている方向が違うんですよ。これはキヤノンも同じですが。この2大メーカーは報道分野の方しか向いていません。僕たちの分野はおまけ程度でしょう。僕にはそう感じますね。
ニコンは特に、商業写真の分野のユーザーが極端に少ないのでは無いかと思います。
もちろん、カメラとしては優秀です。ファインダーを覗くカメラとしてですが。
何が重要なのか?これはスタジオ撮影とかの現場を数多く見てこないと分からないことだと思います。たぶん、言葉では通じないんですよ。
問題は、そういう分野の意見を聞く気があるか?と、そちらへ適応させる意欲があるのか?で、僕にはとてもそうは思えないんですけどね。

投稿: tats | 2013.04.04 20:51

両社の向いている方向が違うという事に同意です。カメラメーカーの開発者が、スタジオ撮影の現場のニーズについてよく知らない、ということもきっとそうだろうと思います。カメラメーカーの社員はプロカメラマンではない、これに尽きます。

私がD800を買わない理由は経済的な理由でもありますが、購入後生ずるいろんな不満(テザー、ライブビュー、jpeg飛ばしワイヤレスでのユーザーのとまどい)の総量を想像すると、導入はムリと思います。また忘れられがちなのはD800を凌駕するEOSもいずれ出てくるであろうことです。

投稿: ハンダユウジ | 2013.04.05 00:07

どこまで使えるかわかりませんが
D800でカスタムメニューから
b露出測光
g動画のFnボタンの機能
g1 Fnボタン押し時の動作
パワー絞り(開放絞り側)
で設定して
動画のライブビューにした状態で
Fnボタンを長押しすると!
設定値例えばf11でも開放のf2.8で
ライブビューできます!
ライブビューをoffにしてシャッターを
切るとf11で切れます。
これはいいとおもって
CP17.1.1でライブビューすると
これも反映されます!
残念ながらMAC接続時は背面液晶が
消えてますのでMACのPC上でのピントチェックに
なってしまいますが
使えないよりはいいですよね
僕の環境での話ですのでどうか
わかりませんが
ちなみにファームウェアはあげてません

投稿: ネコスタ | 2013.04.05 11:18

ハンダさんありがとうございます。
もっと問題だと感じるのは、この問題を、当事者のニコンユーザの多くは問題視していないと思えるところなんです。Google検索で、「ニコン、ライブビュー」もしくは「ニコン、ライブビュー問題」で検索してみて下さい。このブログが上の方に来るくらいなんですよ。つまり、この問題をブログ等で指摘している人があまりいないと言うことではないでしょうか?
このニコンユーザーのある意味、Mac信者に通じる宗教性がそもそもの問題だと思います。

スタジオ撮影を知らないなら、スタジオで使っているユーザーにリサーチすれば良いんです。要は、その姿勢があるかどうか?です。
過去には、この両メーカーともうちのスタジオにいらしてます。でも、ニコンの方は一度きり。その熱意の差が現在の差になっているんじゃないでしょうか?
どこのメーカーとは言いませんが、誰の意見を聞けばこうなるんだ?って、ホント聞きたくなりますよ。
キヤノンから同レベルのカメラが出るかどうかに関してはノーコメント。でも、ハンダさんが望むようなものにはならないような気がしてます。

投稿: tats | 2013.04.05 21:47

ずいぶん遅いコメントですみません。
多かれ少なかれ絞り込む事によってピントの山は移動するようです。経験上、開放測距AF、MF関係無しに絞って(絞り羽を(絞り値)変更)撮影すれば厳密なピントは得られません。(70ー200VR2はピントの移動が皆無)
ニコンのライブビューは実絞り値を反映させピントの山を追い込めるので、そこが良くてニコンから他社一眼レフ(ペンタックス、ソニー)に乗り替えられないのです。
特にD800系はライブビューモード時にコマンドダイヤルにて絞り値を変更しても反映(絞り羽が連動)します。
スペックの不備ではなくニコンというメーカーはそこまで加味した設計と言うことだと思います。

投稿: こぱっく | 2015.01.15 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芝離宮でEF100mm F2.8Lマクロ IS USM | トップページ | CaptureOne徹底使いこなし術35「写真に著作権情報を入れる」 »