« 忙しい毎日、、、 | トップページ | Go to Angkor Wat »

2013.04.12

両刀遣い 茨の道

1ロケが早めに終わったので、事務所に戻ってきて、D800のテストをしました。

その前に、、、ニコンとキヤノンを両方使うのは、なかなかに面倒くさい。テザー撮影ではニコン純正は使わないとして、笑、、、先のスレッドでC1でのキヤノンのテザー撮影が改善されたという話を書きましたが、ここ数日の撮影で、妙なエラーが起きていて、実質、使えない状態です。

テザー撮影すると、通常に表示されるのですが、時々、トリミングされた状態で表示されてしまいます。これはパラメータが自動で掛かってしまったせいか?と疑ったのですが、パラメータの初期化をクリックしても元のノートリミングには戻りません。ただ、この画像ファイルを別のMacに持っていくと、ちゃんと表示されるという、おかしな現象。
表示がおかしいだけで、画像データが平常なら良いという使い方もありますが、クライアント立ち会いの撮影で、表示が切れてしまうのは現実的には使えません。
結局、キヤノン純正のアプリケーションで繋いで、自動読み込みでC1に表示するという今までのスタイルに戻りました。

で、ようやくニコンの話ですが、、、

ネコスタさんのアイデアによるやり方でのライブビューが、僕には理解できませんでした。スタンドアローンなら、おっしゃるようにパワー絞りを使って、絞りを開くことが可能です。でも、C1とテザー撮影した状態では、そうならないのです。これが僕だけの症状なのか?不明です。
動画の状態を使ったライブビューなので、35のフルサイズでは表示出来ないと言う点も気になりました。

なかなか難しいですね〜〜〜、ニコンもキヤノンも。いやキヤノンというか、C1のせいかも。。。

上の写真はニコンとキヤノンを繋ぎ直すと出てくるアラートです。つまりC1は再起動しないと、メーカーを変えることが出来ません。これもいかがなものか・・・

ニコンとキヤノンを両方使っていて、さらにテザー撮影しているカメラマンは、世界中でもほんの少数かもしれませんが、何とかして欲しい仕様ですね。
CF007323.jpg
IQ160
こんな感じに両刀遣いになりたい!笑

|

« 忙しい毎日、、、 | トップページ | Go to Angkor Wat »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 忙しい毎日、、、 | トップページ | Go to Angkor Wat »