« キヤノン6DとEF50mm F1.2L USMで砧公園へ | トップページ | D800の中古 »

2013.04.06

Adobe Revelが密かにバージョンアップ

Adobe Revelが密かにバージョンアップされますね。

と言ってもご存じない方がほとんどだと思いますが、、

プラットフォームに依存しないで写真を共有できるソリューションと言えば良いでしょうか。Adobeが手がけて早数年、、、僕は最初のバージョンからのユーザーでした。
でも、有料での会員登録が切れたのを機会に、辞めてしまいました。

面白い仕組みだったのですが、、、AppleではMac、iPhone、iPadで揃えていれば、これと同じ事はほぼ自動で可能なのです。Adobe Revelの優位点は有料会員になれば、容量無制限で写真をアップロードできるという点です。しかも、それを他人と共有も可能です。
うまく使えば、小規模のオフィスでは全員で写真を共有できる仕組みが作れます。それが月に500円という安さで。

Adobeとしては珍しく成功しなかったソリューションかな〜と感じてます。笛吹けど踊らず、みたいな。Appleユーザーにとっては目新しくなかったのが最大の原因かと思いますが。

そんなAdobe Revelがバージョンアップされてました。
1以前とはアイコンも変わってますね。

無料でも50枚はアップできるらしいので、使ってみますが、、、App Storeの評価を見ると、かなり厳しいものがありますね。

写真をクラウド上に上げるという仕組みは、なかなかお金になりにくいのが現状でしょうね。月500円すら払いたくないという人は多いです。
大手カメラメーカーもカメラを買うとその仕組みを入れ込んでることが多いのですが、使っている人は多くない印象ですね。

Appleはその点、ハードもソフトも1社でやっているメリットを最大限に活かして、今のところ、最も簡単に、そして表向き無料で提供できているのは、さすがとしか言いようがありません。

それに対抗できそうなのはGoogle陣営だけかな。

_MG_6324.jpg

|

« キヤノン6DとEF50mm F1.2L USMで砧公園へ | トップページ | D800の中古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キヤノン6DとEF50mm F1.2L USMで砧公園へ | トップページ | D800の中古 »