« 会社のWEBサイトを変更 | トップページ | アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密 »

2013.03.11

SSDをMacProに入れなかった理由。

さてそろそろSSDに付いてのまとめを書かないと、、、

まず、うちの手持ちのMacのスペックを書いておきます。

MacPro(2010mid)8Core 2.4GHz メモリー20GB
MacBookPro(2012mid)2.6GHz Core i7 メモリー16GB SSD 512GB
Macmini(2012mid)2.3GHz Core i7 メモリー16GB SSD 512GB

当初の目的は、ノートのMacBookProをメイン機に置き換えようというもくろみでした。

そのためにスタジオ撮影用にMacminiを買い、極力パワーアップさせて、MacBookProと置き換え、ドミノ移植するという方法を考えました。

せっかく買ったSSDなので、MacProに入れてテストしてみることにしました。

その結果。速度比較はすべてCaptureOne7のRAW現像です。
RAW キヤノン1Dsmk2 100コマとPhase One P45+ 10コマ それをTIFFファイルへバッチ現像。

MacPro
MacOS 10.7HDD起動
キヤノン1Dsmk2 3:56:00(3分56秒という意味)
P45+      0:49:00

MacOS 10.8 SSD起動
キヤノン1Dsmk2 3:06:06
P45+      0:31:02

MacBookPro
MacOS 10.8 SSD起動
キヤノン1Dsmk2 4:47:00
P45+      0:47:00


予想通り、SSDの方が速くなります。でも、その差って??
SSDは読み込み、書き込みは速いです。それと、PC自体の起動、アプリの起動も。ほとんどの動作は速く感じます。ただ、現像処理自体がどれだけ速くなるのか?僕は以前から疑問でした。だって、処理自体はCPUに依存するはずだから。

この結果を見て「いや、十分速いでしょ!」と言う人も居ると思います。

でも、僕にはこの程度の差はそれほど魅力ではないのです。

理由は、、、
1:SSDはHDDに比べて容量が少ない。画像ファイルを処理するとなると、すべてをSSDに入れられないので、処理の前、後に、なんらかのコピー作業が必要になる。ならば、大容量のHDDを起動ディスクにしておいた方が、トータルの時間はそれほど違わないのでは無いか?もちろん、圧倒的にSSDが速いのならいいが。
2:SSDは未だにその耐久性は未知数。仕事のメイン機にはどうなのか?他に先駆けて入れ替える必要は無いのでは?

僕はこの2点でHDDのまま、MacProを使う判断をいたしました。

ノートの一番速いモデルとの比較でも2010年のMacProには及びません。Photoshopでの比較だと、MacBookProのほうが速かったのですが、、、僕の仕事ではPhotoshopでバッチ処理はほとんどやらないので、速くても意味が無いのです。

Macminiでの結果はまた後で書きます。

|

« 会社のWEBサイトを変更 | トップページ | アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密 »

コメント

なるほど、事前に「SSDに転送して処理する」という考え方があるのですね。私は128GBの起動ディスクの本体に、たくさんのディスクを本体の外にぶら下げて直接データを使っています。高速接続です。(e-SATA,USB3.0) これって、私なにかロスしているのでしょうか?

SSDを使うとMBPを抜いてMacProが最速になったというのが驚きました。やっぱりそうか!という感じでもあります。CPUの強化と同じく、OSのドライブの強化は効きますね。

Mac Benchmarksから大雑把に類推
http://browser.primatelabs.com/mac-benchmarks

Mac Pro (Mid 2010)Intel Xeon E5620 2400 MHz (8 cores) スコア<12544>

MacBook Pro (15-inch Mid 2012) Intel Core i7-3720QM 2600 MHz (4 cores)スコア<11784>

Mac mini (Late 2012) Intel Core i7-3720QM 2600 MHz (4 cores) スコア<11680>

これは驚くほどの微差と思いますが、やっぱりCPUのパワーとしてはMacProが最強で、ゆえに最速が出たんでしょうね。

投稿: ハンダユウジ | 2013.03.11 19:09

ハンダさん、速いね! 仕事して下さい! 笑
自分で読み返してみて、たぶん、その点を突っ込まれるなと思っていました。別に起動ディスクに事前に読み込ませるという話ではないのです。僕も、外部HDDにデータは置いてますし。
画像だけの話ではなく、そのPC全体の使い方というか、、、しょせん500GBなので、たとえばテンポラリにデスクトップに何かを置いておくとか、音楽データがユーザーフォルダにあるとか、ムービーファイルがユーザーフォルダに入れっぱなしとか、そんな低レベルの話なんです。気楽に置いておけるのって、やっぱりユーザーフォルダなんですよ。>Macだけかもしれませんが。
そんなことで、500GB程度はつねに気にしていないと、一杯になってしまう容量ではないか?という話なんです。

この速度ですが、あくまでもC1での話で。他のアプリだと違うと思います。
LRでも測ってみましたが、SSDのほうがけっこう速かったです。

書き方が難しいですね。違う解釈をされそうで。

ま、とにかく、SSDにしたからと言って、時間は半分にはならないと言うことです。重ねて言いますが、起動の時間ではなく、処理です。
たぶん、世の中のSSDが速い!って喧伝している人は、起動(PC,アプリの両面)の速さが頭にあるからだと思うのです。

投稿: tats | 2013.03.11 19:28

仕事は大丈夫です。(笑)そしてすみません、先んじて誤解をしまして。それはともかく、私はOSドライブをSSDにしてから、iTunesをそのマシンに入れなくなりました。

PCはいくつかあるので、音楽同期するiTunesなんて休眠マシンでいいでしょう。128GB程度の極小ドライブは、Photoshopにたくさん画像開くだけでアウト、そんな状況です!(笑)

投稿: ハンダユウジ | 2013.03.11 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会社のWEBサイトを変更 | トップページ | アーウィン・ブルーメンフェルド 美の秘密 »