« ワイヤレスセンサーの飽和 | トップページ | 月島でIQ2 »

2013.03.05

Phase One IQ2 シリーズデジタルバック

Phase Oneから新しいIQ2 シリーズデジタルバックが発売になるようです。

まだこのシリーズがこれで完結と言うことでないので何とも言えないのですが、、、4433のセンサーサイズのデジタルバックは販売終了と言うことになるのでしょうか?

モノクロモデルはさておき、実際の選択肢では8000万画素と6000万画素の二者択一と言うことになる。なかなか厳しいですね。もちろん買えれば良いのですが。たぶん500万円前後になるのでしょうし。

ニコンD800の影響が大きく、バックタイプの存在価値はどんどん高画素の道に追いやられていく感じです。もちろんバックタイプでも2000万画素のバックで十分きれいな画像が撮れるのですが、商品価値として、35タイプと同等、もしくはそれ以下の画素数では戦っていくことは出来なくなるでしょう。非常にナローな道になっていく予感がします。

アンコールワット旅行にはIQ160を持っていきましたが、ホント高画質です。良いカメラだと思いました。フィルム時代のようにこの中判のジャンルのカメラが、普通のアマチュア層にも普及していけば、今までとは違った写真の楽しみ方が出てくると思うのですが。やっぱりネックは価格ですよね。

たぶんですが、新型が出ることで旧型製品は多少安くなるでしょう。35タイプの一眼デジタルカメラとちがって、製品寿命が恐ろしく長いのがデジタルバックです。未だにHシリーズを使っているプロもいます。Pシリーズはバリバリの現役ですし。

買い換えが順当に進むのかどうか?キャンペーン次第かな?でも、円安の影響もあって、値上がりしそうな感じもするし、、、IQ160が欲しいな〜〜
yokohama 130211_2
キヤノン6D

|

« ワイヤレスセンサーの飽和 | トップページ | 月島でIQ2 »

コメント

僕は自分が使っているEOS5D2の画質にある意味惚れ込んでいて、ある意味完全に飽きていますww。スタジオの中はいいけど、外で撮ると面白く無い。感性が刺激されない。20D,30D,7D,5D2は面白く無くて、初代5Dは比較的面白かった。ニコンの800Eの解像感にさほど感動しているわけでもない。僕の場合、印刷解像度に感動するタイプでなく、光の感じとか、大切みたい。(うまく言えない)

今回の湯浅さんのコラムを読んで、そうそう、きっと僕は2000万画素の中判デジタルでも、もしかして写真の面白さに再開眼するのではないか、そういうことを言っているのではないかと感じましたよ。

投稿: ハンダユウジ | 2013.03.06 02:07

ハンダさん、ありがとうございます。
なにに自分の心がはまるか?人それぞれですからね。僕は5D系はまったく興味なくて、、、シャッターの音が嫌いなのと、みんなが使っているから。笑
たぶんですが、ほとんどのプロカメラマンと言われている人たちは5D2で十分、仕事に足りていると思います。それ以上は、ある意味、趣味。こだわりと言えばカッコイイですが。
ただ、そのこだわりを捨てたら終わりだろ?って言う人も居ます。
僕たちは写真が仕事で、そして趣味でもあります。
これは他の商売に比べて、すごく幸運な事だと思っています。

お金があるのなら、使ってみたいカメラを使ってみる。そして、そこから見えてくる世界を体験してみるのは、決して無駄にはなりません。でも幸せにはならないのかもしれませんが。
よく、D800にしたら、とか、デジタルバックがあったら、とか、口にする人が居ますけど、僕はその両方を使っているけど、幸せにはなってないですよね。笑
結局、望むような夢のカメラはこの世にはないのです。いろいろなカメラを買ったこの1,2年の結論はそんな感じです。

投稿: tats | 2013.03.06 12:27

そもそも、刺激がないとこんな商売はじめていない
と思っています。コスパや経営ばかりを
考え尽くして、感性まで落としてきたのでは、と
恐ろしくなったりもします。

良い意味で高級なカメラを買って、
気持ちも感性もアガるのが、この職業の性分だと信じています。

...まあ、かなりムリして買いましたが(涙)

投稿: WongTang | 2013.03.06 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワイヤレスセンサーの飽和 | トップページ | 月島でIQ2 »