« 四十九日 EOS6DのGPS | トップページ | 横浜みなとみらい散歩 EOS6DとEOS Remote »

2013.02.13

横浜みなとみらい散歩 2013/02/11

連休最終日はみなとみらいに行ってきました。

目的は横浜美術館でやっているロバート・キャパとゲルダ・タロー 二人の写真家展を見るためです。

ちょっと前にやっていたCP+に行ったついでに見るというのが、一般的なスタイルだと思いますが、僕はあまり混んでいる会場が好きじゃないので。出来れば平日に落ち着いてみられれば、それが一番良いと思っています。写真のショーと一緒の日では、ゲキ混みなのは分かりきっていることですから。

それでも、かなりの人手でした。連休ですからね。。。展示作品もバイテンくらいの小型サイズのプリントが多く、どうしても、近寄ってみる人が居ると、全体のスピードが落ちます。それにしても、いい年した男性って、どうしてこうも他人のことを顧みられないのか?本当に愕然としますね。老眼鏡を外して、自分だけプリント面から10センチくらいのところまで顔を寄せて見られたら、他の多くの観覧者は、その作品を見ることが出来なくなります。それも列に割り込んでみるという、、、もう、ホント、気分悪い。
そこへ行くと、絵画の展示などは、見たい人は小型の双眼鏡を持参するなど、それなりのマナーを持っている人が多いと感じるのですが。写真ファンはまだまだそこまでの感性を持ってないのが、非常に残念です。
_MG_4296-2.jpg
写真展自体は見応えがあります。全部を見るにはそれなりの時間が掛かるので、やっぱりCP+と一緒に見るのと言うのは不可能なのではないかと思うくらい。

先日のNHKの沢木耕太郎さんの番組も良かったけど、あれを見てからこの会場へ行くというのが、もっとも楽しめる見方ではないかと思います。

|

« 四十九日 EOS6DのGPS | トップページ | 横浜みなとみらい散歩 EOS6DとEOS Remote »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四十九日 EOS6DのGPS | トップページ | 横浜みなとみらい散歩 EOS6DとEOS Remote »