« カンボジア アンコールワットの朝焼け | トップページ | Phase One IQ160でアンコールワット »

2013.01.16

SIGMA DP2 Merrillの画像管理

SIGMA DP2 Merrillの画像管理に滅入る、、、

なんていうダジャレを言っている場合ではないのですが。笑

とにかく参ってます。SIGMA DP2 Merrill(1も2も含みます。ここでは面倒なので2にしておきます。)
では純正の現像アプリしか使えません。一部にはAdobeが対応するという噂もありましたが、、、どうなんでしょうね。。。期待薄としか思えませんが。

そんなことで、僕の場合、プライベートの写真は全てAdobeLightroomで一元管理しています。だからSIGMA DP2 Merrillで撮った画像はすべてそこから外れます。

専用のフォルダをRAIDの中に作って、撮影後は全てそこに入れてます。フォルダは更に撮影日付ごとに分けます。すべてRAWデータ撮影ですから、そのフォルダからシグマフォトプロ(SPP)で「JPEGを抽出する」でJPEG見本を作ります。
130115_0001
作成するフォルダは決めておき、そのフォルダをLightroomの自動読み込みフォルダに設定。Lightroomを起動すれば、自動的にLightroomがJPEG見本をカタログに読み込みます。

あとはLightroomでセレクト、使用カットを決めて、そのカットのファイル番号と、撮影日を覚えておき、SPPで目的のフォルダ、画像を開きます。そこから自分の好みに現像。

現像後、書き出しは再び決めてあるフォルダに書き出します。Lightroomを起動すれば自動的に読み込み、、、あとはそこからレタッチするなり、修正するなり、Flickrに書き出すなり自由自在。

面倒な方法ですが、今のところではこれが一番僕には良いと思えます。

SPPではとにかくピントの確認すら時間が掛かりすぎます。まずそのセレクト作業を簡単にしないと。その部分はJPEG抽出でピントの確認は可能です。のちのち写真のセレクトは幾度もあります。作品としてまとめたり、ウェブ用にしたり、プリントしたり、、、

だから、それが一番得意なアプリケーションに任せた方が良い。それはLightroomなのです。

一つ前のアンコールワットの写真はそうやって公開しました。

慣れれば簡単。

Adobeには期待していますが、SPP独自の現像も捨てがたい。難ありでも良いから、LightroomがシグマのRAWを読み込んでくれれば、後はそこから外部アプリケーションの指定で、SPPを動かすことは可能です。完全な対応しなくて良いから、Adobeになんとか読み込めるように、切にお願い申し上げます。

|

« カンボジア アンコールワットの朝焼け | トップページ | Phase One IQ160でアンコールワット »

コメント

良い方法ですね!!

投稿: ハンダユウジ | 2013.01.16 05:06

ハンダさん、ありがとうございました。
Lightroomの自動読み込みを使うやり方はShuffleでも紹介していますからね。僕はLRを使っているのは、ほとんど自動読み込み機能だけです。普通の読み込みはそれほど多くないんです。
根っから面倒くさがりなので。

投稿: tats | 2013.01.19 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カンボジア アンコールワットの朝焼け | トップページ | Phase One IQ160でアンコールワット »