« Phase One IQ160でアンコールワット | トップページ | アンコールワットでのラストシュート »

2013.01.19

円安へ

そろそろCaptureOne7の解説を書くか〜と思って、家のMacBookAirでC1を起動しようとしたら、試用期間切れ!
そうなんです。7に関してはまだ1ライセンスしかアップグレードしていなくて、事務所の2台のMacでそれを使っています。軽いロケ用のMacBookAirではまだ6なので、7は試用中でした。
その試用期間切れに気がついたのは、なんとカンボジアで。毎日撮影していたデータをAirに取り込んでいるときに起動したら使えない事に気がつきました。せっかくカタログを使おうと思っていたのに。。。

で、2ライセンス目を買おうと思って調べると、年明けの円安。ユーロは現在120円です。本国でのアップグレードは69ユーロで、7が出た当時はネットで本国でのアップグレードをした方が安かった。僕の記憶では7000円ちょっとくらいでした。クレジットカードの請求なので、若干の時間差はありますが。

で、今は1ユーロ120円と言うことで、本国でのアップグレードは8300円くらいか?
C1 アップグレード

国内でのプロショップでのアップグレードは8400円です。

もう、円高のメリットはほとんど無いに等しい。
すでに試用期間を終了という人も出てきているはずですから、そろそろ購入を決める時期でしょう。あの時に買っておけば良かった、、、と思っても、すでに時遅し。
僕もそうですが、、、、笑
近年、円高が続いていたので、僕たちはそれに慣れてしまいました。いろいろな輸入品が安く手に入ってました。カメラマンだとB&Hで個人輸入は当たり前でした。でも、もうそれもそろそろ終わりかもしれないですね。
今後は日本での輸入品の売価が上がるかどうか?ですね。

|

« Phase One IQ160でアンコールワット | トップページ | アンコールワットでのラストシュート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Phase One IQ160でアンコールワット | トップページ | アンコールワットでのラストシュート »