« モノクロプリント | トップページ | Phase One IQ140でシダ植物 »

2013.01.24

MacBookPro 2012 速い!

ちょっと別件でPhotoshopのイメージプロセッサを使った処理速度を比較しました。

タスク:
イメージプロセッサにて49個のRAWファイルから100%のTIFFファイルと1200*1200に縮小したJPEGファイルを書き出す。

MacPro 2010 2.4Ghz 8Core
CS6 2分17秒

MacBookPro 2012 2.6GHzクアッドコアIntel Core i7 SSD512GB
CS6 1分40秒

まあ、MacBookProの圧勝ですわ。僕のMacProも現行ではないにせよ、BTOの8Coreのモデルですからね〜。メインHDDがSSDではないという点もあるかもしれないけど。

このブログでもスタジオ用のPCをMacProからMacBookProに変更したという話は書きましたが、その後、なんのトラブルもなく、スタジオで稼働中です。

不満はほとんど無いのですが、、、ただ、外部ポートの数が少ないのが使いにくい。それと、強制終了する時、パワーボタン長押しが、フタを開かないと出来ない点。

現在、二つあるUSB端子にはUSB3.0のハブとUSB2.0のハブ、2個を繋いでます。USBに対してはそれで良いのですが、thunderboltが一つなのがつらい。thunderboltの外付けHDDを候補に考えても、たいていの外付けHDDは端子が一つなので、それで終わってしまいます。
僕の場合、MBPはクラムシェルモード(ノートを閉じて使うこと)で外部モニターを使っているので、thunderboltはそのモニターに行くしか有りません。中間にthunderboltのハブをかまして、eSATAのHDDを繋いでますが。。。そうでもしないと外部HDDをどうするか?これが最も悩みの種でしょう。

端子はMacProでも同じだろう、という人も居ます。が、MacProとの違いは速い転送速度の端子を持っている点。MacProはUSB3.0もthunderboltも有りません。だから、悩む必要なし。今となっては遅いFW800で我慢するしかないのです。

MacProは決して悪い機種ではないんですけどね〜〜。せめてthunderboltとUSB3.0が備わっていたら、、
写真屋はMacProではなく、MacminiかMBPを使えって事ですかね〜〜

|

« モノクロプリント | トップページ | Phase One IQ140でシダ植物 »

コメント

マックプロが2.8秒/枚、ブックが2秒/枚。マックプロをSSD化さえすれば良い勝負になるのではと予想します。

私のWinPC(Core i7 2700K Qコア3.5GHz)がSSDでLR現像が2秒/枚です。

投稿: ハンダユウジ | 2013.01.26 09:32

ハンダさん、ありがとうございます。
たぶん、お教えの通りにすれば、そこそこになると思います。でも、多くのフォトグラファーが期待しているのは、ノートよりも速いものです。ノートと同じ程度なら、あんなに大きくて高いものはいらない。デスクトップって、圧倒的なパフォーマンスじゃないですか?求めるものって。

投稿: tats | 2013.01.26 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モノクロプリント | トップページ | Phase One IQ140でシダ植物 »