« Profoto Air Remote 修理 | トップページ | タダは人間を変えてしまう »

2012.12.10

黄斑変性 回復へ

Img_0017僕の眼の病気である黄斑変性ですが、先週、数ヶ月ぶりに慶応大学病院に検査で行きました。

経過が良いので、数ヶ月に一度、検査に来て下さいと言うことだったので、行ったのは夏以来でしょうか。

検査は瞳孔を開いて、網膜の断層写真を撮ります。その後、担当の医師が直接目視で網膜を見て、判断というのが、いつもの流れです。

医師から、「どうですか?調子は?」といつものように尋ねられ、いつものように「だいぶ良いみたいです」と僕は答えます。

この日はその後、「では、良いようなので、以前行っていた眼科に行って下さい」と。

つまり、もう慶応大学病院には行かなくても良くなりました。今後は経過を確認するために、新橋の眼科に行きます。
先生は、「直る人もまれに居ます。あなたはそのまれなケースでしょうね。」と、、、

とにかく良かった。

ただ、完全に直っていません。今でも毎朝、眼のチェックをしていますが、かすかに変性の跡が残っています。でも、注意深く白い壁で見ない限りは、自分でもほとんど分からないくらいになっています。

毎日サプリメントは飲んでいます。でも、運動もしているし、もちろん、仕事もしています。パソコン作業も相変わらず長時間になっています。

今回はたまたまラッキーだったと言うことでしょう。
神が与えてくれた、「いい気になるなよ」という警告だったのかも。。。

もう来年になれば52歳になります。最近では57歳で亡くなった人がニュースになりました。そんなニュースを聞く度に、自分の残り時間を考えます。

残された時間で、何をすべきなのか?何をしないべきなのか?

考えても結論は出ないのですが、、、

|

« Profoto Air Remote 修理 | トップページ | タダは人間を変えてしまう »

コメント

おめでとうございます!
...と言ってしまってよいのか..
でも回復というハナシは聞いたことがないので、
私にとっては、奇跡?に思えます。なので、
よかったですねと言わせてください。

これからは、後継者育成でしょうか。
人が人に残せる唯一のもの、それは教育である、
と偉人の言葉。

投稿: WongTang | 2012.12.12 08:27

WongTangさん、コメントありがとうございます。
返事が遅くなりましてすみません。
おかげさまで、目の調子はかなり元通りになりつつあります。まだ、注意してみると、病症の影がうっすらと見えるときもありますが。
後継者はどうなんでしょうね。僕はそういうのに向いていないから。
ただ、やる気のあるものなら、自分で道を開いていく。それがこの業界で生きていく人間の条件ですよね。だから、なにか僕に教えて欲しいことがあるのなら、いろいろなやり方で僕に聞けば良いし。それを僕は否定はしません。

投稿: tats | 2013.01.19 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Profoto Air Remote 修理 | トップページ | タダは人間を変えてしまう »