« flower20121002 | トップページ | CameraTestにキヤノンTS-E24mmなどを公開 »

2012.10.02

MacBookPro(mid2012)での画像読み込み

Appleから今年の初夏に発売されたMacBookProをスタジオ用として使っています。

それまでのスタジオ用のPCはMacProでした。2010年のモデルだったので、それほど遅いと言うこともなかったのですが、ニコンのD800がUSB3.0だったと言うこと、それと、かねてからスタジオ用の取り込みPCとロケ用の取り込みノートPCの2台を持っているのが、無駄ではないか?と思っていて、それをAppleのMacBookProが新しくなったタイミングで、スタジオ用MacProとロケ用MacBookProを処分して、新しいMacBookProにリプレースしました。

それまではMacProにUSB3.0カードを入れてD800に繋いで使おうと思っていたのですが、やはり後付けのカードのせいか、あまりに不安定。D800と繋いだ瞬間にMacが落ちてしまうなど、とてもじゃないけど撮影の仕事には使えるものではありませんでした。

やっぱり純正のUSB3.0でないと仕事で使えないだろうと言うことも、買い換えた理由の中では大きかったです。
で、新しいMBPは快適。やっぱりUSB3.0が純正なのはありがたいです。D800と繋いだときの早さはもう最高です。

で、その他にも良い点があって。。。

Img_2528
MBP本体の横にもSDカードスロットがあります。

これでカメラからカードリーダー無しでコピーできるのはすごい便利。

winの人から見れば「はぁ?今頃何いってんの??」みたいなことなんですが。。

Img_2527
で更に、USB3.0のカードリーダーを繋いでますので、そこからもコピー。

やっぱり3.0は速いです。
Img_2526この画像はロケから帰ってきたときの画像コピーの時です。
画像コピーが2つ、走っていますよね。
つまり、MBP横のスロットと、USB3.0のカードリーダーと2つ同時にコピーが出来ます。

D800のようにSDカードとCFカードのダブルスロットを採用しているカメラでは、撮影後、この両方のカードからコピーしないとなりません。

その時に、同時にコピーが走らせるのは、カメラマンならかなり便利だと思っていただけると思います。

|

« flower20121002 | トップページ | CameraTestにキヤノンTS-E24mmなどを公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« flower20121002 | トップページ | CameraTestにキヤノンTS-E24mmなどを公開 »