« バックタイプ比較Testについて | トップページ | Lightroom 実践力アップ講座「第27回 ソフト校正 その2」 »

2012.10.13

キヤノンEOSUtility MountainLion(10.8)対応

Facebookの方でKさんからEOSUtilityの10.8対応アプリケーションが公開されているという情報を頂きました。
早速、Testしてみました。

まず、公開先はいつものようにUSCanonのサイトです。
Drivers & Software

ダウンロードされるのはEOSUtilityバージョン2.12.0です。


121013_0001
スタジオ撮影専用のMacBookPro以外の手持ちのMacにインストールしててストしてみました。

MacBookAirの10.8.2で問題なし。

MacPro10.7.5と10.8.2でも問題ありませんでした。

121013_0002
これでこの問題も解決かなと思ったところ、、、、

ふとC1でのテザー撮影をTestしてみました。


121013_0003

C1のバージョンは6.4.4ですが、MacOS10.8でキヤノンのテザー撮影は未対応です。

で、それはそれで置いておいて、、、

10.7.5の環境でもC1からキヤノンのテザー撮影が出来なくなってしまいました。これはこのEOSUtilityをインストール後なので、このアップデートとテザー撮影に深い関係があるのではないか?と推測しています。

ただ、個人では、これ以上深く追求するのは困難です。僕はカメラマンなので、仕事で使うMacでのTestはしたくありません。こんな事で仕事に支障を出したくないから。

個人で出来るTestはここまで。
あとはここをお読みの方が個人個人の環境で、支障の出ない範囲での試用をお願いいたします。そして、出来ればフィードバックをお願いいたします。

昔から言ってますが、テザー撮影をしているフォトグラファーは、全体から見ればほんの少数です。少ない情報を共有していかないと、メリットだけは受け取れません。

また、CanonなどのメーカーもTestして出荷していると思いますが、なにせ、膨大なバージョンと、Camera、そしてOSの予告なきマイナーバージョンアップと、検証が追いつかない状況だと思います。

現にこのEOSUtility新バージョンは国内では公開されていません。USCanonでの公開は通例として日本よりも数週間早く公開してしまってます。(過去の例から)

日本では、検証を出来るだけ完全にしてからの公開を目指しているのではないかと推測しています。この新しいEOSUtilityのファイル作成情報を見ると2012年の8月でした。2ヶ月近く経っても検証が終わらないと考えるべきではないでしょうか?

CaptureOneでテザー撮影をしているフォトグラファーは、くれぐれも今回のアップデートには気をつけて下さい。

|

« バックタイプ比較Testについて | トップページ | Lightroom 実践力アップ講座「第27回 ソフト校正 その2」 »

コメント

10.8.2 MacBook Pro Retinaにおいてですが、
EUはインスコ可能、動作もOKでした。

が、C1はエラーを出しました。エラーをきっても、
動作が渋くなります。
ということで、EUで転送、C1で閲覧は、無理なようです。

同じことを考えていましたが、残念な結果でした。
なのでWindowsで転送しています。
そうするとCapturePilotでリモートが可能になります。

投稿: WongTang | 2012.10.13 20:00

WongTang さん、ありがとうございました。
10.8対応が難しいのか、キヤノンの方針変更なのか?
どちらにしてもカメラマンには使いにくいですね。
このあたりのことの解決策は次回のCapture One 徹底使いこなし術で書きました。もうすぐ公開の予定ですので、参考になれば良いですが。

投稿: tats | 2012.10.16 19:32

MountainLionでの
EOS Utilityで転送かつC1で画像チェックは、
環境設定の「連結サポート」から
キャノンのチェックを外すといけると思いますよ。

投稿: とおりすがり | 2012.10.17 02:07

とおりすがりさん、ありがとうございます。
おっしゃるとおりです。文中にそう書かなかったのは、ちょっと事情がありまして、、、
次のC1解説がその内容なので、あえて書きませんでした。申し訳ありません。

投稿: tats | 2012.10.17 23:41

とおりすがりさん、ありがとうございます。
転送可能は理解していたのですが、操作が可能
(リモート操作)かを
お伝えしたかったのでした。すいませんでした。
これはずっと出来ないような気がするのですが、
もしかしてニコンだと出来たりもするものなのでしょうか...

投稿: POLICE | 2012.10.25 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バックタイプ比較Testについて | トップページ | Lightroom 実践力アップ講座「第27回 ソフト校正 その2」 »