« いきなり出ましたね! Capture One Pro 7 | トップページ | Capture One 徹底使いこなし術 第30回 「ニコンとキヤノンをC1でテザー撮影する」 »

2012.10.26

CaptureOne7、購入!

昨晩、CaptureOneがバージョンアップ。その数時間前からPhase Oneのサイトでは事前告知が出ていたので、何かあると思ってましたが、まさかこんなに早くバージョンアップされるとは思ってもみませんでした。
実を言うと、C1の解説はすでに2週間ほど前に書き終わっています。公開はされていませんが、、、公開まで異例の時間が掛かっているので、何か忙しいのかな、と思ってました。バージョンアップでその解説も、果たして内容的にどうなのか??ちょっと疑問が残りますが、すでに書いているし、知っていても損のないことなので、そのまま公開して欲しいですね。

さて、7ですが、ダウンロードに異様な時間が掛かります。僕の場合、公開後、早い段階でダウンロードしたので、多少は良かったですが、それでも90分かかりました。

早速、今日から使っていますが、ぱっと見た感じは6とそれほど変わった感じはしません。インターフェースが同じですからね。
121026_0001最大の変更点は処理エンジンが変わったこと。

これはLightroomなどもそうでしたが、内部的な処理が代わり、結果的に出来上がる色なども変わってきます。以前の方が良いという人は、ここで7にしてしまうと、元に戻せません。

これがどういう仕組みになっているのか、まだ分かりませんが、オリジナルRAWデータをコピーして、別ファイルとして、再度、C1に読み込ませても、バージョン7のエンジンになってしまうようです。つまり、元に戻せません。
C1ブログの方にはバリアントを作って、エンジンを切り換えても、元の6の処理のものを残す方法を推奨しています。

今のところ、このやり方がベストかと思われます。

肝心の処理エンジンの違いですが、、、これはご自身のデータで比較してみて下さい。恐ろしく違います。でも、あまりにシャープになりすぎな気がします。モデルの顔など、産毛がこれまで以上に目立つようになります。

さて、C1ですが、起動する度に、アクティベーションを求められるので、面倒くさいから、本国のサイトから購入してしまいました。

ただ、6へのバージョンアップの時もあったのですが、本国サイトからの購入では、国内サポートは受けられません。(推測です。まだ日本代理店からの発表は何もありませんから。)
円高の昨今なので、ユーロ建てで買えるのはメリットあるのですが、その点をよ〜く考えて購入しましょう。
購入は簡単。クレジットカードの番号を入れれば決済できます。その場でアクティベーションキーを表示するので、それをC1に入れれば、もう正規品として使えます。

僕はC1の解説も書かなくてはならないので、そうしましたが、普通の人は60日間の試用期間があるので、待っていた方が良いと思います。
アップグレードが予想よりも少なかったら、何らかの販促があるかもしれません。たとえばキャンペーンなど。僕は知りませんけど。笑

|

« いきなり出ましたね! Capture One Pro 7 | トップページ | Capture One 徹底使いこなし術 第30回 「ニコンとキヤノンをC1でテザー撮影する」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いきなり出ましたね! Capture One Pro 7 | トップページ | Capture One 徹底使いこなし術 第30回 「ニコンとキヤノンをC1でテザー撮影する」 »