« コスモス | トップページ | SIGMA DP2 Merrillでのスタジオ撮影テスト »

2012.09.08

黄斑変性になってから

黄斑変性?

最近だとこの病気になっている人も増えているようで、、、一時、TVCFもあったので名前を聞いたことがある人も多いかと思います。
もう2年半前になりますが、僕がこの病気だと知った時代は、まだまだそれほど一般的な病名ではありませんでした。
ただ、便利な時代で、ネットでいくらでも検索できるんですね。検索して、僕もそれなりの知識を得られました。
僕にとって一番大事なもの。職業はカメラマンですから、なんと言っても眼なのです。
若い時は「二つあるんだから、たとえ片眼になったって写真は続けていけるさ!」位にしか考えていませんでした。いざ、片眼がダメかもしれない、となった時、そんな気楽な考えはどこかに行ってしまいました。
特に、この病気は片眼に発症すると、かなりの確率で、もう片方の眼にも発症すると言われています。
つまり、失明です。

しかも、やっかいなことに、治療法はありません。

慶応大学病院に今でも数ヶ月おきに通院していますが、未だになんの治療も投薬もされていません。毎回、眼の断層写真を撮って、「ありますね〜。で、どうですか?」って言う感じ。

このブログを辞めようと思ったのは、とにかく、出来ることを何でもしようと思ったからです。

病院でもこの調子だから、少しでも良いと思えることをやってみようと思いました。

まずは目を酷使しない。
と言っても、職業はプロカメラマンなわけで、、、眼を使わないというのは無理です。カメラマンを辞めれば良いのでしょうけど、それでは生きていけなくなる。
カメラマンをやりながら、しかも、出来るだけ眼の負担を少なく、、、と言うことで、パソコンの時間を可能な限り少なくするように、仕事以外でパソコンを見ると言うことは出来るだけ辞めようと思いました。

ブログはほぼ毎日、いろいろなことを書いていたので、結構な時間になります。しかも、仕事でもないし、お金にもならないし。
と言うことで、辞める決断をしました。

解説の文章を書く仕事もあるので、そちらは簡単に辞めるわけには行かないから、、、

ちょうどその時期に、いろいろな方面から、解説の文章を書く仕事をいただいていました。出来るだけ断りたいと思っていたのですが、、、もしかしたら、そんな事が出来るのも、目が見えている間だけかもしれない。なにせ、両目への発症率が高いのですから。もう、片足が棺桶に入っているようなものなのです。

そんな思いもあって、やれるものはやっていく、辞められるものは辞める。出来ることをやっていくことに、すべてを変更しました。

|

« コスモス | トップページ | SIGMA DP2 Merrillでのスタジオ撮影テスト »

コメント

はじめまして。
僕もカメラマンをやっていますが、目を酷使してるという感覚が無くてブログを読んでハッとしました。
今の生活も当たり前じゃなくて、目や体の健康があって初めて成り立っているんですね。
目の負担に気を付けながら仕事がんばってください!

Capture One Proの使いこなし記事でいつも勉強してます。テザー撮影の記事も参考になりました。
ニコンD700をレティナでテザーしてるんですが、プレビュー表示がぼけて困ってます。。ネットで調べても出てこないし困り果ててます。。

投稿: イシダ | 2012.09.08 15:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス | トップページ | SIGMA DP2 Merrillでのスタジオ撮影テスト »