« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012.09.30

SIGMA Photo Pro

SIGMA Photo Proの画面です。201209301209300001MerrillのRAW現像をするにはこの純正アプリであるSIGMA Photo Proを使わないわけには行きません。

Adobeが対応してくれるのではないか?と期待している人も多いようですが、、、

僕はないのではないか?と予測しています。

現状、Adobeが対応しているのはDP2sまでのRAWデータ。つまり、DP2x、DP1xの世代のシグマにも対応していないのです。
「でも、見られるし、現像も出来るよ」と言う人も居ます。
でも、これは偶然、開いているだけでしょう。Adobeは決して正式に対応しているとは言っていません。

つまり、Adobeの対応はsの時代で止まっていることになります。
この先、Adobeがシグマのカメラに対応してくれると考えるのは、あまりに甘いと思っています。
先日のフォトキナでの山木社長のインタビューの中でもMerrillは日本では好評だが、それ以外の地域ではまだまだだ、という部分があります。
Adobeは言うまでもなく、ワールドワイドのビジネスをしているわけで、日本だけを見ているわけではありません。局所的に人気のあるMerrillに、本気で対応してくれるのか?
望みは薄いのではないでしょうか。

さて、SIGMA Photo Proですが、、、これがまた使いにくい。

その話をオイオイ書きますけど。

スピードが遅いのがなんと言ってもつらい。特に今家で使っているようなMacBookAir(2011)でも遅く感じます。これでも去年のもデルですからね。さすがに事務所で使っているMacPro(2011)は8コアなので、我慢できる範疇では動きます。

Merrillを使うにはこのSIGMA Photo Proを使わざるを得ない。。。これが今のところの最大のネックかもしれません。

| | コメント (0)

サングラスを購入

サングラスを買いました。

今年に入って2個目??3個目か。

やっぱり目を守ると言うことで、いろいろな場所ですぐに掛けられるように、いくつも持っています。今回のはアウトドア用のスワン。

DP2Merrill
20120930_sdi2707軽くて装着感が良いです。

眼には紫外線が良くないので、紫外線部分をカットするものを選んでいます。これは紫外線の透過率0.1%というもの。

暗ければ良いというわけではないのがサングラス。

あまりに暗いと、眼の瞳孔が開いてしまって、顔とサングラスの隙間から入ってくる光が眼に入り、瞳孔が開いている分、有害な光が入ってしまうという説があります。

出来るだけ、顔とフィットしているサングラスが良いので、選ぶ時はそこを基準に。

何となくですが、日本人の平ぺったい顔には、日本製のサングラスの方が良いと思います。スワンはそういう面で良いメーカーですね。


| | コメント (0)

2012.09.29

DP1xだってナカナカのものです。

すっかり使わなくなったDP1xですが、、、久しぶりに現像してみると、、、
DP1x

金沢城ナカナカですよね。

特に好きなのが、この光芒。
僕はこれが好きでシグマのDPシリーズにはまったようなものです。

これだけきれいに光芒が描写できるカメラ、レンズって、そうそう無いです。

細部を比較してみれば、そりゃもうSIGMA DP2 Merrillの圧勝ですが、、、SIGMA DP2 Merrillにはこういう光芒は出ないんですよね。それだけが残念。

DP1x
ひまわり

| | コメント (0)

ColorNavigator6

EIZOのColorNavigator6が新しくなっていたんだ〜。

120929_0001_2

今日も事務所に出ているのですが、そんなに仕事というわけでもなく、、、ダラダラと。
女房のMacMINIにはNECの27インチモニターが付いていて、これもハードウェアキャリブレーションが出来るモデル。内情を言うと、スタジオ使用していたもののお下がりなのですが。
これもminiを買ってからキャリブレーションしていないので、女房の居ない隙にやってしまう。

ついでに、僕の仕事用のEIZO CG211もキャリブレーションしてしまおうと言うことで気がついたのが、この画面。
そういえば、iOneが新しくなっているので、それに合わせてハードウェアキャリブレーションの画面も変わったんですね。今気がついた。キャリブレーションの日付を見てみると、この前は4月だった。。。
ま、モニターの調整なんて、そんなもんです。
だからEIZOの人は、自動キャリブレーションのモデルを作ったのですから。

| | コメント (0)

2012.09.28

SIGMA DP1 Merrillで品川

SIGMA DP1 Merrill
shinagawa 20120927品川のキヤノンに行くときに歩きながら撮ったもの。

さっと撮ったとは思えないくらいの描写!

たとえば同じように歩きながらさっと撮る時、D800で撮ると、こうは行きません。

SIGMA DP2 Merrillには手ぶれ防止のようなスタビライザー機能がありません。有ったら良いなと、僕も思いますが、、、でも、意外にぶれずに撮れるんですね。ホント意外なくらい。

SIGMA DP1 Merrill
shinagawa 20120927-2

| | コメント (0)

SIGMA DP1 Merrill はけっこう寄れる

SIGMA DP1 Merrill
_SDI0200.jpg相変わらず買ってからたいして写真を撮っていませんが、、、
DP1の方は最短撮影距離が17センチ?だったかな、かなり寄れます。

ただ、ピント合わせが結構大変なのと、ブレが怖いこと。

この2点はいつも気をつけているのですが、クローズアップの時はいつも以上に気をつけます。

この写真をダウンロードしてもらえば分かります。レンズキャップはSIGMA DP2 Merrillのもの。レンズ先端から15センチくらいでしょうか?

相変わらず、ピントが合ったところの描写はすばらしいですね。

2012/09/29
SIGMA DP1 Merrillをお使いの塩澤さんのブログと同じ題名になっていたので変更しました。失礼いたしました。

| | コメント (0)

2012.09.27

『バイオハザードV リトリビューション』見てきました。

ここのところそんなに仕事が詰まっていなくて、、、そんな時は映画を見に行くことが多いです。
久しぶりに見たのは『バイオハザードV リトリビューション』
ゲーマーじゃないので、ゲームの方のバイオハザードはまったく知りません。映画の方は1から全部見に行ってます。
3あたりから「もう見なくても良いかな〜」って思い始めてますが、、、なんか見ちゃうんですよね。トランスフォーマーは2を飛ばしましたが、、、3が結構良かったですね。バットマンは新シリーズが結構良かったし。スパイダーマンも新シリーズに期待かな。

今回のバイオハザードはもう、ゲームみたい。シーンがいくつかあって、その世界での戦い。ゲームの展開を同じに僕は見えました。
エイリアン2とか、いろいろな映画を彷彿とさせますが、、、
ミラも最初から結構良い脱ぎっぷりだし。まあ、見ておいても損はないでしょう。笑

中国の女優さんがかなり良い感じなのですが、、残念なことにここのところの日中関係で公開時のプロモに日本には来たくないとか言っちゃうし。、、

ネタバレになりますが、アメリカ、ロシアの対決軸と同じに、日本と中国の対決軸を想定している点が、今っぽい。日本の仮想敵はもう中国なんですね。対外的にもそう思われている。

そんな現代を感じるには良い作品です。

| | コメント (0)

フォトグラファー

今朝のTVに出ていたフォトグラファー、綾瀬凜さん
いけてるな〜。
フォトグラファーはこうでなくちゃね。
奇をてらうのではなく、それを利用する、って感じかな。

| | コメント (0)

2012.09.26

名残

SIGMA DP1 Merrill
nagori

| | コメント (0)

Lightroom 実践力アップ講座「第26回ソフト校正 その1」

ShuffleサイトLightroom 実践力アップ講座「第26回 ソフト校正 その1」がアップされました。

ご覧頂ければうれしいです。

なお、解説で使われている画像をFlickrにて公開しています。ご自身でLR4を使っていて、解説と同じように試してみたいという方はダウンロード手お使い下さい。
prophotoRGB-1
prophotoRGB-1

adobeRGB-1
adobeRGB-1
sRGB-1
sRGB-1
sRGB-2
sRGB-2
adobeRGB-2
adobeRGB-2
prophotoRGB-2
prophotoRGB-2

| | コメント (0)

2012.09.24

加齢黄斑ドットコム

加齢黄斑ドットコムと言うサイトが山手線で宣伝していました。

以前からあったサイトですが、なかなかの充実具合。基本的な知識はここで得られます。
好感が持てるのは、自社商品への誘導がないこと。よく見ればあるのでしょうけど、露骨ではないです。

黄斑変性について調べると、大抵はサプリメントの会社への誘導とかになっています。別に悪いわけではないのですが。。。実際のところ、治療薬がないので、予防というか、少しでも良いと言われているものにすがりたくなります。僕もいくつものサプリメントを飲んでいますし。どれが良くて、効果があるのか?よく分かりません。

大事なのは早期に自分で気がつくこと。

常に片眼ずつのチェックをしましょう。

僕は今でも毎朝、ベッドの中で起きた瞬間に片眼ずつ、チェックしています。その後、トイレに入って、白い壁を見て、また片目をつぶってチェック。毎日です。

少しでもおかしいと思ったら、迷わず眼科に行って下さい。

つらいことですが、もし、黄斑変性と診断されたら、それ以上に悪くならないようにするしかありません。
両目におよばないうちに。

とにかく速く気がつくこと。これが大事です。

| | コメント (0)

iPhone5

この動画、ほんと笑っちゃいますね。
この元ネタの映画を使って、いろいろなバージョンがあります。カメラfanにはおなじみのニコンDいくつとかが発売されたときも作られていましたね。出来はすごく良いです。
今日、ヨドバシに行ったついでに5を予約しようかと思ったら、まだ30分ほど並ばないと予約できないという状況。。。ちょっとビックリ。並ぶのがイヤなので、未だに予約できてません。
面倒くさいな〜〜

| | コメント (0)

2012.09.23

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカードはなぜか10枚くらい持っているのですが、出来るだけ使うカードは一枚に集中させたいと思っています。ポイントをためたりするには集中して使うのが定石ですからね。
と言いつつ、なんで10枚以上も持ってたりするのかというと、いろいろなお店でオリジナルのカードを発行していて、それに乗ってしまった結果と言えます。たとえばこのブログのプロバイダでもあるニフティ、ここにも提携カードがあり、僕はそれを持っています。ニフティの決済だけしか使っていないのですが。

クレジットカードを持つ基準としては年会費が無料であること。これが一応の僕の基準です。これに会わないカードを唯一持っているのが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード です。

アメックスのカードと言うことで、お金持ち風なのですが、、、笑

これは年会費を払ってまでも入会しています。

アメックスのカードなので、他のカードよりも年会費が高いんです。でも入っているのはなぜか?

僕の唯一の趣味は体を動かすことなのですが、フィットネスクラブはコナミへ通っています。が、月会費を払って行っても、月に行けるのが数日、、、最悪な時は月に一度も行けなかったこともありました。
今日も日曜ですが、僕は仕事。土日も関係なく仕事しています。暇な時は暇ですが、忙しい時は1,2ヶ月も休み無しと言うこともあります。
そんな状況で月会費を払ってフィットネスクラブに行くのはかなりの無駄。出来れば行った時だけ払いたいと思っていました。
そんな折に、クレジットカードを持っているとフィットネスクラブに入会しなくても、法人会員と同じ扱いで、利用できるという話を聞きました。それで入ったのがこのセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード だったのです。

法人会員と同じ利用料なので、一回2100円。(銀座コナミ)月に4,5回ならアメックスのカード年会費を払っても、こっちの方がお得なのです。

数年前からこのやり方でコナミに通っていました。

で、なぜセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード をやめるのか?というと、、、

僕のメインのカードとしているダイナースクラブのカードでも今年の4月から、コナミの法人会員と同じく使えるというように規約が変更されました。しかも、一回1600円。

と言うことで、4月からはダイナースクラブの法人会員としてコナミに通っています。

で、アメックスを辞めるのですが、、、、ポイントがたまっていて、それを消化しないともったいない。中途半端なポイントなので、まとまった金額を使ってから辞めようと思ってたら、今になってしまいました。

もう年会費の更新時期なので、さっさとポイント消化して、Amexとはお別れです。

| | コメント (0)

雨の日曜

雨の日曜雨の休日ですね。静かで良いです。

今日も事務所で仕事。ここのところ休みが少ないな〜。土日で溜まっている仕事を吸収、リセットして、月曜を迎えるという、相変わらずのパターン。

もうTシャツ一枚では寒くなってきました。
暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったものです。

| | コメント (0)

2012.09.22

colorEdge CG275W

Img_0075スタジオ用に使っているモニターがcolorEdge CG275Wというものです。

colorEdgeはナナオのハードウェアキャリブレーションできる、いわゆるプロ用モデルのシリーズです。

スタジオ用にはNECの27インチモニターを使っていたのですが、解像度が少ないので、同じ27インチでも2560×1440まで表示出来るものにしました。これ以上は30インチになるので、うちのスタジオにはちょっと大きすぎ。27インチでとなるとこれになります。

このタイプはモニターのアイドリング時間に自動で内蔵されたキャリブレーションセンサーが出てきて、定期的にキャリブレーションしてくれます。最初はこんなオモチャみたいのを付けて、、、と思っていましたが、結構便利。

だいたいキャリブレーションって、よほどヒマじゃないとやらないですから。colorEdgeのハードウェアキャリブレーションのソフトでColorNavigatorというものがあって、それを使えば自動でやってくれるのですが、それさえも忙しいときは後回しになります。
ナナオはこのあたりのことをよく分かっているな、と思う機能ですね。

| | コメント (2)

Lightroomのカラーマネージメント その変遷

相変わらずLightroomのカラーマネージメントに引っかかってます。

ヘルプの変遷。

LR2 カラーマネージメント

LR3 カラーマネージメント

LR4 カラーマネージメント

やはり4での書き方の変化が大きいですね。
この話はどこまで行っても推測でしかない話で、、以前、都市伝説と言うことで書いたこともあります。

4になって中身が変わったのか?それとも、単純に書き方を変えただけなのか?これは誰にも分からないことでしょう。訳知りに言う人も居ますが、多くの場合、推測でしかない話。だいたいは直接開発の人と話したのではなく、マーケティング部門など、同じ会社だけど違う部署の人と話しただけのことだろうと思われます。たぶん、アプリケーションの開発の人と直接話が出来る人は日本には居ないと思うし。>これも推測の域を出ない。

| | コメント (0)

2012.09.20

Capture One 徹底使いこなし術 第29回 「ハイダイナミックレンジの使いこなし」

procameraman.jpにCapture One 徹底使いこなし術 第29回 「ハイダイナミックレンジの使いこなし」がアップされました。

お読み頂ければうれしいです。

| | コメント (0)

SIGMAからの冊子

Img_2515SIGMAから冊子が送られてきました。
ユーザー登録していて、かつ、2点以上の製品を登録している人が対象のようです。

印刷物としての作りがすごく良い。最近では珍しいくらい。
内容はSIGMAの余裕というか、思い入れがぎっしり詰まっている感じです。
たぶん、フォトキナも開催中なので、そこでも配布されていると思いますが、贅沢な作りです。

写真もすごく良いです。ほとんどの写真は裁ち落としで使用。しかも片ページだけ写真で、しかも黒ベタか、白地です。ホント、贅沢だな〜。

ため息ものなので、もし、どこかで手にすることがあったら、じっくり見てみて下さい。

| | コメント (0)

2012.09.19

SanDisk Extreme SDカード 16GB

Img_2514SIGMA DP2 Merrillを買ったせいか、SDカードが逼迫中。

買わなきゃと思いつつ、日が経ってしまい、ようやくアマゾンで購入。

ものはExtremeのProじゃない方。笑

Proも16GBを3,4枚使ってますけど、このExtremeも結構速い。SIGMA DP2 Merrillで使うことだけを考えるなら、Proでもノンプロでもそれほど変わりません。

久しぶりに買ったのですが、16GBで1500円って!安すぎませんか?あ、日本の正規品ではなく平行ものです。

キヤノンからは安いフルサイズのカメラが発表になったりして、これからはアマチュアの方にもフルサイズがどんどん普及してくるでしょう。今までだったらフルサイズを使っているだけでもプロっぽかったのですが、もうこれからはその差別化はなくなります。5Dの普及以上のインパクトがあるのではないかと思っています。
まあ、使っている機材でプロかどうかを分けるのもヘンなのですが。。。お金を頂いていく上で、見栄えは重要なことなのです。少なくとも現状では。


| | コメント (0)

iTunesカード 到着!

Img_2513ヨドバシカメラからiTunesカード到着。

Macお宝鑑定団のツィートからこのニュースを見てすぐに注文しました。

知っている人は知っているけど、ヨドバシのような量販店では定期的にこのカードのセールをやります。

今回は10000円のカードを2枚買うと2枚目は半額になるというもの。つまり20000円の額面が15000円なのです。
音楽を聴く人にとって、この価格はうれしい。もちろん、アマゾンなどでCDを買うという手もありますが、ここ数年、ダウンロードで音楽を買ってしまうことが多くなりました。音楽はiTunesで管理しているので、新譜はITMS(アイチューンズミュージックストア)で買います。

もう、CDショップは1年以上行ってないかも。そんな時間も無いし。お店も近くにないし。

僕のiTunesには何万円分もの音楽が入っています。僕が死んだらどうなるんだろう・・ま、CDも同じか。

| | コメント (0)

Capture One 6.4.4 アップデート

Capture Oneがマイナーアップデートされました。
6.4.4 アップデート

昨日から使っています。バグフィックスということでしたが、、、
バグというか、この前のバージョン6.4.3からキヤノンのSDKの関係から、テザー撮影で再接続時にC1の再起動が必要になっています。この仕様はスタジオなどの現場でかなり面倒、、、てっきり今回のマイナーアップデートで再接続が今まで通りになるのかと思いきや、、、やっぱりだめ。

C1の問題というよりも、カメラメーカーとの関係だと思うので、そうそう簡単に解決はできない感じですね。

僕はニコンもキヤノンもPhase Oneも使っているので、この仕様は本当にげんなりです。今まではどんなカメラを併用していてもつなげば使えていたのに。

ということで、最近はキヤノンのテザー撮影に関してはキヤノン純正ソフトのイオスユーティリティーを使っています。それでテザー撮影して、C1の監視フォルダを共有することで。
ニコンのテザー撮影はニコン純正ソフトのカメラコントロールが使いにくいので、それは使っていません。
ニコンに関してはライブビューがマニュアル時に露出シミレーションしてしまう問題も大きくて、スタジオ撮影では本当に使いにくいカメラです。それでも使うのはD800ならではなのですが。

| | コメント (0)

Lightroomのカラーマネージメント

ShuffleサイトでのLR4解説を書いているのですが、ソフト校正を調べていて、ちょっと気になることが、、、
ヘルプを読んでいて、以前とカラーマネージメントの章の内容が変わっているような気がしました。
Lightroomのカラーマネージメント

ProPhotoRGBという記述は一切なくなってますね。以前は有ったような、、、

まあ、どちらでも良いんですが、以前の記述は誤解を招くと個人的には思っていました。今の方が現実的だと思います。そもそもがLightroomというアプリはそんな事を意識しなくても使えるように、作ったと、僕は思っています。

| | コメント (0)

2012.09.18

Flickrのスライドショー

Flickrのスライドショーを作ってみました。

| | コメント (0)

Cloud & Line 20120918-2

今朝の通勤時の写真です。

いつも、ソニー本社の横を通って駅まで。
この通路(公開空地)は通勤路の中でもハイライト。晴れた日の空と太陽の反射が好きです。
ソニー本社は全面ガラス張りなので、しょっちゅうガラス拭きをしています。結構なランニングコストだろうな〜と無関係ながら想像。

SIGMA DP1 Merrillは広角レンズながら、歪みがほとんどありません。すばらしいですね!本当に面白いカメラだなと思います。

Cloud & Line 20120918-2
SIGMA DP1 Merrill

| | コメント (0)

2012.09.17

SIGMA DP1 Merrill ホワイトバランスその2

今日はちょっと身体を動かしに銀座コナミまで。コナミへは事務所から歩いて行きます。休みの日は銀座通りがホコテンなので、これが気持ちいい!本当に良い通りですね。世界に誇れる通りだと思います。
今日に限って言えば、、、チャイナ系の方が少なかった。このご時世ですから、日本から中国に行く人も少ないでしょうし、中国からこっちに来る人も少ないのでしょう。
商売だけを考えれば、、もっと観光客に来てもらわないと。。。

さて、SIGMA DP1 Merrillのホワイトバランスですが、この状態で太陽光マークです。キヤノンになれているせいか、もう少しマゼンタ寄りの方が好みです。ここら辺は好みなんでしょうね。
ただ、このくらいの違いはフィルムの時には全然ありました。フィルムによって空の色が違うのは、むしろ好感が持たれたくらい。つまり、それが味わいだったから。
ま、デジタルカメラも同じですね。嫌いなら直せば良いし、最悪、使わなければ良いだけなので。

SIGMA DP1 Merrill
SDIM0099.jpg

| | コメント (0)

DP1Merrillのホワイトバランス

連日仕事なので、ろくすぽ撮れません。

数枚撮ったうちでの印象です。

もともとDP1xの時代から、ホワイトバランスが良くないカメラでした。良くないというのは、決まらない、そんな感じ。オートホワイトバランスはいろいろなブログでも言われているように、常にまちまちです。僕はDPに限らず、オートホワイトバランスはほとんど使わないので、別に気にしませんが。

ただ、太陽光マークでもばらつきが出るような気がします。これは気のせいか、、、緑がかる感じがします。シグマプロフォトで修正しますが、、、このアプリ自体が使いにくいので、それも結構面倒。
でも、作品的には面白い効果が出て良いかもしれません。

総じてなのですが、DPシリーズは決して僕たちのような職業プロカメラマンが仕事で使うようなカメラではないと言うことです。もちろん、写真家は別です。これは僕の個人的感想。

DP1Merrill
mikoshi

| | コメント (0)

2012.09.15

SIGMA DP1 Merrillのセットを作成

FlickrにSIGMA DP1 Merrillのsetを作りました。
カメラ内JPEGです。高解像度データも見られるようになっています。
SIGMA DP1 Merrill
SDIM0038.jpg

1日目の印象としては、やはり太陽が画面内に入った状況でのフレアがxよりも汚くなる。この部分は1も2も変わりません。その他はSIGMA DP2 Merrillと同様、すばらしい描写です。
ただ、周辺の色収差がほんの少し残っている。レンズ一体型、カメラ内補正の可能性を考えると、無くすことも出来たのではないか?と思います。
それと、広角レンズだから、と言う思い込みから、適当にピントを合わせていると、思ったよりもピントが合わなくて、仕上がりを見てがっかりします。想像以上に被写界深度が浅い。しっかりとどこにピンを合わせるか?考えて撮るべきカメラですね。

さて、3連休ですが、二日間は仕事なので、なかなか写真が撮れません。。。

| | コメント (0)

2012.09.14

SIGMA DP1 Merrill も・・・

結局、1の方も買ってしまいました。。。

まあ、人生一度きりですから。笑
目も見えなくなるかもしれないし、癌になっちゃうかもしれないし。身体の動くうちに見たいものは見ておかないとね。
Img_2511


| | コメント (0)

2012.09.13

夏の終わりに

日が当たるとまだまだ暑いなと感じますが、季節は着実に移ろって行ってるようです。

SIGMA DP2 Merrill
End of Summer

| | コメント (0)

2012.09.12

Early Autumn

ゆっくりとですが、秋になっていくようです。

SIGMA DP2 Merrill
Early Autumn

| | コメント (0)

2012.09.11

バックタイプはどこへ

ある仕事で、バックタイプの新型をお借りしています。

新型をちゃんと触るのは初めてでしたが、、、さすがに良くなっています。びっくりしました。また、解像感がすごい。NikonのD800の発売でどうなるか??と思っていましたが、やっぱりこのクラスになると、それはそれはすごいものです。

解説は今週に書く予定ですが、そのときにはまたご報告いたします。

20120911img_0215


| | コメント (2)

2012.09.10

SIGMA Photo ProでX3Fを調整

SIGMA Photo ProでX3Fを調整した写真を上げました。

SDIM2573-2

| | コメント (0)

サプリメント

黄斑変性に効く薬はありません。
今のところ治療法は無いと思います。ただ、これはネットから仕入れた知識なので、専門的でも何でもありません。レーザーなどを使う外科的手術もあるのですが、これは治療ではなく、それ以上に症状を進めないための処置と考えられています。
薬はないのですが、たぶん良いだろうというものはいくつかあります。
僕も最初、すぐに買ったのはサプリメントでした。今も続けていろいろなものを飲んでいます。

サプリメントなので、大量に取りすぎなければ身体に悪影響もないでしょうから、いろいろなものを飲むようになりました。
Img_2507_2

今日、購入したものがこれです。

ルテインとアスタキサンチンは目に良いという定番的なものですね。
亜鉛の摂取も黄斑変性の予防に効果的というのをいくつかのサイトで読んだことがあります。
B-2はがん患者のサイトで読んだものです。僕は癌ではないですが、、、ま、悪くはないだろうと。

値段もそんなに高くないし、少しでも効けばと思ってます。

おかげで当初よりはだいぶ良くなっています。が、まだ痕跡みたいな影はありますが。


| | コメント (0)

夏の陽

渋谷に久しぶりに行きました。
目的はローバート・メープルソープの写真展を見に。
すばらしい・・・でも、ある意味での絶望感。。。
もう、花をモノクロでああいう風に撮ることは、誰も出来なくなってしまった。誰が撮っても、メープルソープの模倣としか見てくれないだろうな。
まあ、メープルソープに限らず、写真というものの持っている特性なのかもしれない。

Summer Daylight
SIGMA DP2 Merrill

| | コメント (0)

2012.09.08

最近のマイブーム!SIGMA DP2 Merrill

FlickrにSIGMA DP2 Merrillで撮った画像を上げています。できるだけフルサイズのデータを上げていくつもりです。
最近のマイブームです。
SIGMA DP2 Merrill

| | コメント (0)

NikonD800でのテスト撮影

同じセットでNikonD800でもテストしました。
Eではありません。
レンズはニッコールPCーE45ミリ。C1での現像です。

やはりSIGMA DP2 Merrillと比較して、圧倒的に良い感じ。まあ、アオれるので、ピントを思ったところに来させられますからね。それにしてもすばらしいですね!この45ミリのレンズも結構良いです。800はレンズを選ぶのですが、僕の持っている中ではこの45ミリは上の方のレベル。
img_05745

| | コメント (0)

SIGMA DP2 Merrillでのスタジオ撮影テスト

SIGMA DP2 Merrillでスタジオ撮影してみたものです。
カメラ内生成のJPEG。ホワイトバランスのみカスタムで取りましたが、あとは撮ったままです。
FlickrのSIGMA DP2 Merrillアルバムセットにはフルサイズのデータを載せています。
SDIM2580

| | コメント (0)

黄斑変性になってから

黄斑変性?

最近だとこの病気になっている人も増えているようで、、、一時、TVCFもあったので名前を聞いたことがある人も多いかと思います。
もう2年半前になりますが、僕がこの病気だと知った時代は、まだまだそれほど一般的な病名ではありませんでした。
ただ、便利な時代で、ネットでいくらでも検索できるんですね。検索して、僕もそれなりの知識を得られました。
僕にとって一番大事なもの。職業はカメラマンですから、なんと言っても眼なのです。
若い時は「二つあるんだから、たとえ片眼になったって写真は続けていけるさ!」位にしか考えていませんでした。いざ、片眼がダメかもしれない、となった時、そんな気楽な考えはどこかに行ってしまいました。
特に、この病気は片眼に発症すると、かなりの確率で、もう片方の眼にも発症すると言われています。
つまり、失明です。

しかも、やっかいなことに、治療法はありません。

慶応大学病院に今でも数ヶ月おきに通院していますが、未だになんの治療も投薬もされていません。毎回、眼の断層写真を撮って、「ありますね〜。で、どうですか?」って言う感じ。

このブログを辞めようと思ったのは、とにかく、出来ることを何でもしようと思ったからです。

病院でもこの調子だから、少しでも良いと思えることをやってみようと思いました。

まずは目を酷使しない。
と言っても、職業はプロカメラマンなわけで、、、眼を使わないというのは無理です。カメラマンを辞めれば良いのでしょうけど、それでは生きていけなくなる。
カメラマンをやりながら、しかも、出来るだけ眼の負担を少なく、、、と言うことで、パソコンの時間を可能な限り少なくするように、仕事以外でパソコンを見ると言うことは出来るだけ辞めようと思いました。

ブログはほぼ毎日、いろいろなことを書いていたので、結構な時間になります。しかも、仕事でもないし、お金にもならないし。
と言うことで、辞める決断をしました。

解説の文章を書く仕事もあるので、そちらは簡単に辞めるわけには行かないから、、、

ちょうどその時期に、いろいろな方面から、解説の文章を書く仕事をいただいていました。出来るだけ断りたいと思っていたのですが、、、もしかしたら、そんな事が出来るのも、目が見えている間だけかもしれない。なにせ、両目への発症率が高いのですから。もう、片足が棺桶に入っているようなものなのです。

そんな思いもあって、やれるものはやっていく、辞められるものは辞める。出来ることをやっていくことに、すべてを変更しました。

| | コメント (1)

2012.09.07

コスモス

SDIM2487
Merrill

| | コメント (0)

黄斑変性です。

とりあえず終了したのはこのブログからでした。
この前の週に眼科に行きました。理由は左目の中に見えにくい部分を発見したため。
僕はカメラマンなので、35のようなファインダーをのぞく時は利き目の右目で見ています。左目の異常に気がついたのは、風呂に入っている時。壁が白いタイルだったので、ぼ〜っとして風呂に入っている際に、何となく丸く暗い部分があることに気がつきました。目の前には風呂の電球があったので、ぼ〜っとしている時に電球を見つめてしまったのかな?と思いました。
ちょうど、記念写真の時にストロボを見つめてしまったように、撮影後も数分はその部分がストロボの跡が見えるように、ちょうどそんな感じの影でした。

風呂の中で右と左の目を交互に閉じながら、両方の目に在るものではないことを確認。
時間が経てば消えるのか、と思って風呂から上がり、そのままゆったりとしていましたが、寝る時になってもそれはあります。
その日はそのまま寝ました。翌朝になればなくなっているかもしれない。
翌朝、ベッドの中で目が覚めて、すぐに右と左の目を交互に閉じながら再度確認。
それはあったのです。
すぐに行きつけの眼科に行き、その話をしました。
目のレンズ部分ではなく、フィルム部分、網膜の異常だろうと言うことで眼底を検査。
医師からは加齢性黄斑変性だろうと告げられました。
町の眼科ではそれ以上の治療は出来ないので、慶応大学病院を紹介され、数日後、行きました。
やはりそこでも同じような結果。
まだ49歳という年齢。若くはないけど、加齢が原因って??黄斑変性ってなに?
それからネットでいろいろ調べる日々が続きました。

| | コメント (7)

2012.09.06

復活させます。

ブログを中断してましたが、段々と復活させようかと思ってます。
と言っても、記事の紹介などを書いてきたので、それほど変わらないと思いますが。

病気のことを書かないと、、、まずははじめられないかな、、、それを書くのも億劫だし。

ま、ぼちぼちと。

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »