« 持つべきは、、 | トップページ | 連休は、、 »

2010.03.19

キヤノンEOS 5D Mark IIファームウェアの修正版

5D系は持っていないので僕には関係ないのですが、、
ムービー関係の動作を改善するためのファームアップですが、アナウンスされてから相当時間が経っている点、それと最初にファームアップを出して、その後、公開停止、そして今回の修正版と、ちょっとばたばた感が否めません。

以前から思っていることですが、他社、特にアドビのアプリなんかはすでにそうなのですが、ベータ版の時期での公開をキヤノンに是非お願いしたい。
それによって今回のような、アナウンスしてから時間がかかりすぎることや、公開後にバグが見つかるなど、メーカーの信頼性と直結連想されそうなマイナスイメージを与えるリスクからキヤノン自体を防衛することになるはず。

当然、今回もメーカー内で検証作業はやっているはず、でも、あまりに膨大なケースを一つずつつぶしていく作業は、もはや無理だと思います。だったら、ベータ公開して、ユーザー有志にそれぞれの環境で検証作業をしてもらう方が、お互いにメリットはあると思います。

先日公開されたEOSユーティリティもせっかく連結撮影で、ライブビュー時のオーバーレイがついたのに、現実的な仕事でほとんど使えない仕様になっている点も、正式アップデートを出す前にベータテストすれば、スタジオ撮影しているプロカメラマンなら誰でもわかるような部分を、何の改善もされずに出すようなことはないと思います。

キヤノンは一時あちこちからかなりの批判を浴びました。誰もが足を引っ張りたいという人ばかりではなく、よりよいモノを作ってほしいと、心底から思っている人も多いということが、キヤノンに届くことを祈ります。

そうそう、書き忘れましたが、今回のEOSユーティリティのアップデートで少し前のカメラがほとんど連結撮影のサポートから外れたのはかなりの衝撃。1Dsmk2も連結撮影できないって、、たぶん、背景には検証作業の繁雑さから除外されたということもあるのではないかと、勝手に想像しています。

|

« 持つべきは、、 | トップページ | 連休は、、 »