« ネスカフェバリスタ入りました。 | トップページ | 持つべきは、、 »

2010.03.10

ペンタックス4,000万画素の中判デジタル645Dを正式発表

ようやく発表されましたね!ペンタックスのみなさま、良かったですね!

ニュースを見ただけで感想を書くのもどうかと思うけど、、、書いちゃいます。笑

まず、他社のバックタイプと35フルサイズの間を狙った、まさにニッチなマーケティングは正解だと思います。その最たるものは売値。すでにフジヤカメラでは645D ボディ (5月中旬発売) 763,200円 (暫定販売価格)と打ち出しています。ボディ単体で80万って、、何も知らない人はそのくらいの金額になると言っていましたが、デジタルバック業界の人たちは、100万を切るのは無理と言い切っていました。これはセンサーの値段がそれなりに高いのと、自社生産ではないので、安くカメラに組み込むというのは難しいからなのですが。

ターゲットはまさに熟年層。会社を定年で終了した人たちです。お金と時間がある。すでに35フルサイズも持っているし、、、更に上を狙うとなると、当然バックタイプになります。先日発売されたライカS2もまさにそのゾーン狙い。すでに某プロショップで販売したという話ですが、買ったのはプロカメラマンではないそうです。

ペンタックス645Dがプロでは使えない、と言うつもりはありません。プロと言っても多様ですし。ただ、僕のようなプロ向きではないでしょう。

たぶん、未確認ですが、連結撮影が出来ない点。これがネック。apertureのように擬似的なテザード撮影をやることも可能かもしれませんが、圧倒的に不利。それと、ライブビューがない点。

でも、そんなのはどうでもいい話です。

連結撮影する人間よりも風景を撮る人間の方が圧倒的多数なのですから。パソコンとつなげたければ他のバックタイプを買えばいいし。

なによりも、この値段で出してきた、それを評価すべきでしょう。風景がメインのプロカメラマン、アマチュアカメラマンはたぶん相当数はこれに流れるはずです。
当座の問題は広角レンズの不足かな。CCDサイズが小型のものを採用したので、あとはレンズで画角を補うしかない。せめて28ミリくらいを早急に出した方が良いでしょう。

あとどこかのサイトで誤解して居るみたいだけど、RAWデータは2種類かと思います。PEF,DNGの二つですね。オリジナルの画像形式を出しているところがポイント。DNGが悪いわけではないけど、いろいろな情報を入れ込もうとしたらオリジナルの画像形式の方が有利なのは言うまでもないこと。気になるのは現像ソフトがシルキーを元にしているのでは?という情報もあり、シルキーがきらいないな人(Macユーザーに多いんだけど)にはそれがどう転ぶか?という感じかな。ウィンドウズユーザーを想定している感じですね。MacユーザーはPhase One C1proで現像すればいいや、と思う人は多いと思いますが。

さてさて、CP+も今日からスタート。

これで目玉も出来たし、良いイベントになると良いですね。

僕はまだまだセミナーの準備中・・・大丈夫なのか〜〜

|

« ネスカフェバリスタ入りました。 | トップページ | 持つべきは、、 »