« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.28

ライカS2

プロフェッショナル限定の「ライカS2」ワークショップにちらっと寄ってきました。

土曜日で午後からヨドバシカメラでのセミナーがあるので、時間よりも早めに行って知り合いにご挨拶程度しかできませんでした。

実機を触ったのは初めて。感触が素晴らしい。さすがはライカ。中判デジタルの他社製品とはもう異次元な感じ。フィーリングは今あるどのカメラよりも官能的です。
触った感じとしてはシャッターのショックが少ない。35よりも大型のミラーを動かしているのに、手に伝わるショックは優しく、そして軽いです。

実写のデモは根本さんがやっていました。というか、見ていないんですけど。。。根本さんに「撮ってみて」と言われたんですが、そんな時間も無し。

短時間で確認したのはPC接続がUSBであること。これはカメラ側の端子が特殊でライカ専用のコードで変換しないとなりません。これは汎用としてプロの現場では?かな。

RAWデータはAdobeのDNG形式。DNGが悪いわけではないけど、レンズ収差などの補正が将来的に入れられるのか?ライバル他社はすべてソフト補完をやっています。

AdobeのLightroomが同梱されていますが、Lightroomの自動読み込み機能を使って、ホットホルダーの監視と言うやり方で連結撮影を補助します。
連結撮影はライカ専用アプリですが、自動読み込み機能を使っての表示はあまりに遅い。この点は取り込み専用のアプリを開発しないと他社と同等にはならないでしょう。
ただ、、、Lightroomの3がすでにベータバージョン公開されていますから、ライカ専用アプリとして特別版になるというウルトラCもあり得ます。
AdobeとしてはDNGを普及させたい、と言う希望は以前からあり、それに乗ってくるメーカーに対して何らかの便宜は有るだろうというのが、普通の考え方でしょう。

連結撮影に関しては今のままではプロの現場に使うのは難しいと言わざるを得ない。ライカレンズの描写に特別なものを感じないと、使い勝手はまだまだ。

ただし、手持ちでスタンドアローンで使うにはいいカメラだと思います。

もう一つ、レンズのラインナップが貧弱。標準をいれて4本が当初の予定です。どれだけ短期間に種類を増やせるか?でしょうね。
ファッションならいいですが、ブツ撮りだとあおれるレンズも必要になるから、そこまで望むとライバル他社と同等に、というのはちょっと先になるでしょう。

さて、現場にいたのはたったの15分。それでここまで憶測で書いているので、間違いもあります。単なる印象として書いていますので、読み流して下さいね〜〜。

|

2010.02.25

B&Hにて通販

056img_0170仕事が忙しくてボ〜っとしていたせいか、またまたB&Hに写真用品を頼んでしまいました。

頼んだのはアルカスイスの雲台とニッシンストロボ。アルカスイスのモノボールは先月も買ったものですが、更にもう1台、買い足しです。やはりロケ用とスタジオ用、どうしても2台欲しかった。アルカスイスのモノボールは使い慣れるともはやこれ無しでは三脚は使えない。。。そのくらいの気になってしまいます。今までいろいろな自由雲台を買って来ましたが、アルカスイス以外はもういらないかな・・

そのついでにアルカスイス用のクィックレリースプレートを数枚。このプレートが日本で買うと高い。だいたい1枚1万円弱します。なんだかんだで10枚くらい買ったのでプレートだけで10万近くなる計算。。。海外通販だとその半分くらいで買えます。これで手持ちのカメラボディすべてにアルカスイスのクィックレリースプレートが付けられます。それにキヤノンの長い玉に付いている三脚ホルダーにも付けられます。

ついでに買ったのはニッシンストロボ。

え?と思う人も多いでしょう。B&Hを見ているとこのストロボって250ドルなんですよね。つまり日本円で2万ちょっとくらい。これと電波式シンクロを一緒に買ってもカメラメーカー純正ストロボを買うよりも安い。

これで軽い取材系ロケはニッシンストロボ2台と電波式シンクロで行けます。キヤノンのストロボ用外部電池ボックスも2個持っているので、ストロボそれぞれに外部電池と、電波式シンクロをそれぞれ付けてしまえば、もうどこからでもどんなライティングでも撮影可能になります。シンクロしないとか、赤外線を受けないとか、もうそんな心配はナシ。

僕にとっては理想の形になります。

いろいろ買い物が重なった最近ですが、、、がんばって稼いでいきたいな〜。

|

2010.02.23

Capture One 5.1 Release

Capture One 5.1がリリースされましたね。

驚くべきはleafが連結撮影可能になった点。いつかはそうなると思っていましたが、予想よりもかなり早いと思いました。

とりあえずは第一報。

今日は疲れたのでこれまで。明日も朝からロケと撮影が続きます。

|

2010.02.20

プロカメラマンが教えるPhotoshop LightroomとPhotoshopの活用術

ヨドバシカメラ秋葉原店で「プロカメラマンが教えるPhotoshop LightroomとPhotoshopの活用術」という簡単なセミナーをやる予定です。

内容が僕もよく煮詰めてなくて、、、どうなるか?不安です。
とにかく今は仕事が忙しくて、日々、撮影、そしてデータが溜まっていくという毎日でした。セミナーの準備もしないとまずいし、、、でもがんばらないと!

|

2010.02.19

ニッシンストロボ その後 2010/02/19

050img_0169去年買ったニッシンストロボですが、いろいろ工夫をした結果、かなり使うようになりました。

工夫のポイントは、、、写真の通り。

まず、外部バッテリーを付けます。これはチャージが内蔵電池だけでは遅いため。キヤノン純正がそのまま使えるので便利です。
更に電波式のシンクロを付けます。これをひとまとめにして一体化。使う時はストロボ本体に両方の端子を繋いでスイッチオン。いつものようにラジオスレーブでシンクロします。オートとかは使わないし、マニュアル発光だけです。光量調整はデジカメだからカメラ液晶で判断。非常にお手軽で、しかもカメラメーカー純正の赤外線シンクロ装置よりも確実。

ロケでも当然使いますが、スタジオ内でも使ってます。局所的に光を当てたい時、便利です。電波式シンクロはスタジオ内で常時使っていますから、この状態で隠れた場所に仕込んでもばっちり発光。

このやり方でかなり使い勝手は良くなったので、余裕が出来たらもう一台買い足す予定。

ま、ナショナルでも良いんですけどね〜〜。


|

2010.02.17

久しぶりに外スタ

048img_0165今日は朝から外スタで撮影です。

外スタというのは他所のスタジオと言う意味で、自社スタジオとの対比で使われます。

外スタはかなり久しぶり。。。。一昨年くらいからの不景気でめっきり外部のスタジオを使う仕事は少なくなりました。それだけ経費を絞っているわけで、、東京の大手出版社でも外スタ使用は基本的に許可されないというウワサです。レンタルスタジオの主な稼ぎ先は出版社、雑誌社でしたからね。都内のレンタルスタジオはどこも大変な状況みたいです。

と不景気話は停めておかないといくらでも続いちゃいますから、、笑

ツイッターの方で「今日は六本木のスタジオで撮影」と写真付きでつぶやいたら、モニターの質問が来ました。
モニターは最近は持っていきます。というのは去年、ナナオのCG211を買ったため、CGが3台有って、2台をメインの作業用にしていて、一番古いCG-18が余っている状態だったのです。それをロケ用のモニターにしています。18インチと言うことで大きさも手頃、更にタテにすると縦位置の写真をかなり大きく表示出来るので便利。しかも、ナナオのcolorEdgeと言うこともあって、色再現的には安心できる。と、良いことづくめです。
048img_0167最近のデスクトップでも紹介しているSSDですが、非常に快適。ロケ用のMacBookProから本日の撮影データをSSDをeSATA接続でコピーします。20GBの撮影データは数分でコピーできます。それをまたメインのMacProへコピー。SSDはバッグに入れて家に持ち帰ります。最悪、急ぎの電話が夜中に鳴っても、手元にほとんどのデータがあるので何とか出来る。

すべてのデータをLightroomで管理しているので、それもかなり便利。撮影用のMacで撮影したデータをすべて読み込み、そこから必要なカットだけをカタログ書きだし。それをSSDに入れて、メイン機のMacProへコピーという流れ。ロケでも、自分のスタジオでも同じやり方です。

ロケ用のMacBookProが遅いのがネックかな〜〜。


|

2010.02.15

Lightroom 実践力アップ講座 第8回 Lightroomからの書き出しとWeb公開

Lightroom 実践力アップ講座 第8回 Lightroomからの書き出しとWeb公開が公開されました。

これで僕のLightroom講座は修了。長い間ありがとうございました。

編集の皆様、本当にお疲れ様でした。いつも見栄え良くして頂きありがとうございます。

|

2010.02.11

最近のデスクトップ

042img_0163最近、仕事机の上をマイナーチェンジ。

写真右は去年買ったSSDです。
MacBookProに入れるつもりでしたが、内蔵させると認識しないという不具合に泣きました。メーカーに交換、修理を求めても、「外付けとして使えていますし、、」ということで交換などには応じられないと言うこと。ウィンドウズならいろいろ方法はあるんでしょうけどね〜〜。
そんなことで単なる外付けHDDとして使うことにしました。120GBあるので納品前後の仕事データを持ち歩く予定です。先週、家に帰ってから納品データが足りないという騒ぎになり、タクシー飛ばして事務所に戻って対処したという事件があってから、こういう手で何とかなるかな〜とテストしてみる感じ。

写真左側は知る人ぞ知る「スキャンスナップ」

書類などのスキャンをするためのモノです。

僕はこれを名刺リーダーとして使っています。確か、以前ここにも書いたような気がしますが、、、今は別のやり方です。これの専用OCRソフトがあって、読み込んだ名刺を自動的にマックの「アドレス」に登録してくれます。マックのアドレスに入ると言うことはすなわち、iPhoneのアドレスとも連携が出来ると言うことです。

このスキャンスナップはもう、、、手放せません。名刺を通して、若干の修正をする必要がありますが、そのまま保存しなくてもアドレスになります。iPhoneと同期させておけば一切の手間いらずで名刺がiPhoneのアドレスに入っています。

これって、文章で書いても分かりにくいですよね。見れば感動します。

iPhoneユーザーでマックユーザーなら絶対買いの一品です。

|

話題のiPhoneアプリ

041img_0162話題のiPhoneアプリを入れてみました。

肖像権をあやふやにするには良いかも。

処理が遅いのがネックかな〜。処理を人に見せるのは○。
久しぶりの有料アプリでした。


|

2010.02.10

Arca-Swiss Monoball Z1 sp

041_mg_2227月曜日だったかアメリカに注文していたものが届きました。

Arca-Swiss Monoball Z1という雲台です。

写真以外のことで忙しかったので、開けてみただけですが、、、

ちょっと想像外のことがあって、失敗な買い物だったかも??

プレートも買ったりで500ドルの買い物でしたが、モノとして良いので無駄にはならないと祈りたい。

|

2010.02.07

Get Speed!

レンズを買った時に早速ツイッターでそのことをつぶやきました。

すぐに数人から返信を頂き、その反応の早さに驚いたのですが、、、その中に一人の方から「同じレンズを頼んでいるのにもう数ヶ月も待っている。」という内容でした。

すぐにその人宛の直接の返信で「僕が行ったお店にまだレンズが1本残っていましたよ」と出したところ、すぐにお店に連絡して通販で購入されたそうです。

その方は地方の人。会ったこともありません。ツイッターで僕のフォローをして頂いているだけの関係です。

さて、話は変わって、、、金曜日と土曜日は同じクライアントさんと撮影でした。

金曜日の移動の合間、クルマの中でツイッターについて、いろいろお話ししていました。その人はツイッターというものがどういうものなのか?知りません。漠然とはイメージできているでしょうけど、、、

翌日、またクルマで移動の最中、「僕もあれからツイッターに入りました。湯浅さんをフォローしましたよ」と、、、、

この行動力、スピード感、すばらしいです。

僕もそうなのですが、変化や新しいものに対して、手を出さない傾向が強まっています。この不景気で、新しいものを買って後悔したくない、、、すぐに新型も出るし、値段も落ちますからね。多くの人は痛い目をイヤというほど経験してきています。その上、不景気だから無駄なお金を出したくない。

僕がiPhoneを買うのに1年以上、悩みました。iPhoneに替えてみれば、その1年がなんと馬鹿な時間だったのか?今はそう思います。同じようにツイッターを始めるのに何ヶ月も経ってしまいました。

どちらもダメならやめれば済むことなのです。

なぜ、そんなに恐れなければならないのか?何を恐れているのか?

「やってみればイイじゃん」

昔は何も考えずにそう思っていましたし、何も怖くなかった。
いつしか何をするにも怖くなっていました。

歳を取ると言うことがこういう事なのか?歳のせいなのか?分かりませんが、やってみる、その行動が大事だなと思ったこの頃です。

|

トキナーAT-X 107 DX Fisheye

037_mg_0645ツイッターの方ですでに報告済みでしたが、レンズを買いました。
トキナーAT-X 107 DX Fisheye
結構面白いレンズで以前から気になっていたモノです。

金曜日の電塾勉強会の打ち上げ、一緒に座った席が悪かった、、、笑

その席上で話題になったのがこのレンズ。
037_mg_0657以前からキヤノンの魚眼レンズに不満を持っていました。

魚眼レンズなのに甘い、、、って何??みたいな。。。

設計が古いから仕方ないのでしょう。でも、キヤノンではこのレンズしか純正では選択肢がない。サードパーティー製のレンズはいくつか選択肢があるのは知っていましたが、過去の僕の経験で、当たり外れが大きい気がしています。良いという人が多い反面、買ってはみたものの、人が言うほどよくない・・という痛い目に合っている人も多いのです。
037_mg_0670
そんな中、電塾の常連の面々からこのレンズの話題。純正の魚眼レンズは持っていますから、魚眼レンズを2個目って、いかがなものか?と買うのをどうしようかと、一瞬躊躇してしまいましたが、値段が結構安い。教えて頂いた品川のお店で45000円。新品です。良い情報をありがとうございました。谷口さんと、柳川さん。

038_mg_0677
試しに使ってみたこんこ二日間ですが、なるほどかなり良いレンズです。と言うか、純正の魚眼レンズが悪すぎるんですけど。特にAPS-Cフォーマットのカメラだと魚眼レンズにはなりません。(純正の魚眼レンズの場合)
魚眼レンズでズームと言うことで、意味が分からなかったのですが、使ってみて納得。単に画角が変わるだけなんですね。望遠側にしても普通の広角になるわけではなく、魚眼レンズです。

038_mg_0691
仕事では使える状況が限られるでしょうけど、持っていると面白いレンズです。

038_mg_0715


038_mg_0716edit

038_mg_0716この2枚はフォトショップでゆがみを最大限撮ってみたものです。フォトショップのプラグインか何かで魚眼レンズが完全に補正できるようになると良いんですけどね。まるでニコンのように。。。笑

|

金曜日は電塾へ

036img_0156金曜日は池袋まで。

年に一度の印刷業界のイベント、PAGEに行ってきました。と言っても、厳密にはPAGEでやっている電塾勉強会に行ってきたと言うことで、、、相変わらずPAGEの展示は見てません。毎年、このイベントに行っているのですが、中を見たことはほとんどなし。
今年はイベントの手伝いはなかったものの、仕事で朝から横浜に行っていて、それが終わってから池袋に行ったので時間もなくバタバタでした。

036img_0155内容的にはかなりマニアック。こんなカメラの話とか、、現実的なカメラマンが聞いてどうなる?みたいな感想をお持ちの人も多いと思います。まあ、勉強会ですからね。そんな内容もありと言うことです。

|

2010.02.02

ツイッターでの1週間

029img_0152ツイッターを始めて1週間ちょっとが過ぎました。
もうぼちぼち書き込みも落ち着き、、、マイブームも一段落という感じです。

その間の感想をまとめてみます。

まず、口コミでのネットワークに感動します。昨日などは各地から雪が降ってきた、というつぶやきが届き、どんな天気予報サイトよりもリアルタイムな天気情報を得られました。こういう状況ではツイッター以上のメディアは存在しないでしょう。

それと、今日気がついたことですが、この1週間、iPhoneアプリの産経新聞をほとんど読まなかったのです。ツイッターをやる以前は電車の中や、食事の合間など、ちょっとした時間に読むものは産経新聞などの情報サイトでした。ツイッターをやってからはフォローしている人たちのつぶやきを見ていた方が情報が新鮮でしかも情報サイトよりも多岐にわたった情報が得られる。自分一人で何時間もネットを見ているよりもツイッターで他人が面白い情報を流してくれる方が、よほど効率的なのです。

でも、これはフォローしている人たちに依存するので、どんな人種をフォローするか?結局、そこには自分の嗜好、付き合いが入ってくるわけで、偏りがないとは言えないでしょう。

ツイッターは非常に面白い。特に現時点はそう思います。iPhoneユーザーならなおのこと。

でもこのムーブメントもぼちぼちピークから下降線に行くでしょう。すでに僕が始めたという点がまさにその証拠。笑 オッサンもやるようになったら流行も終盤ですからね。

さて、ツイッターをやって痛感したことは、個人の能力は一定であると言うことです。

お付き合いのあるブロガーの人の多くの方がツイッターを始めていますが、たいていはブログの書き込みが少なくなります。なぜか?ツイッターで書いたり読んだりしている時間が多くなるので、ブログまで手が回らない、書くことがないのです。書くという欲求も満たされてしまうのです。

同じようなことはカメラマン、写真家にも言えます。ブログに一生懸命な人なのに、その本人の作品をまとめたサイトを持っていない、もしくはサイトがあっても放置したまま、、、僕もこれに該当します。ブログなどで手軽に自分の写真を発表出来ることはすごいことなのですが、それで満足してしまう。やった気になってしまう。
本来なら写真集、写真展などで作品を発表していかなければならないのに、それ以前の段階でそこそこのやっている感を得てしまう。。。ツイッターもまさにそれで、一日の大半をツイッターの画面を追いかけてしまう、そこでいろいろな話を聞いたり、それの意見を書いたりしているうちに、自分でも何かをやったかのような錯覚をしてしまう。。もちろん、そこから生まれるプロジェクトもあるでしょうし、新たな人間関係も築けるでしょう。でも、多くの人はそこまで至らずに空虚な時間つぶしになってしまう。

そんな危険性を感じました。

まあ、別にだから何?って事ですが。人生は大いなる暇つぶしだ、と言う人もいるし。

何もしない人生は長いが、何かをしようとするには人生は短い。

|

2010.02.01

Oh! Ghost!

100201_1157今日の撮影でのゴースト。

映画の「ゴースト」を思い出してしまいました。僕の好きな映画ベスト3に入っています。


|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »