« 7Dと50D | トップページ | iP4500修理 CDレーベルプリント »

2010.01.15

キヤノンEOSUtilityアップデート

100115img_0144キヤノンEOSUtilityのアップデートがあったのでアップデートしました。が、、、今日の撮影でトラブル。
Phase Oneのあと、小さいカットを1Dsmk3で撮ったのですが、ライブビューにしたとたんに動作しなくなりました。当然、強制終了して再度DPPから立ち上げたのですが、起動せず。結局、Mac再起動で何とかつながりました。クライアント立ち会いだったのでちょっと汗。

Phase OneでC1Pro5.0.2を使ってからなので、たぶん、それとの繋がりが不具合の元だったと思います。

新しいアップデータを調べていたところ、カメラのファームアップがしてないことに気がつき、それもやってみます。1Dsmk3が2台あるのでとりあえず1台だけ。それでファームとEOSUtilityのアップデータの組み合わせでテストをしてみます。

結局、どの組み合わせでも問題ないようなので、しばらくはこのまま使うことに。

カメラが増えたり、アプリのバージョンが上がったり、、、もちろん、システムのバージョンも上がっていきます・・・かなりこういう面倒が今後増えていくでしょうね。
カメラメーカーさんも検証などの手間が大変だと思いますが、使っていくユーザーも大変です。091231_mg_0176

|

« 7Dと50D | トップページ | iP4500修理 CDレーベルプリント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7Dと50D | トップページ | iP4500修理 CDレーベルプリント »