« ついで需要 | トップページ | 初めての動画編集 »

2009.12.07

Lightroomの今後

091207lr2_091205Lightroomのhow toを書いているから、と言うことも大きいのですが、仕事の多くでLightroomを使うようになりました。

以前はLightroomが遅いので、セレクトだけは別ソフトで、と言うのが僕の意見でしたが、今はそのお薦めソフトであるPhotoMechanicもほとんど使わず、、、最初からLightroomというやり方になっています。確かにセレクト時にはPhotoMechanicの方が速いのですが、ファイルをセレクト、別ホルダーに入れるなど、面倒と言えば面倒。Lightroom一本でやった方がシンプル。

で、最近の困ったことは、、

Lightroomは一つのカタログしか同時に読めないので、いくつかの仕事をやりたいときは、一つずつ完了していく方法しかできません。マルチスレッドでいくつかのカタログを読み込み、作業させることが出来るようになれば、、、今の倍くらいは仕事が速くできるようになるでしょう。

現在考えられる解決策と言えば、、、複数のマックを使うことくらい。

試したことはないですが、複数のシリアルのLightroomを同時起ち上げ出来れば、力業のマルチスレッドが可能になります。でも、無理でしょう。インストールが出来ないと思います。

Lightroom2に関しては、最近だと対応デジタルカメラの購入者には優待販売という値引きが始まります。結構安くなるので、持っていない、起動しなくなったという人にはおすすめです。

3のベータがすでにあがっているのですが、英語版と言うことや、2と如実に違うと言うことがない点でそれほど使っていません。最大の難点は既存の2で作ったカタログが読めない点。これが大きい。2のベータテストの時は1のカタログを読み込み可能でした。

今回3で読めないようにしているのはなぜか?

すでにカタログに登録されている写真の点数が以前とは桁違いに多くなったので、リスクのあるベータ版でのカタログを読み込みは出来ないようにしてあると思われます。

もう一つ、僕の推測ですが、、、いよいよアクティベーションが始まるのでは?と思っています。いつかはそうなると誰もが思っていると思いますが、、、今度の3でそうなるか?次の4か?

その点でも今回のLightroom2の優待販売はタイミングが良い。

Lightroomは僕もそうなのですが、すでに仕事の中心に位置するソフトになっています。多くのカメラマン、写真家も同じでしょう。増え続けるデジタルフォトにはこのソフトしかないと言っても良いくらい。

今後もすばらしいソフトに育っていって欲しいと思います。

|

« ついで需要 | トップページ | 初めての動画編集 »

コメント

わたしもRAW現像するのはもっぱらLightroomです。
先生と比較するのはおこがましいのですが、Photoshopの前の段階として必須となっています。
確かにおっしゃられていることを、そのまんま感じていたのですが私だけではなく、かつ第一線のProfessionalがこういう意見を書かれるというのは安心しました。

沢山撮ると時間がかかるんですよね...........

「時短」させるためにMac Proにしたのにな〜なんて考えながら現像してました。
画像処理アプリではデファクトスタンダードなのですからAdobeさんには頑張っていただきたいですね。

投稿: mumu.com | 2009.12.08 22:12

mumu.comさん、ありがとうございます。
先生なんてとんでもない。川柳の「先生と呼ばれるほど馬鹿じゃなし」って言うのを信条にしております。笑
Lightroomは良いソフトですね。ただもう一歩、更に一歩、進化していって欲しいと思います。
そのためにいろいろな要望を言っていかないと行けませんね。

投稿: tats | 2009.12.10 13:32

現像処理だけでしたら、Lightroomで現像設定が終わったのち、Bridgeでそのフォルダを開いてCamera Rawで現像させたことはあります。
その間、Lightroomでは別のカタログを開いて、また現像設定などの処理を。

現像処理だけを、ネットワークを介して別のマシンのCamera Rawにやらせたこともあります。

今なら2と3Betaは同時起動が出来ますが、3Betaにカタログを作り直さなければいけませんからね〜、これは実用的ではないですよね。

投稿: yukinyaa | 2009.12.13 22:27

yukinyaaさん、ありがとうございます。

そのアイディア、頂き!
ブリッジはほとんど使っていないので、未だにどう使ったらいいのか、分かりません。

Lightroomとブリッジ、両方使っている人って少数なのでは?と思っています。ブリッジ派の人はLightroomはいらない、とか言う人多いですし、Lightroom派の人はLightroom一辺倒だったりで。
表向き似たような両者ですが、根元はフォトショップを仕事の中心に据えるかどうか?コンセプトの違いによって派が分かれるという感じですね。

投稿: tats | 2009.12.15 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついで需要 | トップページ | 初めての動画編集 »