« 東京国際映画祭へ | トップページ | CG-211の購入理由 »

2009.10.18

キャッチライト

091018img_0009日曜日の撮影は、お昼に宣材撮影。その後、商品撮影という仕事でした。

この日の宣材撮影にテストで入れてみたのがキャッチライト。

もちろん、キャッチライトはいくつも入っています。さらに足したと言うこと。

使った機材は35カメラ用の小型ストロボ。ナショナルです。
091018img_0010モデル撮影ではそれほど絞りたくないため、ストロボの光量は極限まで落とします。僕の持っているコメットCSb1200では12wsまで落ちます。
上下のボックスはそれぞれ20と12ws、サイドから6Wsのサンスター。たいていはそんな組み合わせです。
これだけ落としてもISO50でF5.6くらいがせいぜい。大型ストロボを使う意味もないくらいなのですが、安定して発光するのは大型ストロボです。ヘッドに付けるアタッチメントも豊富ですし。

このライティングにさらに今日はナショナルを追加。ナショナルはマニュアルで1/32程度まで落とします。それにいわゆる提灯状のものをかぶせて、スレーブモードで発光させます。

モデルの目にキラッと入れたいとき、大型ストロボのヘッドでは口径が大きすぎるのと、光量が強すぎるのが難点でした。ナショナルなどの小型ストロボは、こういうときには便利なストロボです。モデリングランプがないのが難点ですけど。
高いカメラメーカー純正のストロボなんて買う必要ありません。昔ながらのナショナルが一番信頼できるし、値段も安い。

あとはカメラの感度をどれだけ下げられるか?なのですが、、、ニコンさんは全くそのあたりのことは考えてくれませんね〜〜。今度のD3sを見ると、ニコンの方向性はどうなんでしょう??新しいD3XsでISO25なんてやってくれれば、見直すのにな〜。笑

|

« 東京国際映画祭へ | トップページ | CG-211の購入理由 »

コメント

>高いカメラメーカー純正のストロボなんて買う必要ありません。>昔ながらのナショナルが一番信頼できるし、値段も安い。

tats先生 ごぶさたしています。
これは「巨匠」ならではのコメント。(^o^)
フツーの人は外光オートやマニュアルしかないストロボなんて、使えませんって(笑)
フラッシュメータも持たず、GNすらご存じない方の方が圧倒的なんですから〜。
スキルがないと使いこなせません。

同じストロボ持ってますが、セッティングできる撮影はナショナル。それ以外は純正(もしくは純正と同等機能を持つ汎用/ニッシンとか)と使い分けてます。

でも純正は多機能すぎて覚えることが多く、それはそれで大変です(泣)

投稿: gizmomo | 2009.10.19 08:45

gizmomoさん、ありがとうございます。

さすがgizmomoさんらしい、、

すみません、アマチュアの方の事を全く想定していませんでした。
僕のブログを見ている人ってたぶん、アマチュアの人は少ないんじゃないかと勝手に想像しているのですが、、、>アマチュアの人、コメントしてくださいね〜〜

ちなみにですが、僕も自分のストロボのGNを知りません。計算もして撮った事有りません。
どうしているかというと、、、ストロボの背面に換算表が有りますよね。それに従って絞りやストロボ出力を変えて撮るだけです。フィルム時代からそのやり方だったし、デジタルになっても同じ。デジタルになってからは後ろの換算表も見なくなりました。まず撮ってみる。それから調整するみたいな感じ。
こんなやり方が通用するのは僕の仕事だからというのもよくわかっています。

純正ストロボも多機能で良いのですが、だったらもっとちゃんと写ってほしいと思うのですが、、、露出間違いが多すぎませんか??

投稿: tats | 2009.10.20 16:42

>純正ストロボも多機能で良いのですが、だったらもっとちゃんと写ってほしいと思うのですが、、、露出間違いが多すぎませんか??

TTL調光で当たらない、ということでしょうか?
だとすれば、それは写真に写るカメラのせいです(爆)
しかし、もっともっと当たらないメーカーはたくさんあります。
ご安心!?ください。

投稿: gizmomo | 2009.10.23 09:53

gizmomoさん、ありがとうございます。

僕が使っているのはキヤノンだけなのですが、、、以前、ニコンも一時使っていました。ニコンがこのジャンルでは定評があるのですが、絶対当たるってこともなかったと思います。でも、キヤノンよりは良かったかな。

もっと当たらないメーカーの話はどこかでお会いしたときにでも教えてください。ここで書くわけにもいかないでしょうから。笑

投稿: tats | 2009.10.25 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京国際映画祭へ | トップページ | CG-211の購入理由 »