« 今日のカメラ090902 | トップページ | 納涼会 浜松町もつ福 »

2009.09.09

勉強会 090905

090905img_0228先週の土曜日は電塾の勉強会でした。

朝からどっぷり、、、、

興味のある話はまだ良いのですが、、、興味がなかったり難しかったりの時はつらいです。この日も爆睡している人が何人か、、僕も以前は爆睡していました。運営委員になってから、レポートを書くようになったりで、眠らない癖が付きました。まあ、お金を払って寝てしまうのも、もったいない話なのですが。

この日は午前中がストロボの話。初心者向けだったけど、、、、ジェネレータータイプの話なので。。。この「ストロボ」という言葉自体がすでに人によって差すものがまちまち。アマチュア、一部のプロカメラマンでもクリップオンを差していますが、広告分野では大型ストロボの事を差します。
話が食い違うな〜〜、と思った時は、たいていこの前提が違っている事が多いですね。同じように印刷とプリントの違い。インクジェットの家庭用プリンタでのプリントを「印刷」と呼ぶ人が多くて、それと商業印刷を一緒くたに語られる事が多いです。

この日のストロボはいわゆる大型ストロボの方です。

個人的には初心者向けすぎという感がしましたが、看板通りだったのでそれで良かったのでしょう。

午後からはモニターの話。
ナナオの新しいCGシリーズの紹介でした。山口さんとは以前、僕の事務所で時間無制限でいろいろなお話を伺う機会があったので、僕には分かりやすい内容でした。
でも、どうしてもいつもながら思うのは、複数台持ち込まれたモニターの色、明るさが微妙に違う点。
これの説明も納得しているのですが、、、でも、納得出来ない。笑

結局は限界と言う事なのでしょう。

同じように、世の中のカメラマンが同じようにキャリブレーションをやったとしても、このくらいの違いは起きていると言う事になります。頭では納得しているのですが、、、
自分の環境でベストを尽くしたいので、微調整に恐ろしいくらいの時間を掛けて納品しています。結果的にそれが良いか悪いかは別にして。
僕に出来るのは、その部分だけだし、他で頑張りようもないから。

それを支えるのが信頼の置けるモニターであり、その環境なのです。

ま、なかなか難しいものですが。

|

« 今日のカメラ090902 | トップページ | 納涼会 浜松町もつ福 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日のカメラ090902 | トップページ | 納涼会 浜松町もつ福 »