« PhotoshopCS4でトラブル、、 | トップページ | PhotoshopCS4 トラブルのその後 »

2009.06.17

マミヤでPhase Oneのライブビュー

R0402792ココでも何度か書いていますが、バックタイプのライブビューは35タイプに比べると、かなりつらいものです。

もう、パラパラマンガ、、、そんな感じ。

それほどまでに35タイプのデジカメは良くできているのです。

そんなこと言っていてもバックタイプを使っていてもライブビューを使いたくなるものです。

4×5のカメラに付けてならライブビューは普通に使えます。

問題は中判カメラに付けた状態で。

僕のボディはマミヤ製のPhase One 645です。これでブツ撮りもやっています。

ライブビューも可能なのですが、、、手間が必要です。

まず、スタジオ内での撮影ではストロボ使用がほとんどなので、モードはXにしてシャッタースピードをデフォルトから落としておきます。僕の場合1/80sec。通常撮影はこのモードで。ライブビューにしたい時はモードダイヤルをM(マニュアル)へ変えて、シャッタースピードをバルブになるまで落とします。

これでレリーズをロックさせて、シャッターが開きっぱなしになるので、その後、CaptureOne4.8からライブビューにします。

モードダイヤルを動かす手間はありますが、中判デジタルカメラでもライブビューが使えるのはかなり便利です。

なお、この際には、先日のPhase Oneセミナーでも言いましたが、キーボードショートカットを変更しておくと楽です。
僕の場合は、ライブビューモードにする時は「コマンド+L」です。これはキャノンのEOSUtilityでのライブビューモードが「コマンド+オプション+L」に近似させたから。なお、シャッターを切るのも「スペースキー」に変更しておきます。

これだけで連結撮影時はかなり楽で便利になります。

|

« PhotoshopCS4でトラブル、、 | トップページ | PhotoshopCS4 トラブルのその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PhotoshopCS4でトラブル、、 | トップページ | PhotoshopCS4 トラブルのその後 »