« DSLR Camera Remote でアドホックモード | トップページ | EOS1Dsmk3 故障・・ »

2009.06.05

DSLR Camera Remote 問題点

引き続きDSLR Camera Remoteネタを・・

まず、撮影画像のブラウズですが、コバさんのご推薦のブリッジ、これで十分ブラウズは出来ます。ただ、僕はブリッジが嫌いなので。。。遅くて我慢できません。それと自動更新はされるものの、自動的に最新画像を拡大表示はしてくれない。この2点をクリアするのは相当難しいでしょう。

今日、気がついた問題点。

保存ホルダーに撮影後の画像が入ったまま、再度DSLR Camera Remoteを起動するとアラートが出てしまいます。英語なので適当に流していたら、、保存されていた画像が消えてしまいました。というのは最新画像とファイルネームが同じなので、撮るごとに同じ名前の画像を上書きしてしまうからです。

このDSLR Camera Remoteを使う時は撮影したらすべての画像を違うホルダーに移動しておくか、リネームしておくかをしないと撮影画像を消してしまうことになります。これってかなり致命的。もちろん、起動時にアラートが出ますから、よほどでないとミスはしないと思いますが、、アラートを無視して起動は出来るので、フールプルーフにはなりません。

その意味でも、撮影画像をブラウズするソフトはLightroomが向いているのでは?と思いました。

Lightroomの自動読み込みを使うわけです。この機能を使うと、ホットホルダーの画像を読み込むとそこから画像を移動してしまう仕様になっていますから、上書きされずにすむという使い方です。

DSLR Camera Remoteは非常にユニークなソフトですが、まだまだ使い手の工夫を要求します。そこら辺が僕みたいな人間を引きつけるのだと思いますが。笑

1200円と言う値段ですので、多大な期待はしないように。プロカメラマンが仕事で使うには十分な注意とテストをした方が良いでしょう。

|

« DSLR Camera Remote でアドホックモード | トップページ | EOS1Dsmk3 故障・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DSLR Camera Remote でアドホックモード | トップページ | EOS1Dsmk3 故障・・ »