« 仕事中2009/05/03 | トップページ | Zumba 初体験 »

2009.05.04

ぐるぐる電塾

谷口さんのサイトに先日の勉強会のパノラマがアップされましたのでリンクします。

ここまで作るのにわずか15分程度。。。リンクを張ったりは別作業が必要ですが、驚異的な作例です。

う〜〜っむ、僕の顔がイケてないのが気になる、、、ちなみに修正なども可能です。広告でメーカーサイトに貼るとなると修正なしではつらいでしょうから。

それと、マシンパワーが結構必要なようです。バックグラウンドでこの画像を表示させていると、MacBookAirのファンは回りっぱなしになります。
谷口さんも会場で言ってましたが、このテクニックはもう10年くらい前から有るものです。でも以前と違うのは速い回線と速いPCが普及した為、大画面で緻密な映像をぐるぐる回すことが難なく出来るようになった点です。
これをタイムリーに仕事に結びつけた谷口さんはすごいです。しかもそれを他人に教えてしまうと言うのがさらにすごい。

|

« 仕事中2009/05/03 | トップページ | Zumba 初体験 »

コメント

思ったのですが、別途の有料セッションになっていても良かったのではないかと・・・・。そういうのも選択可能だと話す側にとっても聞く側にとつても将来的にも逆に健全になるような気がしました。

投稿: hanchan-jp | 2009.05.04 12:32

タニグチです。
正直言えばあまり教えたくはなかったのですが、やれと言った(笑)のは湯浅さんですよ。
ただ塾長の教えの、情報発信のところに集まると言うのが一つ、また見ず知らずの私にこれを教えてくれた方がいらっしゃると言うのに何もしないわけにはいかなかったのです。
ただあんなに早く出来てしまい、しゃべる事が無くなってしまったのは誤算でした。
結局すべてをしゃべるはめになったのですから。
冗談はさておき技術の水平展開なんぞすぐに行き渡りますよ。

hanchan-jpさま
有料どころか電塾と言うところはお金を払って教えに行くんですよ。

投稿: T-Photoworks | 2009.05.04 21:19

湯浅さん、谷口さん、hanchan-jpさん、土曜日はお疲れさまでした。
谷口さん、見事なデモでしたね!
自分で実際にやってみて思いましたが、360度と画角は変わってもやはりカメラマンのセンスが大事なことは変わりませんね。
大学時代の友人やスタジオの後輩も手掛けていることが判ったので、彼らとも話してみたいと思います。

投稿: somese | 2009.05.04 23:16

谷口さんの凄いところは短期間に習作以上の独自の視点を感じさせる作品にしてみせたところですね。

投稿: somese | 2009.05.05 00:51

T-Photoworks様、「お金を払って教えに行く」場所って!(笑)私は事前に内容とかよく知らずに行って突然プレゼンを見たので驚いたのと、後からじわじわ余韻がやってきてます。T-Photoworks様の姿勢、とても頭が下がります。写真ってよく考えればシャッター押せば写る、という装置を基本に技量の幅があるわけで、道を究めていく、高品質なものを求めていく、いろいろ深まりがありますね。

投稿: hanchan-jp | 2009.05.05 10:27

hanchan-jpさん、ありがとうございます。
さて〜、どうなんでしょうね〜〜。電塾の勉強会はある意味、特殊。
昨今の傾向としては、自分の技術、知識、ノウハウは公開しないようにするという方向ではないかと思います。
デジタルテクニックだけではありませんが、写真の根本的な特徴として、他人のまねをしやすいという点があります。
目新しいものはあっという間に食い荒らされて、見る人を飽きさせる。。。その時間が早くなったのがここ10年くらいのような気がします。

有料で自分の技術を教える、、のはアリですが、講師業がメインになると世情が疎くなります。現実離れした講義は学術的には良いのですが、、、

個人的には現状くらいが良いのではないかなと思います。

投稿: tatsphoto | 2009.05.05 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事中2009/05/03 | トップページ | Zumba 初体験 »