« Captureone4.7のハードル | トップページ | ロケ日和 »

2009.04.27

モニターの迷宮

090423r0402672今週の水曜日でしたが、アップルストア銀座でコマフォト主催のマンスリープロフォトというセミナーがありました。講師は僕とはなじみのある塚本さん。電塾の仲間でもあり、APA関西支部の支部長でもあり、キヤノンの撮影会講師としてもご一緒したことがあります。今年のPAGEでも一緒のブースに立っていました。

このセミナーはコマフォトとEIZOの冊子でも展開されています。Webでも展開しているのでご覧になって下さい。今更ながら驚いたのは、EIZOからこんなにいろいろな冊子を配布していると言うこと。ものすごく啓蒙活動に力を入れているメーカーですね。

そうだったのか!デジタルフォトの色

セミナーの内容は冊子とWEBとほぼ同じ感じです。別の話を期待して行った人にはちょっと期待はずれだったと思います。ただ、文章で読むのと、実際に塚本さんがやって見せるのでは、頭への入り方が違うでしょうね。塚本さんの話術は聞きに行くだけの価値はありますし。

さて、このセミナーとは関係ありませんが、、

なかなかモニターの迷宮は深いな〜と、思っています。
僕のメインモニターのEIZO CG-19ですが、今のところ大きな不満はありません。ただ、、、狭い点。昨今のアプリはワイド画面を前提としたインターフェイスになっています。デュアルモニターで対応しているのですが、、、いつまでもそうはいかんでしょう。

次世代メイン機の候補として買ったのはNECのLCD2690WUXI。AdobeRGB表示はさぞや!・・・と思って買いました。ちょっと前は夢のモニターでしたからね、AdobeRGBのモニターって。でも、印刷前提、Web前提の仕事が多い僕には、却って色が違いすぎて混乱するだけでした。ハードウェアキャリブレーションもナナオに比べて遅いし。そんなことで今はスタジオでの撮影専門モニターになっています。

かといってナナオの24inchのCGでは、、、これもナナオ様から数週間お借りしていたことがありますが、メインモニターにするにはちょっと・・・去年出た22inchのCGはどうだろう?と考えていますが、先日、知り合いカメラマンが使っていると言うことで聞いてみると、やはり、目が疲れるとか。。

EIZOからIPSで24〜26inchくらいのCGがでないのだろうか?たぶん、僕たちカメラマンにとってこのクラスがもっとも待ち望まれているはず。

VAタイプがダメ、と言う気はないのですが、、、どちらを選ぶか?と言われればIPSです。毎日何時間も使うものだし、買い換えもそうしないし、多少高くても良いモノを買いたいですね。
たぶん、、、現時点ではCG211を買うのがもっとも後悔がなく、コスト的にも妥当なところでしょうね。

|

« Captureone4.7のハードル | トップページ | ロケ日和 »

コメント

いつも楽しく拝見させていただいております。tatsphotoさんおすすめのCG211モニターを最近購入しました。おかげで、人肌のレタッチの作業効率UPしました。大変満足しております。

投稿: nax | 2009.04.27 21:45

はじめまして
本音の書き込みに少しハラハラしながら
いつも楽しく拝見させて頂いています。
私は普段CG210を使用しているのですが
一応AdobeRGB対応も必要と考えCG241Wを
購入したりしましたが、生理的に駄目でした
結果誰にも使われず遊んでいます。
部署内全員の感想なので、個人的な好みとかではない
部分だと思います。
CG210,CG211のビシッと筋の通った安定感のある
グレー特性や自然な階調表現はこれ使っとけば間違いなし
だと思います。
え、AdobeRGBはどうするのか?って
そのうちもっといい物が出てくるでしょう、、、笑)

投稿: goopapa | 2009.04.28 09:32

 2690WUXi、2690WUXi2をマルチモニターで使っています。2690WUXi2はWUXiに比べて色域が広がり、AdobeRGBモードで撮った写真の、特に緑の再現性が向上した気がします。正当進化といったら言い過ぎでしょうか?時間はかかりますけれども、Spectra Naviのお世話になっています。EIZOの現行機種には食指が動きません。今からCG211を買うのも何かなーという気がします。
 
 90年代、別売りモニターと言えばNANAOであり、同社製のCRTディスプレイを高いお金を出して購入したものです。
 昨今のNANAOはどうも...。年がら年中バーゲンのメールが届きます。値崩れを嫌うがあまり、無理な直販体制を維持しようとする姿勢にも懐疑的です。
 
 液晶パネル業界の再編が続く現在、優れた国産パネルを使用したモニターを手に入れることが叶わなくなってきましたね。悲しいことです。別売りモニターの国内市場規模がどれくらいあるのか知りませんが、写真家の希望を叶えてくれる高級モニターが再び登場してくれることを願っています。私もVAパネルには否定的で、IPSパネルの復権はないのでしょうか?
 
 東芝のREGZAがAV各賞を総なめにしている背景は、貴重になった37inchと42inchに採用されているIPSパネルの優位性の証左ではないでしょうか。そんな気がします。

投稿: T.Watanabe | 2009.04.29 23:38

naxさん、ありがとうございます。
CG211をお使いですか〜!
一番間違いのない選択ですね。商業印刷を最終にしている人にとっては。プリンターからのプリントが最終の人にはまた違う選択肢があるでしょうけど。
僕もいつかは買う、と思いつつも、ついつい後回しになっています。

投稿: tatsphoto | 2009.05.05 16:03

goopapaさん、ありがとうございます。
CG241Wはやはり、でしたか。。
悪いモニターではないと思うのですが、カメラマンの仕事で使うにはどうかな〜、と思います。やはり長く使うものですからね。買い換えもそうそうしないし、、、そう考え始めるとなかなか次のモニターを買えなくなります。

投稿: tatsphoto | 2009.05.05 16:06

T.Watanabeさん、ありがとうございます。
新旧2690を並べて使っているって!日本でもお一人位じゃないですか??2690の旧型を使っていますけど、あの内容など新型を買う気にならなかった僕です。かといってEIZOの同クラスも、、
コレ!っていうものがないのが現状ですかね。
EIZOから新しいCGが出るというウワサもありますが、、どうなりますやら・・・

投稿: tatsphoto | 2009.05.05 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Captureone4.7のハードル | トップページ | ロケ日和 »