« APA新年賀詞交換会 | トップページ | 秋葉へ2009/01/17 »

2009.01.18

Eye-Fi shareカード バッテリー駆動ルーター

20090117r0402462全国1万人のEye-Fi shareカードファンの方、お待たせいたしました。続編です。笑
1万人は大げさ過ぎか?でも10人くらいは居そう・・・

Eye-Fi shareカードをロケ現場で使ってみて、ちょっと問題がありました。

無線LANのアクセスポイントから離れると受信しないこと。

これが僕の使っているプラネックスの安い無線LAN装置のせいか、受信可能距離が結構短いのです。

先日の撮影は店舗内でした。アパレルのお店だったので店内は結構ごちゃごちゃです。機材が邪魔にならないように片隅にまとめて、そこの電源を使って無線LAN装置を置いておき、MacBookも同じ場所で使いました。
カメラは店内カットや人物カット、目的の商品カットなど、あちこち動き回ります。
機材置き場から近い場所なら画像の転送は問題ないのですが、これが離れるととたんにダメ。MacBookは電池駆動できるのでACから切り離してカメラの近くに持ってきても、アクセスポイントが離れているので受信しません。

アクセスポイントもカメラやMacBookの近くにあれば解決なのですが、、

問題点は無線LAN装置はAC駆動しかできない点。

で、考えたのは同じ電圧、電流を供給できれば、電池でも動くだろうと言うこと。

20090117r0402463プラネックスの仕様から3.3Vで1.5Aと言うことで、充電式の電池3本を直流にすれば、同じような電圧、電流になるかも?と考えました。

で、秋葉に行って買ってきたのはこの電池ボックス。

これにエネループを3本入れると計算上は3.6Vになります。0.3V多めになりますが、、、この手の規格では若干のマージンは考えられているだろうと、勝手に思い込み。。笑

とりあえず繋いでみるという博打を打ちました。
20090117r0402461ということで、あっさり使えることに。。。笑

これで、アウトドアでも無線LAN転送が出来ることになりました。

テストしかしていないので、どのくらい電池が持つか?全く分かりません。
また、電圧、電流が規格通りではないので、今後どういう不具合が出てくるのかも分かりません。
最悪、ルーター本体の損傷、火災の恐れもあるかもしれません。

ここでいつもの注意点!
もし、まねをしても、僕は一切の責任を取れません。機材の損傷、発火による火災など、そのせいで家や仕事を失っても知りませんよ。まねする人は自分ですべての責任を取って下さい。

|

« APA新年賀詞交換会 | トップページ | 秋葉へ2009/01/17 »

コメント

ものすごくツボな内容でびびりまくりです。
「バッテリー駆動 ルーター」などのキーワードで検索してあれこれ悩んでいました。今朝も同じようなネタで検索とかしていました。。。。

電圧×電流=消費電力?そのあたりよくわからないけど、、、。(涙)
(別の方法もアイディアとしてあるのですが、まだ試してません。うまくいったらもちろん報告します!)

投稿: hanchan-jp | 2009.01.18 12:28

hanchan-jpさん、ありがとうございます。
キーワード検索に引っかかるようにタイトルを換えておきました。笑
電池駆動装置は簡易的なもので、、、最初はUSBから電源を撮ろうと思っていました。電圧が5Vなので変圧する装置を作らないとダメだし、、なので、今回のような荒技に出ました。
本当はこの電池駆動でもちゃんと3.3Vになるようにして、ヒューズをかませるような基盤を通した方が良いでしょうね。

このあたりは電気の詳しい人がそのうち後追いすると思いますが。

別のアイディアもぜひ見せて下さいね。

投稿: tatsphoto | 2009.01.18 17:45

突然の投稿失礼いたします、以前にとあるところで湯浅さんにお会いしたことがある者です。

私自身、Eye-fiも無線LAN搭載のカメラも持っていないので試すことができないのですが、もしお時間があれば今よりも便利になるかもしれませんのでご興味があればお試しいただけますか。

MacBookやMacBook Airのメニューバーより、AirMacの扇型のアイコンをクリック(このアイコンが無ければシステム環境設定のネットワークのところから表示させることが可能です)し、「ネットワークの作成」を選択するとMacBookを起点とした無線LANを組むことが可能です。このネットワークにカメラやEye-fiを接続することはできませんでしょうか。

難点はMacBookをインターネットに接続したい場合は優先LANやUSBデバイスを使用しなければいけない点ですが… 撮影中にインターネット接続が不要であれば問題ないかと思います。

自身で確認していないものをこんな投稿差し上げるのも恐縮ですが、お役に立てれば幸いです。

投稿: KT | 2009.01.18 21:12

こんばんは、二度目のコメントとなりますhiroωと申します(実は電塾の勉強会で一度お話しさせていただいてたりします)。

ぼくもEye-Fiにはすごく興味があり、本文の方をたいへん参考にさせていただいてます。

ところで、ぼくはD3からMacBookへWT-4経由でデータを飛ばしてますが、その時LogitecのLAN-PWG/APRをAPとして使用しています。こちらはUSB電源で利用できますので、現場でのセッティングはとても楽ですよ。多少受信範囲が狭い感じがしますが、速度も他のAPと体感的には変わりませんでした。

それから横レスで失礼しますが、Eye-Fiはアドホックモード(Macとの直接接続)が残念ですができません。外部APが必須となります。

投稿: hiroω | 2009.01.18 21:55

KT さん、ありがとうございます。
え?どこでしょうか?ちょっとヒントを。。。
手元にカード、カメラがないので試せないのですが、、、たぶん、難しいような気が、、、設定画面に無線LANのアクセスポイントを指定するところがあるので、そこにマックを指定できるのか??やってみないと分かりません。
明日は朝からロケなので後日になりますが、やってみたいと思います。

投稿: tatsphoto | 2009.01.18 23:21

hiroω さんありがとうございます。
良い情報をありがとうございます。
先ほどアマゾンで発注してしまいました。笑
いったいいくらつぎ込む気なのか??
乗りかかった船なので、皆さんの情報を頼りにしながら使えるものにしていきたいです。

投稿: tatsphoto | 2009.01.18 23:23

エネループ使用による心配点ですが、この程度の誤差は問題ではありません。実用上で特に障害にはならない筈です。

それと、室内撮影で電波が届かないというのはスペック的には考えにくいので(設定で電波出力を小さくしてるなら別)、何か金属が邪魔してるとか、他の電波源があって妨害してるとかだと思います。無線LANの電波は極めて直線性が高いので、例えば間に金属棚みたいなものがあるだけで駄目です。アクセスポイントが目視出来るかどうかが一つの目安です。

投稿: Shimizu | 2009.01.19 04:21

Shimizuさん、ありがとうございます。
Shimizuさんが大丈夫って言ってくれるだけで安心できます。笑

すでに仕事で使っていますが、やはり無線とは言っても直接見えるような場所にある方が良いですね。

と言うことで、新たな無線LANルーターを買ってしまいましたが、、、

投稿: tatsphoto | 2009.01.20 20:01

湯浅さん、hiroωさん

お役に立てるかと思いましたが、ダメでしたか… 混乱させてしまいまして申し訳ありませんでした。残念です… 私ももう少し調べてみます。


ちなみに湯浅さんとお会いした場所ですが、3年ほど前でしょうかこのBlogに私のお話を出していただいたことがあります。会社の規則で立場を明かしてコメントをすることができませんが、湯浅さんの青い小さい物を交換したことがある者です(笑)。

投稿: KT | 2009.01.20 21:41

KTさん、ありがとうございます。

う〜〜ん、思い出せない。。。すみません。
日々、いっぱいいっぱいなせいか、思い出せないことが多くなる一方です。
どこかでお会いしたときに種明かししてくださいね。

投稿: tatsphoto | 2009.01.23 13:11

 乾電池駆動、ルータで参りました。しかも同メーカー同一製品を持て余しており感動を覚えてます。
 非常に参考になりました。m(_ _)m

投稿: Nina | 2012.01.30 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« APA新年賀詞交換会 | トップページ | 秋葉へ2009/01/17 »