« 開店休業中 | トップページ | PhotoshopCS4の進化 パノラマ編 »

2009.01.08

最近気になったブログ 2009/01/08

最近気になったブログ二つです。
from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

カメラマンへの道

マッシュは僕が若い頃にお世話になった伏見さんのブログ。
タクマさんは活躍している写真家の方です。

どちらもなかなか考えさせるものがあります。

若い、この世界に入ろうという人たちに、どれだけ魅力のある世界なのか?示すのは難しいことです。
アシスタントにならずに成功している写真家の方も多い今の時代ですが、出来ればアシスタント、スタジオマンは一度くらい経験した方が良いと思っています。
また、カメラマンになったからと言って、バラ色の世界が待っているわけでもなく、、、特に仕事のない時は誰しも不安に襲われます。あのタクマさんでさえそう思うと言うだけで、気は楽になるお話ですが。

今月でうちもアシスタントが居なくなります。

今、次も常駐のアシスタントを持つかどうか?すごく悩んでいます。無名の僕レベルのカメラマンのところに来る人は、ある意味、限られています。その人たちにどんな未来を示せるのか?

カメラマンは掃いて捨てるほど居るけど、アシスタントのなり手は少数と、かなりいびつな構造のこの業界です。
まずは自分自身が「未来は明るい!」と言い切れるようにならないと・・・

|

« 開店休業中 | トップページ | PhotoshopCS4の進化 パノラマ編 »

コメント

こんにちは!以前に社交ダンスの撮影をお聞きした物です。今回お聞きしたいのは正月にヨドバシで撮影会のライティングの件ですが・・・
写真で見るとボックス2灯以外に傘バン(傘トレ)が見えるのですが、役目はなんでしょうか?
お願いします。。社交ダンスは何とか撮影しましたが、トッププロのダンスは早くてファインダーで追いかけるのに苦労しました。ストロボ使用により影ができたのも、ちょっと後悔してます・・・

投稿: kuma35 | 2009.01.09 09:30

こんにちは、最近気になったブログを読みました。謙虚さと反省と身の丈に合った言動を常に心がけているつもりですが、気分に大きく左右されること多々あります。順調な時はすべてのことに対して感謝しようとし、逆境の時は感謝もせず落ち込み、修行という簡単な言葉で我慢をすることが私は多く、順調であっても逆境であっても常に心水平にし、自分が存在していることに、ありがたさを感じる心を目指したいなあ~と思う今日この頃です。他人様によって生かしていただいてるわけですからね、自分一人で生きているわけではないですからね。

投稿: よしだ | 2009.01.09 16:06

いや〜、人を雇うてのは色々と大変ですから、そんなに深刻に考えても仕方がありません。開き直って「縁だよね」くらいに思っておくとよろしいのでは。特に個人レベルでの雇用関係は、まさしく「出会い」みたいなもんです。

横から口を挟むみたいで恐縮ですが、ダンスのように動きがキビキビしてる物はシャッターチャンスがつかみにくいです。特効薬はないですが、私の場合は新体操を撮影してみて掴み方のコツが少し分かったように思いますです。新体操はフラッシュを使えないし室内だから光量を充分に取れない上に動きが早いので、身近なものとしては非常に難しい格好の課題かと。

投稿: Shimizu | 2009.01.09 22:56

カメラマンとして仕事をしていく上でなんらかの下積みは絶対的に必要だと思いますし、そういう意味でアシスタントやスタジオマンといった経験も重要だと思いますが、カメラマンに要求される技術も多様化している昨今、アシスタントにならない若者が増えているのも理にかなっているようにも思えます。

写真が撮れれば仕事になった時代に下積みをしたカメラマンのアシスタントになって技術だけを身につけても、これからの時代生き抜いていけるとは思えません。

技術的なバックグラウンドをしっかりと身につけたうえで、カメラマンとしての自分のブランディングができる、自己プロデュース能力のあるカメラマンがこれからの時代は成功していくのではないでしょうか。

生活の不安は尽きませんが(笑)、安定しているだけの時代よりもずっと面白い時代だと楽しんで良い仕事をしたいですね。

投稿: ASH | 2009.01.10 04:20

kuma35さん、ありがとうございます。
ライティングの解説ですが、このセットはポートレートの基本とも言えるセットです。セットに向かって左がメイン、右はその影を弱くするための押さえです。右奥に見えるのはモデルに対しての逆光を当ててます。古い業界の人はけずりと呼びました。このライトは背景紙にも漏れているので背景のグレーバックにグラデーションを付ける役目もあります。

ダンスの撮影ですが、状況はかなり厳しいと推察されます。動きを止めないとならない点、これが一番大事ですが、ストロボを使うと当然影が出ますし、素人くさい写真になります。出来ればその会場の照明だけで撮れればいいのですが、大きな大会でないと暗いでしょう。あとは高感度に強いデジカメを使う、、、くらいしか対応策がないのではと思います。このあたりの対策はママさんバレーを撮っている人やダンス発表会を撮っている人と同じではないかと思います。

投稿: tatsphoto | 2009.01.10 11:11

よしださん、ありがとうございます。
良い言葉ですね、、、なかなか自分自身では出来なかったりしますが。。。
いつも思うのは、良いときには悪い種をまき、悪いときには良い種をまく、ということです。
調子が良い時って、人間、誰しもがおごり高ぶります。反対に悪くなるとたんに平身低頭、、仕事の受注で成り立っているカメラマンにとって、忙しいときはけんもほろろに仕事を断り、仕事がなくなると、あちこちに頭を下げて仕事をもらいに行く、、
有ってはならないことですが、よくある話です。
仕事があってもなくても、精神的な余裕が筆ですね。

投稿: tatsphoto | 2009.01.10 13:20

Shimizuさん、ありがとうございます。
そうですね〜、ロマンチックに言えばそうなんですが。。。
たいした給料も出さない、休みは不定期、将来は見えない、、、では誰も来ないです。
安い給料なので地方出身者は難しい、かといって都内の実家住まいの子はハングリーさがない。。。アシスタントにハングリーさは必要ないかもしれませんが。
今の加藤が本当に良くできた人間だったので、次が余計に難しいです。

投稿: tatsphoto | 2009.01.10 13:26

ASH さん、ありがとうございます。
そうですね〜、面白いと言えばそうですが、、
僕がフリーになったのは今から13年前、、、今が不景気の底だから、と言われ続けて10年以上、、笑
今年はさらに悪くなる、ナ〜ンテ言われるとがっくり来ます。
まあ、どんな時代でも出てくる人間は出てくるわけで、、、僕なんか、どうやって生き延びていくか?考える毎日だったりします。笑

投稿: tatsphoto | 2009.01.10 13:30

不景気ですね。単価は確かに下がってます。
コマフォトのアンケート見ましたが自分は仕事も収入も増えた
(微増ですが)15%の所に何とかいます。1万円程度の撮影も
断らず受けてそこからまた仕事を引っ張るの繰り返しでした。
車を軽に買い替えたのも経費を落すためで出張費も厳しい所
ありますよね。そういう所も残さず拾うには経費を抑えない
といけません。リッター15キロ(ハイオクですが)走って
くれますし、軽だと撮影場所の隅っこに駐車する事も出来ます
ので県外の撮影も楽になりました。この前は茨城の撮影3個所
で合計270キロ走ってガソリン代が2000円でおつり来ました。
こうやってマネージメントオフィスに登録していて県外から
安く撮ってくれるカメラマンに攻め込まれる形になるので
さて協力するのか?取り合うのか?今年は戦国時代みたいに
なるかも知れませんね。湯浅さんのようにアシスタントさんが
雇えるだけうらやましいです。私は機動力を得たので県外を
重点的に攻めようと思います。

投稿: Daisuke Kudo | 2009.01.11 11:01

Daisuke Kudoさん、ありがとうございます。
新車、活躍してますね〜!
安い仕事や細かい仕事、、そういうのをすくい取って次につなげていくのは商売の基本ですよね。損して得取れ、と言うことです。
常に積極的に攻めていく Daisuke Kudoさんを見習わないと・・

投稿: tatsphoto | 2009.01.11 12:52

こんばんは、初めてカキコ致します。
いつも、楽しく購読しております(笑)

さて、苦情と言うほどでは、ないのですが
「カメラマンへの道」のタクマさんは、若手ではありませんよ!
多分、50代です。そして、APAの正会員です。
名簿のP.134を見てくださいね!

と、言っている私もAPA会員です・・・。
では、また・・・。

投稿: こういち | 2009.01.12 02:36

こういちさん、ありがとうございます。
修正いたしました。
タクマさんを始め各方面にはご迷惑をおかけしてすみません。
こういちさん、ご指摘痛み入ります。
今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

投稿: tatsphoto | 2009.01.12 11:03

この記事へのコメントは終了しました。

« 開店休業中 | トップページ | PhotoshopCS4の進化 パノラマ編 »