« Eye-Fi card | トップページ | 忘年会 仕事編 »

2008.12.27

Eye-Fi Share カード 使える!

Eyefi2ゆっくりと起きた土曜日の今日、Eye-Fi Share カードを家のマックにつないでみました。

Eye-Fi Share カードという検索をかけると設定などはいくらでも出てくるので書きませんが。。。

カメラマンとして使えるかどうか?ここを見ていただいている人の興味はそこでしょう。

ハッキリ言って、、、、使えます!

これは革新的とも言えますね。
本来の目的はコンパクトデジカメでの使用を前提としています。普通のSDカードだと撮影後、カードを抜いてカードリーダーに入れてデータコピー、、もしくはデジカメにUSBケーブルをさしてデータ転送を行いますが、それを無線LANを利用してワイヤレスで転送するというものです。

その本来の使い方では当然問題ありません。

僕たちプロカメラマンが使いたいのはその先。。。

撮ったそばからPCに軽いデータだけを飛ばして、それをクライアントに見せたり、スタッフのプレゼンに使ったり出来ないか?という要望です。

昨日、スタジオでちょっとだけテストしてみたところ、キヤノン1Dsmk3のJPEG-Sデータをマックに飛ばすことは簡単でした。マック上の特定ホルダーを転送ホルダーに指定しておけばそこにじゃんじゃんデータはたまっていきます。

さらにそのホルダーを画像アプリの監視ホルダーに指定しておけば、撮ったそばから画面に画像が表示されます。今までのテストではPhase OneのCaptureOne 4.1.1とAdobeのLightroom2.2で最新画像を読み込むごとに画面いっぱいに自動表示が出来ることを確認しました。

これってすごいことで、擬似的な直結撮影をやっているようなものです。

しかも重たいRAWデータはカメラ内の速いCFカードに保存しますから、転送時の負担もまあまあ許容範囲でしょう。また、このメリットを享受できるのはキヤノンの1D系だけです。1D系を使っているプロカメラマンにはかなり使えると思います。

ちなみにですがRAWファイルフォーマットや動画ファイルなどは一切受け付けません。無線LANで転送できるのはJPEGファイルのみです。

Eyefi1
写真は設定画面。カードの転送先などはウェブ上で設定します。転送先を変更するとか、使用する無線LANを変更するときは設定が必要です。ただ、一度設定すれば記憶されているので後は気にしなくても大丈夫です。

カメラメーカー各社から後付の無線LAN装置を出していますが、、かなり金額が張ります。しかもカメラ本体から出っ張るし、、、設定も面倒。。。その点このEye-Fi Share カードはカメラ内に入ってしまうのでカメラ本来の操作性は全く変わりません。1D系ならある程度の防滴性はあるので、雨の中での外ロケで使って、車の中にPCと無線LANアクセスポイントを置いておけば、どんなに厳しい条件でもその場確認が可能になります。それが1万円ですからね。
注意!この点ですが、まだ外でのテストをしていません。ネットに接続していない状態で使えるものなのかどうか?試していません。外で使いたい人はもう少し情報が出るまで待った方が良いでしょう。

まだまだテスト不足ですが、1D系使用のプロカメラマンなら絶対買いの一品だと思います。

なお、老婆心ながら、、ニコンのD3もダブルスロットでSD-CF変換アダプターを使用すれば使えるらしいですが、、カード自体が無線LANのアンテナも兼ねていますから、飛距離は当然短くなるでしょう。
それと、昨今の円高から海外通販で買うという人もいると思いますが、法律的な問題と国内でのサポートがない点を考えると、1万円で正規品が買える今ならあえて海外通販で買うメリットは薄いと思います。

|

« Eye-Fi card | トップページ | 忘年会 仕事編 »

コメント

湯浅さま、レポートありがとうございます。
使えそうですね。
後は、カメラの問題だけです。
1Ds3ではアルバム用に記録するRAWが無用の長物。
でも1Ds2は1台しかもってないのでもう1台中古を買うか?
ホントは1200万画素フルサイズの1系が出れば申し分無いのですが・・・。
1D4がフルサイズにならないかな〜。

投稿: pak | 2008.12.27 18:08

はじめまして。
岩手の片田舎で細々とカメラマンをしているアタリメと申します。
私と同じような事を湯浅様のような方も考えていた‥‥という事に、カメラマンとしてちょっとだけ自信が持てました。

私の場合PENTAXを使っており1D系のようなダブルスロットではありませんが、RAW+JPEGでもJPEGのみが送信されるようです。
ただ、カードそのものが高速書き込みに対応していないようなので、RAW+JPEGの書き込みの間多少待たされるのがネックかもしれません。

当方の仕事場では無線LAN環境を用意してなかったので、今回プラネックスの「GW-MF54G2」を購入して試してみたのですが、これでWAN側を繋がないままルーターモードにした状態でもFye-Fi→Macへの転送が行えました。
ルータの機種によっては出来ないのかもしれませんが、一応、情報提供まで‥‥。

投稿: アタリメ | 2008.12.28 16:01

現時点、外では使えません。
いったん接続をした状態でWANをはずしても、
ブラウザのキャッシュでマネージャーが起動しているので
動いているように見えますが、そのままスリープをかけ外に
持ちだす以外は動作しません。国内代理店にメールで回答を
もらいましたので確かです。

裏技で外でも使う方法がありますが、それだと専用ツールを
使用した方が便利です。

現時点でキヤノンしか恩恵があまりないのが残念です。
CF-SDアダプタの転送速度がボトルネックになり、とても
遅いです。

CFタイプで書き込み速度が現代的、ブラウザとWANに依存しないスタンドアローンのアプリがでれば即追加購入なのですが...


投稿: WongTang | 2008.12.28 20:45

pak さん、ありがとうございます。
1D系の新型、どうなりますかね〜。僕は今のままのラインナップで行って欲しい派ですが。1.3倍は非常に使いやすいと思っています。問題なのは使いやすいレンジの広角レンズがないことで、、、これはもう、「スポーツなどの報道用ですよ」って言っているようなものですね。
それと1Dsmk2でもこのカードは使えると思いますが。

投稿: tatsphoto | 2008.12.31 11:35

アタリメさん、ありがとうございます。
直近の記事にも書きましたが、同じものを買っていました。
考えることはみんな同じ、ってことでしょうか?

投稿: tatsphoto | 2008.12.31 11:37

WongTangさん、ありがとうございます。
WongTangさんはすでにお試し済みと言うことですか?
僕もアップルのAirMacExpressで試した時はだめでした。ルーターの機種にもよるのかもしれませんね。
いろいろな情報が寄せられているので楽しみなこの頃です。笑

投稿: tatsphoto | 2008.12.31 11:39

海外でデビューした日に即PayPalで購入したぐらいに注目し
ていました。ルーターは5機種試しましたが特に問題はなく、
おお!これで現場が変わる?!と喜び、研究を重ねました....

が、いろいろと解っていくと、用途がかなり限定されるとい
うことが判明しました。残念です。

SDカードタイプしかないこと。
 CF-SD変換で速度低下。変換枠で電波が遮られる。
アドホックで使えないこと。
 出先のラップトップ単体で使えない。→いずれにせよ
 使えない。
起動後、WAN側でマネージャーを認識すること。
 これが一番のネック。出先で起動した場合、転送
 出来ません。
書き込み速度が遅いこと。
 もうどうしようもないです。
タイプによって転送速度が違うこと。
 初代タイプだけ11nが使えます。

ダブルスロットかつSDタイプ、振り分け書き込みができて
スロットへの電力がある程度確保されている機種のみが
便利に使えるというスパルタ仕様です。

今後の改良で我々の要望がどれだけ反映されるのかは
謎ですが、一応CFタイプが射程距離に入っているようです。


投稿: WongTang | 2008.12.31 13:10

WongTangさん、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さすがにテストされていますね!ルーター5種類も試すって、、すごいです。
この商品、かなり面白いのですが、おっしゃるとおり、メーカーからの改善がない限り、現状ではいろいろなハードルがありますね。
ただ、カード本来の目的、ユーザー層は僕たちの思惑とは違うところにあるわけで、、、プロ用みたいなものを別に発売してくれると良いですね。
同じようにCFカードバージョンですが、、、これも出したところでどれだけ売れるのか?UDMAの高速タイプがかなり安くなっている点、その上、無線LAN機能を入れ込むとすると、値段はどれくらいになるか?SDカード型が通常のものの4倍の値段になっていることから想像すると、4倍までは行かないまでも2倍くらいの値段になるのか?
そうすると、メーカー純正品の無線LAN装置も視野に入ってくる価格ゾーンになるかもしれません。
まあ、どうなることか、、、春の写真関係のショーで何らかの動きがあるかもしれませんね。
今年もよろしくお願いします。

投稿: tatsphoto | 2009.01.01 12:23

あけましておめでとうございます。

そうなんですよね...ターゲットを考えると、WANなしCF高速版を
売る理由がないですよね...残念。
そして値段を考えると、もっとないですよね。

とはいえ少ない容量でもいいので、ラインナップの片隅に
加えてくれたらなあと願っています。

ようは、バックタイプで使いたいんです。極小サイズの同時記録で
PCで確認できれば気持ちも楽になってよいのですが....

今年もよろしくお願いします!そして正月にお仕事ご苦労様です!
奥さん怒らないのでしょうか....

投稿: WongTang | 2009.01.01 18:59

WongTangさん、ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
バックタイプをお使いですか?だとすると、どっちにしても使用できないような、、JPEG記録が出来るバックタイプってありましたっけ?マミヤは出来ると思いますが・・

ヨドバシカメラのお仕事を受けるようになってから、確かにますます季節感のない生活になってしまいました。お正月の2日から仕事しているカメラマンって、そうはいないですからね。
まあ、それはそれで、いろいろな縁があってのことなので。
女房の方もテレビの年越し番組をやっているので、元旦は明け方に帰ってきます。笑

投稿: tatsphoto | 2009.01.07 17:43

おつかれさまです。
そのマミヤで使えれば本体購入と思っていたのですが残念です。

リーフだと本体のみでiPhoneにサムネイル用の小画像を転送できるみたいですね!
それで似非ワイヤレスをバックでできないかなと思ったのですが、失敗に終わりました。

このEye-fiをどうにかうまく使えないかアレコレためした
のですが、Eye-Fiサーバー必須というシバリが、可能性を
すべてダメにしているのです。

投稿: WongTang | 2009.01.07 21:48

WongTang さん、ありがとうございます。
あ、まだマミヤをお持ちではないって言うことでしょうか?
マミヤのZDバックですが、悪くはないし、値段も安いので、僕も検討はしたことがあるのですが、、、やはりソフトがだめで、、Phase Oneと提携でキャプチャーワンが使えるようになるのかと思っていたのですが、、、

それと、リーフがiPhoneに画像を飛ばせるというお話、去年のケルンで披露されたものだと思いますが、僕が得た情報ではあれも単独でiPhoneに画像を飛ばすというものではなく、ネットにつながったPC経由と聞いています。ですから、今回のEye-Fiとは似て非なるものだと思います。

投稿: tatsphoto | 2009.01.08 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Eye-Fi card | トップページ | 忘年会 仕事編 »