« 因果な商売 | トップページ | TimeCapsuleへコピー »

2008.09.02

因果な商売2

明日納品のプリント待ちなのでまだ事務所です。

先週の海外ロケでの出来事。。。

このロケのお仕事はある著名な先生と一緒にヨーロッパを回って、写真を撮るというものでした。その先生は僕のおふくろと同い年くらいの女性です。

ヨーロッパに渡って数日後、ジュネーブにいる時でした。

本当のおふくろから携帯に電話がありました。

僕くらいの年齢になれば、親からの電話でいい話はないと、誰でも想像できるでしょう。

おふくろは、、、葬儀費用の積み立てをしようかと思っているんだけど、と・・

でも、僕がいるから大丈夫だよね?と、そんな内容でした。

おふくろは今から30年ほど前に親父と離婚して、今は1人暮らしです。離婚後、娘である僕の妹とも疎遠になり、今は僕しか身寄りがない状態です。

電話が掛かってきた時、僕は自分のおふくろと同い年くらいの人と旅行をしていました。>もちろん、仕事です。

僕は18歳で東京に出てきてから、ずーっと東京暮らしなので、おふくろと旅行にすら行ったことがありません。おふくろは自分が迷惑にならないようにと、自分の葬儀費用の心配をしているのに、僕は他人と旅行です。。。正直、落ち込みました。もう仕事辞めて帰ろうか、、、ふと、そんな気持ちもよぎりました。

あまりに仕事に忙しい毎日が続きました。もう何年もです。仕事のためと言いつつ、いろいろなものを犠牲にしてきました。仕事が無くなることが怖くて、怖くて、、何でもかんでもやってきました。

その見返りがあったのかどうか・・

落ち着いたらとりあえずおふくろの顔を見に行こう、、、今はただそれだけです。

さて、、、プリントが終わりました。
因果な商売に戻ります。

|

« 因果な商売 | トップページ | TimeCapsuleへコピー »

コメント

いつも楽しく拝見させて頂いております&勉強させて頂いております。
僕もフリーカメラマンを東京でやっておりまして、近々で言うと嫁が名古屋(里帰り出産)で9月中に子供が出産予定なのですが、仕事で立ち会えないだろうなという予想です。
仕事がなくなる恐怖感というのは僕も常にありまして、将来の不安も多々ありまして、、僭越ながら非常に共感いたしました。

投稿: taka | 2008.09.02 01:25

taka さん、ありがとうございます。
なんかくらい話ですみません。
仕事が不安定だという思いと、大事な人の一度しかない時に行けないというつらさは、カメラマンという仕事以外の人でも、多いと思います。

そんなことは承知の上でこの仕事を選んでいるのですが、いざ自分がそうなると、、ぐらつく自分の弱さを思い知ります。

奥様が無事にご出産なさるようにお祈り申し上げます。

投稿: tatsphoto | 2008.09.03 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 因果な商売 | トップページ | TimeCapsuleへコピー »