« ソニーの攻勢 | トップページ | Adobe Photoshop Lightroom 2 ハンドブック »

2008.09.11

フェーズワン 修理上がり

R0010513フェーズワンがようやく直ってきた。

本国デンマークへ送って修理。また、送り返すという行程になります。

僕の手元を離れてから戻ってくるまで1ヶ月半。予想通りの時間でした。

その間、フェーズワンからは現行機種のP-45+をお借りしていました。これは新品で買うと3年の保証が付いていて、修理の間は代換え品を貸すというサービスがあるからです。

ご存じのようにフェーズワンをはじめとするバックタイプのお値段は高いものです。僕の買値で250万円。代換え品のp-45+だと400万円くらいだと思いましたが。。。
規模の大きい会社、もしくは売れっ子カメラマンならバックタイプを数台持つと言うこともあるでしょうけど、1人でやっているようなフリーカメラマンだと1台でいっぱいいっぱいという感じでしょう。

買う時は極力安くと言うことで、リビルト品の1年保証付きを買ってしまいそうですが、修理のことを考えると、果たして結果的に安い買い物になるのかどうか?よく考えた方が良いでしょう。

さて、この1ヶ月半、現在の最高機種であるP-45+を使っていましたが、、、僕にはそうそう必要はないかな、と思いました。やはり、画素数が多すぎます。所有しているのはH-25と言う2200万画素モデルですが、イマドキのフルサイズデジタル一眼よりも画素数は少ないものです。ですが、そこから出来上がる画像は35タイプとはまったく違うものです。
ではそれが最高機種のP-45+になるともっとすごいのか?と思いがちですが、、実際のところ、それほどの差が見られません。もちろん、画素数が多いので大伸ばしには良いに決まっています。でも、日常使用では大きすぎます。僕の仕事のほとんどは印刷物でもA4くらいです。見開きでもA3。実際のところ、キャノン1Dsレベルで十分です。バックタイプを使うのは画素数とは違うメリットがあるからで。

P-45+の弱点は、安定性。

この一ヶ月、バックとマックの接続には苦労いたしました。一発でまともにつながることが珍しいくらい。相性という点もあるでしょう。でも、H-25はほとんど一発。安定性では抜群です。

もう一つは色むらの多い点。
同じレンズを使ってもH-25の方が圧倒的に色むらが少ないです。ほとんどレンズ・キャスト・キャリブレーションを使わなくても大丈夫なくらい。PはLCCが必須です。これが個体差なのか、機種、CCDの差なのかは分かりません。

僕も今まで、フェーズワン以外、LEAFもハッセルも、バックタイプは使ってきましたが、あくまでテストという短期間でのもの。その個体だけの問題か、機種による問題かは、何とも言えないところでした。

Pシリーズのメリットは、、、なんと言ってもstand-aloneでの使用です。
外ロケに持ち出しましたが、非常に楽です。いくらHシリーズが安定していると言っても、所詮はマックと繋ぐ前提での話。カメラとしては紐付きなので、向かない現場は多いでしょう。

今年中にバックタイプを買い換える予定でしたが、、、ちょっと難しくなってきました。(金銭的にも)
Hシリーズはこのまま残して、もう一台、別の機種を買い足すつもりです。やはり、修理などのリスクに備えるには、1台では無理なので。Hはスタジオ専用機にして、ロケで使いやすい機種、、、

来月のフォトキナが楽しみですね。いろいろ出そうですから。。

|

« ソニーの攻勢 | トップページ | Adobe Photoshop Lightroom 2 ハンドブック »

コメント

こんにちは。
H25→P45+ まったく同じ印象です(笑
スタンドアローンに憧れて購入したとのですが、一度もスタンドアローンで使った事が無く、電池は無用の長物です(笑
高解像度が必要な時にはクライアントへの確認も必要なのでPCは欠かせなく、スタンドアローンが必要な時は1D系ですね。
低価格でH65が有ると良いのですが(笑

色むらに関して、私は今時の機種としては欠陥商品と思っていますが、時間露光は素晴らしいと思います。
ダルサ製のP65では改善されていると思っていますが?ですね。

湯浅さんはSensor+搭載の65はどうですか?
1/4の解像度で撮影出来るのは良いですね、

何を買われるか楽しみです。

投稿: ito | 2008.09.17 13:04

itoさん、ありがとうございます。

やはりPはそんな感じですか??
実際のところ,ユーザー数が多くないことと、横の交流が持てないということで、自分だけの問題か、機種本来の問題か?切り分け出来ないのが、難しいところですね。

僕が買うとすれば、、、ハッセルのH3D-39の安いものか?マミヤ+フェーズPの安いやつか?はたまたリーフのVマウントか?の3択です。

どれにしても安いこと,ってのが寂しいところですが,、、

マウント問題もあり,今後の選択が、、、

投稿: tatsphoto | 2008.09.20 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソニーの攻勢 | トップページ | Adobe Photoshop Lightroom 2 ハンドブック »