« Dellから出る? | トップページ | 飴ちゃん »

2008.09.24

ライカから

ライカから新フォーマットのデジタルカメラが発表になりました。
ライカ、AF搭載デジタル一眼レフ「S2」を発表

もう、フォトキナが始まったから書いても良いのだと思いますが、、

数ヶ月前、ライカのマーケティング担当の方が来日していました。その時に日本で数人の写真家に見せて意見を聞いて回ったのが、このモデルです。
僕もその数人のうちの一人でした。

そのときの僕の正直な感想は・・・フェイクかな?と、、

もちろん、開発中のうちの一モデルだとは思いましたが、、、僕みたいな無名カメラマンに見せるほどだから、本筋ではないのでは?と疑っていました。

それほど、35ミリフルサイズでもなく、現行中判でもなく、というフォーマットが意表を突いたものだったからなのですが。

日本に持ち込まれたモックを手にした印象は、アサペンの67みたいな感触でした。

シフトも含めた新型レンズを何本も同時に出す予定だと、言っていましたが、、、そのレンズには相当の自信を持っていました。

モックを見せられての僕の意見を求められましたが、、

1:新型フォーマットは確かに面白い。がすべてのレンズをリニューアルしていくことを考えると、、、現実味は?
2:レンズも揃えるとなると、フリーカメラマンにはかなり敷居が高い。
3:現状、Canonの1Dsmk3がデジタルフォトでのベンチマークになっている。値段でも画素数でも。中判デジタルは下から35タイプに追い上げられ、高画素化し、そして、高価格化していく。35からのステップアップは需要があるがあまりに敷居が高い。値段で躊躇している潜在的なステップアップ組を取り込んでいく戦略的な値段を考えると新フォーマットの新型ボディの価格は100万円程度が理想。
4:高価になった中判デジタルはバックタイプのように、付けられるボディの多様性があった方が、結果的には安い買い物になる。よって、一眼ボディ一体型タイプの新ライカは不利ではないか?
5:撮像素子が大型化するほど、手ぶれの影響が大きくなる。IS付きレンズ、ボディ内蔵手ぶれ補正がない新型ボディはその点で不利ではないか?
6:同様にピント合わせのシビアさにAFポイントの数を増やすことが必要と考えるが、新型ボディではそれほどの多点測距ではない。
7:RAWファイルフォーマットがDNGである点が疑問。最近の流行として、RAWファイルにレンズ固有の情報を盛り込み、それを後処理での補正に使うという方法論が一つの流れとしてあるが、汎用のDNGではそれが無理だと思われる。

以上が僕の意見でした。

僕の事務所での会合で述べられたは、、

1:フォトキナでのライカブースをお楽しみにしてください。笑
2:現在の35からのステップアップではハッセルHが主流だが、それ並の値段を目指す。
3:笑
4:レンズまで一貫した設計、製造でこそ、最高のものを供給できる。今あるどのモデルよりも最高の画質を得られると自信を持っている。
5:手ぶれ補正の予定はない。
6:検討中、、だが、現状で十分と考えている。
7:端から補正が必要な画像はできない。つまりそれほどすごい画質が得られるはずである。>レンズにはかなりの自信を持っていると感じました。

以上がライカ側の回答でした。

今日の発表で僕の意見は無駄だったかな〜と言う感じもしますが。。そりゃ、アジアのイチ無名カメラマンの意見なんて、、、ね〜。笑
発表された詳細をみると、すでにコンセプトは固まっていたと思われますね。僕のさわったモックとほとんど同じでしたから。

今回の発表で世界中の写真家が「ライカが、、、やるじゃん!」と思ったはずです。
Canonの1Dsを使っている多くのカメラマンが35の限界を感じていると思います。新5Dやソニーからも出ることになって、すでにフルサイズと言うことだけの差別性、優位性はなくなります。誰もが持つようになった35フルサイズ、、それが当たり前になったとき、どうやって差をつけるか?

新ライカは一つの選択肢を僕たちに見せてくれたと感じました。。

|

« Dellから出る? | トップページ | 飴ちゃん »

コメント

湯浅さん こんばんは。
ライカの件 すごいですね。といっても私には畑違いですが。
それより 今年はじめキヤノンの偉い方が「今年は全カテゴリーに新製品をだす」と発言され,まだ1Dシリーズがまだなので(個人的には1D3nを予測)フォトキナの発表に注目です。
(万一発表になると,さっそく手持ちの1D3を中古店にもっていく方もいるかも)

ところで 5Dmr2のHD動画のサンプルが発表され
話題になってます。正直すごいです。うちの100万の業務用
HDビデオカメラより感度やラチテュードはいいかも。
3番目の映像みるとわかりますが発表前のカメラって「黒塗り」なんですね。
http://www.usa.canon.com/dlc/controller?act=GetArticleAct&articleID=2086
http://blog.vincentlaforet.com/2008/09/20/something-very-interesting-is-comingboth-to-this-blog-and-to-our-industry/
http://vincentlaforet.smugmug.com/gallery/6021407_xEg87/1/#378479692_MRytZ-A-LB

本日は夕方銀座に出て 下記の話を聞く予定です。
Monthly ProPhoto 36
Photoshopのスキルがなくても画像編集ができる!?
プロの常識を覆すNik Viveza
日時:2008年9月24日(水)18:30〜20:00
会場:アップルストア 銀座 参加無料・事前登録不要
出演者:玉内公一(たまうちこういち)

投稿: digicame30 | 2008.09.24 01:43

digicame30さん、ありがとうございます。

動画は全く興味がないので、、何とも、、。

これだけ動画、動画、と騒がれるのなら、同じ撮像素子を使ったイオスマウントのムービーを作ればいいのに、、、と素朴に思いますね。そのカメラでスチルも切り出せます、と能書きを書いた方がよほど売れるんじゃないでしょうか?

タマウチさんのは行けないので、よろしくお伝えください。と言ってももう終わってますね。

投稿: tatsphoto | 2008.09.24 21:16

私は新マウントシステムでの中判デジカメをペンタックスにやってほしかったんですけどね。
旧来のPENTAX645AFマウント無視で。

ライカのこれは似たコンセプトである点で興味を惹かれましたが、これはダメでしょう。

資金面の敷居の高さももちろんですが、純粋な「写真好き」として私は欲しくないです。
システム一式、何の縛りもなくタダでくれるんなら一応使ってみますが、、、
欲しくなる人の気持ちは今のところ想像がつきません。

投稿: 大熊真春 | 2008.09.24 21:25

大熊真春さん、ありがとうございます。
この新フォーマットですが、既存の中判カメラメーカーの発想では無理ではないでしょうか?どうしても有るレンズ資産を生かそうとする、、開発陣は発想は出来ても、それを商品化するほどのパワーを持っているメーカーがどれだけあるか?

同じように35カメラメーカーも35以上のフォーマットを作り出せるか?
コレも無理でしょう。特に日本のメーカーは。
バブル以降の日本人は変質してしまったということはよく言われます。シュリンクの方向ですね。

そんな背景もあって、世界中でこういう発想が出来るのはライカだけだったのでしょう。

先のソニーの攻勢でも書きましたが、このライカも僕の仕事には使えないと思われます。ですが、ソニーα900と同じように、或るジャンルの写真家にはすばらしいカメラになるはずです。

伏見さんのブログにも書かれていましたが、リタイア後、こんなカメラを買ってあちこちを旅できたら、、そんな夢が見られるカメラだと思っています。

投稿: tatsphoto | 2008.09.25 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dellから出る? | トップページ | 飴ちゃん »