« 夕日のすばらしい日曜日 | トップページ | あなたにもできるプロワザ商品撮影 »

2008.07.28

パナソニックオートストロボPE-36S

R0010053クリップオンのストロボを買いました。

写真の真ん中がそうです。

左から、キヤノン純正、今回買ったナショナル、今まで使っていたナショナルです。

右側の古いのはストロボットと呼ばれていたもので、かれこれ10年以上前に買ったものです。クリップオンタイプのストロボは、昔はナショナル、カコなど、カメラメーカー純正ではないメーカーのものが主流でしたが、今はカメラメーカー純正が主流です。高度な露出制御が出来るのがメーカー純正のメリットです。>当たるかどうかは別にして。。。

報道系の人ならともかく、僕の仕事ではそれほど多くの出番はありません。特に僕の場合、機動性を優先させるロケでもモノブロックストロボを使うことが多いので。。電源が取れない、動き回るという時はこういうクリップオンタイプのストロボの出番になります。

そんなことで消耗も損傷もないので、買い換えることや買い足すこともまれな機材です。今回、新たに買ったのは、このところ1人で行く、動き回るロケが多くなりそうな感じのためです。来月の2度の海外ロケもそうですし、、、さすがに海外へはモノブロックストロボを持って行くのは、、出来るだけ軽量にしたいもので。

クリップオンタイプには上に書いたように純正と非純正があります。純正の場合、赤外線通信でワイヤレス調光が可能なっているのが昨今のストロボです。ですが、、、このワイヤレス調光はなかなか使いにくい。
僕なんかは滅多に使わないこともあり、慣れないせいか、かなり手間取ります。しかも、上がりも良くない。。。
撮るたびに若干の明るさ、色の変化が気になるためです。
それと、一番の弱点は、、純正の赤外線通信の場合、発光したりしなかったりすることがある点、、、赤外線を使っているので、確実性に乏しいのです。

そんなことで未だにこの手のナショナルのような非純正ストロボを、普段使っている無線シンクロに繋いで、ワイヤレスシンクロさせる、と言うやり方になっています。

ナショナルはメインの発光部としてグリップタイプを使い、写真のストロボットは補助光扱いです。どちらもですが、古いストロボなので、、ちなみにグリップタイプは僕が高校生の時に買ったものです。かれこれ30年前のもの。>物持ちが良いですね。(笑)

今回、10年ぶりにナショナルを買ってみてですが、、、いろいろ改良(?)されていました。

ケース、シンクロコードが別売り扱い。
スレーブが内蔵になっている。
マニュアル時の光量の調整が細かく、さらにダイヤル式でやりやすい。

など、僕の使い方なら必要十分なスペック。
これで25000円です。純正を買う気なら2台買えますから、非常にお得だと思います。

純正ストロボでもそれほど常にバッチリ撮れるわけでもないですから。。。だったら安く、軽いストロボを複数持っていた方が良いかもしれません。

そんなことを僕が言ってみてもナショナルを選ぶ人が増えるとは思えませんが、、、出来れば無くならないで欲しいと思います。純正ストロボでは、、、と言う人が多いことを祈っています。

|

« 夕日のすばらしい日曜日 | トップページ | あなたにもできるプロワザ商品撮影 »

コメント

いつも楽しみに拝見させていただいています。以前、ラジオスレーブの件でコメントをいただきましてありがとうございました。パナソニックのストロボ…私もPE-28Sを一昨年6台購入してすぐに4台こわれました。リサイクルタイムが早く連射できるので調子こいてパカパカ…中には撮影中に煙が出て来たものもありました。(電池は、エネループを使用していました。)保証期間だったので修理依頼した所、修理に一ヶ月もかかってしまったのにはビックリしました。PE-36S使用レポートをぜひおまちしております。

投稿: nax | 2008.07.29 20:56

naxさん、ありがとうございます。
ナショナルファンですか??
同じのを6台ってスゴイですね。28Sは小さくて手頃なので、僕も考えています。ペンタプリズムに内蔵のストロボよりは遙かに使えそうですし。
36Sは、、、まだ使っていません。使うような仕事がないのですが、、、今週後半か、来週にはそれ向きの仕事がありそうなので、試してみたいと思っています。

投稿: tatsphoto | 2008.07.30 00:02

突然おじゃまします。
京都のアマチュアカメラマンです。

ナショナルのPE-36S、使っています。
ネットで根気よく探せば1万円程度で手に入るので、5個持っています。

アンブレラやレフを使って、こんなところのブツ撮りに活用しています。

http://www.yokotake.co.jp/

で、PE-28Sは買わない方がいいと思います。
わたしも安さにつられて(プリクラに仕込んであるものの放出品をネットで6千円で見つけた)4個持っていたのですが、どうやら放熱に問題があるらしく、室内で西陣織の商品撮影に使っていたら、あっという間に崩壊(融解)してしまいました。
PE-36Sは光量の調節もレンジが広く(1/128までありますね)、使い勝手もいい──。
問題は、シューへの取り付けネジ径が小さくて回しにくく、さらにそのネジが逆ネジなので違和感があることです(なんで逆ネジなんだ??)。

プロの方の使用感に興味あります。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: Nozomi | 2008.10.22 00:07

Nozomi さん、ありがとうございます。
竹材屋さんなんですね。
写真はアマチュアというより、すでにプロの領域では??
28Sに関しては同じような感想です。やはり安いものはそれなり、、、という感じ。36Sはさすがに良くできていますね。これを買ってからキヤノン純正のストロボは使わなくなりました。
純正の赤外トランスミッターで苦労してライティングしているプロの方も多いのですが、そうそうに止めた方が時間も金銭も節約になると思っています。ラジオスレーブは必携ですけどね。

投稿: tatsphoto | 2008.10.23 11:32

竹材店は、社外スタッフということで、ウェブ制作もしています。
他に、京都のこんなところや、

http://www.rakusui.com/
こんなところの

http://www.ueji.jp/
写真も撮っています(ウェブ制作も)。

スレーブ付のストロボと言えば、
シグマ EF-500 DG Super
サンパック PZ5000AF
も愛用しています。
でも、コンパクトで高性能のパナソニックをいちばんよく使ってます。

プロの世界では「赤外トランスミッター」が標準なんでしょうか。わたしもミノルタのシステムでしようと思ったこともありますが、設定がわかりにくくてメゲました。orz

投稿: Nozomi | 2008.10.24 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕日のすばらしい日曜日 | トップページ | あなたにもできるプロワザ商品撮影 »