« ワイヤレストランスミッター WT-3 D200用 | トップページ | ここ数日 »

2008.07.21

DNGって3

Jpeg_0011964昨日の夕飯を食べたお店でGRD2を使って簡単なテスト。

感度を800まで上げて、ライトを撮ってみました。

左の写真はJPEG記録。下の写真はDNG記録です。

先の引用した記事にもありましたが、DNG記録をしてしまうと、ノイズなどがそのままダイレクトに出てきますね。
Dng_0011965カメラ内でJPEGに変換する時、いろいろな味付けをメーカーはやります。
階調を整えたり、色相をシフトさせたり、、、ノイズを変えるのもその一環でしょう。そうすることによってより写真ぽい表現になり、その味付け次第がメーカーの色になるわけです。

リコーのRAWに限ってかどうかは分かりませんが、DNG記録をするとその後付のファクターがキャンセルされてしまいます。メーカー純正のRAW現像ソフトだと、その味付けの部分のみ、ソフトに搭載させたりしていますが、、、
Dng1tiffAdobeでも似たようなことは可能になる時代が来るかもしれません。
今でもLightroomで詳細に自分でパラメータを詰めていけば、それなりの表現が可能になります。面倒なのでプリセットとして、最初からLightroomに各メーカー専用のプリセットを作っておいてくれるとありがたいのですが、、

僕はキヤノンユーザーですが、ピクチャースタイルは非常に便利な機能だと思っていますし、それを使いたいから純正ソフトのDPPを良く使うという結果になっています。

ある意味、カメラメーカーの囲い込みにはまったと言うことでしょうけど、、、僕としては手軽に簡単によりよい写真、自分好みの写真ができあがればそれで良いのです。

良いソフトが出来れば、DPPなんか忘れてしまったかのようにそっちに乗り換えるでしょう。
大事なのは結果ですから。

|

« ワイヤレストランスミッター WT-3 D200用 | トップページ | ここ数日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワイヤレストランスミッター WT-3 D200用 | トップページ | ここ数日 »