« 雨、雨、雨、雨、雨、 | トップページ | ColorEdge CG241W 到着 »

2008.04.11

Lightroom 2.0 Beta

Lightroom20_3最近よく使っているソフトがLightroomです。

Lightroomはココでも何度か書いていますが、アドビから出ている新世代の画像編集ソフトです。

4月になって新たなバージョンが世に出ました。例のごとくベータ版です。

仕事もようやく落ち着いて来たのでインストールして使っています。

最大のポイントはブラシツールがついたことですが、、、

先のブログでアップした画像はこのベータを使っています。
_40j8257今までは画面全体で明るくしたり、暗くしたり、色を変えたりしか出来なかったのですが、ブラシを使うことにより、任意の場所の色、明るさを変えることが可能になりました。
英語版なので使い方がよく分かりませんが、、、試行錯誤しています。

左の写真は前回の写真の元データです。

このくらいはあっという間、、、まさにプリント作業をしている感じです。

_h6x32902たとえば左の写真。

これは昨日雨の中撮ったものですが、、、取材ものではよくあることです。

クリップオンのストロボしか使えないような状況で、後ろの景色もある程度見せたい、人物も自然に、、、でも、時間もないし、セッティングも大げさに出来ない。・・・

よくある話です。

左は撮ったまま、クリップオンの日中シンクロです。

_h6x3290これがLightroomのブラシで修正したもの。

クリップオンの日中シンクロなので、カメラに近いほどオーバーになるのは当たり前。それをブラシで露出を落とせます。また、背景の空。雨模様ですから、当然灰色で飛んでいます。それを若干でも青っぽく、、おかしいのは分かっていますが、見本と言うことで、、笑

写真全体のトーンを整えることが、フォトショップなしで可能になりました。

Lightroom_2
さらに、変更点は書き出しのところでも、、、

シャープネスが加わりました。

今まで現像のところでシャープネスは変えることが出来ましたが、2.0では書き出し時に変えることが可能です。

これで、たとえば同じ画像でウェブ用、印刷用、インクジェットプリンタ用と、違うシャープネスをかけてデータを書き出すことが可能になります。

最近の傾向として、ウェブの仕事も増える傾向ですが、それを印刷用にもデータが欲しいと言うこともまま発生します。これまでは神経質な人だと設定を変えてデータを作り直していたのですが、、、Lightroomに任せることも、出来るかもしれません。

さて、この2.0、メジャーバージョンアップですが、果たして無料のバージョンアップになるかどうか?
アドビはLightroomにかなりの力を入れています。次の時代の画像編集ソフトの柱にしたいのでしょう。
現バージョンはあえてアクティベーションも入れていません。ソフト自体の金額もバーゲンプライスといっても良い値段です。

そこから見えてくるのは、、、、Lightroomなしでは生きていけない!とカメラマンに思わせた頃、アクティベーションの採用と、有償バージョンアップへ移行・・・というシナリオかな〜、、

それが分かっているなら使わなければいい、と言われそうですが、分かっていても使いたくなるくらい、すばらしいソフトです。
バージョンアップが進むごとに熟成されて行ってます。
あとはCMYKのシミュレーション(プリントを含む)とLAN内にカタログを持てるようになって、複数のクライアントからアクセスできるようになったら便利だろうなと思います。

まだお使いでない人!アドビが嫌いでも乗ってみるのも一興ですよ!

|

« 雨、雨、雨、雨、雨、 | トップページ | ColorEdge CG241W 到着 »

コメント

こんちわ。
この記事、リンクさせてください。

投稿: yukinyaa | 2008.04.13 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨、雨、雨、雨、雨、 | トップページ | ColorEdge CG241W 到着 »