« モニターの続き | トップページ | 多忙中・・ »

2008.03.31

土曜日の撮影

R0011344写真は土曜日の撮影セット。

アパレルメーカーさんの展示室でセットをくんでの撮影です。モデルさんは一人で秋冬物をとっかえひっかえ60くらいかな??

以前ブログにも書いたクライアントさんなので、記憶にある人もいるかもしれません。

すでに10年以上、同じ撮影をやっていて、デジタルになった数年前からも、セットは不変です。

ストロボを8灯使っています。

たぶん、「オレなら4灯で出来る」とか「クリップオンで撮れる」と豪語する写真家の方もいらっしゃると思います。僕にはこのやり方が最上だと思ってます。

この日、トラブルが起きたのはカメラとMacとの接続。モデル撮影なので、転送を早くしたかったため、キヤノン1Dmk2を選択しました。予備で1Dmk3。ご存じのようにmk2はFireWire、mk3はUSBです。使用者ならおわかりと思いますが、、、mk3になってからのデータ転送の遅さには参ります。

モデル撮影をワイヤードでやるのはmk3になってかなりストレスの溜まる撮影になってしまいました。
これはmk3が発売になった時から分かっていたことですが、、、>ブログにも書いていましたね。

1D、1Dsに関わらずです。

この日はFireWireのトラブルです。カメラを認識せず、、、USBに比べてFireWireはこの手のトラブルが多いのです。たぶん、メーカーはそれを嫌ってUSBに変えたのだろうと推測しています。

現状、ほとんどの撮影ではmk3の方が良いと思っていますが、このモデルでの直結撮影だけは、、、mk2までの機種が圧倒的に有利です。
そんな理由で、未だに1Dmk2N 1台と1Dsmk2 2台を売れずにいます。特に1Dsは早いところ処分しないと、、、

|

« モニターの続き | トップページ | 多忙中・・ »

コメント

tatsphotoさま。
はじめまして。
徳島のPAKと申します。
ちょくちょく、おじゃまさせて頂いておりました。

カメラ直結撮影の件。
私的にタイムリーな話題でしたので書き込みさせていただきました。

私は1Ds2と5Dを使っているのですが、少しまえからどちらも認識しなくなりました。
ソフトはCaptureOnePro , Eos Utilityのどちらもダメです。
OS10.5.2にアップしてからです。
10.5.1までは可能だったのですが。

5Dはもともと10.5.1のEos Utilityではダメでしたがメニュー画面を接続時に表示させておき、それに関するエラーメッセージが出たらメニュー表示を消すという、裏技?で今回も接続させています。

1Ds2に関しては、どちらのソフトを使っても不能。
困ってます。
ちなみに、MacProとMacbookProの両方で起きている症状ですので、ほぼOSのアップデートが原因かと私は断定しています。

tatsさんのところでは、他のMacではいかがですか?

投稿: PAK | 2008.03.31 10:11

PAKさん、ありがとうございます。
そうでした!!
MacBookProは10.5.2でした。
そうか〜〜、ロケでもMK3ばかり使っていたので、今までトラブルはなかったんですね。

キヤノンでは10.5は未対応(ImageBrowserは対応済みだったか)になっていますので、仕方ないところですね。

ちなみですが、10.5でDPP、EOSUtilityは限定的ながら使えています。1D系MK3はどちらも使用可能です。

キヤノンからは正式対応は5月とアナウンスされていたと思うので、もうしばらくの辛抱か・・・

それにしても各社のLeopard対応は遅い。
アップルの矢継ぎ早のアップデートもメーカー対応を遅くしている原因だと思います。

投稿: tatsphoto | 2008.03.31 12:34

というより、対応しないメーカの問題ですよ。アップルはある日突然OSをアップデートするのではなく、ちゃんと開発者向けにはツールのアップデートを数ヶ月も前からオープンにしてるんですから。

それと、今度のLeopardについては、特にプリンタなど周辺機器に影響が大きい事も事前に分かっていた事なんだから、要するに「出るまで様子を見てた」ってことではないかと。

投稿: YShimizu | 2008.04.01 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モニターの続き | トップページ | 多忙中・・ »