« インフルエンザ? | トップページ | 平成義塾 OB会 »

2008.03.08

タイムカプセル到着

R0011292先週の日曜に届きました〜、タイムカプセル。

タイムカプセルって、なんか懐かしい響きですね。

昔、小学生の頃、卒業記念か何かで、文集や将来の夢みたいなのをみんなで書いて、小学校の校庭の片隅に、ポリバケツに入れて埋めた記憶が有ります。今の子供たちがやっているのかどうかは知りませんが、僕たちの子供の頃には「流行」でした。笑

小学校卒業後、10年経ったらみんなで開けようと、そんな約束でした。

確か、10年後の22歳か、23歳の頃、同窓会があって、そのタイムカプセルを掘り出したような気がします。でも、当時はみんな若かったからね〜、そんな子供時代のものが出てきたからって、さほど感動しなかったような・・・いっそ、30年後の40代になってからの方が、良い思い出になったのではないかなと思います。

僕なんか、「未来予測」とか言って、空にチューブが走っていて、その中に乗り物が動いているみたいな、絵に描いたような未来の絵を描いていたようです。>もう昔のことなので、それすら思い出せません。
あの頃は、未来は必ず明るくて、みんな楽しく生活できる、、、そんなことを何の疑いもなく信じていましたね。
今の子供たちに未来を聞くと、悲観的な意見が多いというニュースを見たことが有りますが、明るい未来をイメージ出来なくなった時代背景って言う感じですね。

おっと、アップルのタイムカプセルの話をしようと思いましたが、前置きだけでこんなになったので、また後で書きます。笑

|

« インフルエンザ? | トップページ | 平成義塾 OB会 »

コメント

あの頃、21世紀なんて遙か未来だなんて思ってたら、そこに生きているんですねえ、我々は。エアカーも無重力装置も宇宙時代も全くなく、強いて言うならコンピュータの発達とネットワークくらいですか、違いは。一応テレビ電話なんてのは実現しましたが、使われないんですね、こういうの。

今の子供たちの感じる未来が暗いのではなく、我々が子供だった頃というのが人類史の中では例外的に未来がバラ色だったんです。人口が増加して地球がますます狭くなるのは確実なので、争い、資源の争奪、公害などどう見てもひどくなるとしか考えられない。我々の未来だって、身体が動かなくなる頃の社会保障などはっきり言って明るくないですよ。

投稿: YShimizu | 2008.03.08 19:58

YShimizuさん、ありがとうございます。
確かに〜!
僕たちの少年時代が例外的に明るい時代だった、、、そう言われればそうですね。
ジョブズもそう言う時代に青春時代だったというの偶然が、今のアップル、iPodなどのアイデアの元になっている、という説を唱える人もいますね。
生まれてくる時代を選ぶことは出来ません。
生まれてきたからには精一杯生きていきたい、、

投稿: tatsphoto | 2008.03.16 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザ? | トップページ | 平成義塾 OB会 »