« ドゥカティ | トップページ | 立川にて »

2008.02.15

MicroSync リモートレリーズ

141216_2祝日の月曜日のお話しです。

友人のダンス・インストラクターから発表会の撮影を頼まれていました。

すでに何回か、この手の撮影はやっています。とは言え、僕の専門分野ではありません。

ギャラの問題もあり、僕一人での撮影ですが、バリエーションを多くしたい、、
ということで、会場の最後列に定点カメラを設置。これで舞台全景を撮ります。それのシャッターをどうするか?
1412162_2MicroSyncの登場です。

上の写真は舞台全景、そして2番目の写真がその部分を拡大したものです。

僕が舞台に乗って、シャッターを押しているのが写っていますね。

MicroSyncはカメラとストロボのシンクロを無線でするものですが、そこにミニジャックが付いているので、接点信号を取り出せます。
R0011264改造は至って簡単。
ミニジャックからのリード線をカメラのリモートレリーズのリード線と結べば良いだけです。

EOSのリモートケーブルが余っていたので、それを切断、単純に繋いでみました。

これをカメラに付ければ、、、

50m位離れていても、シャッターが切れます。
電波式なので直接見えないところからでもOK。


R0011265ゲネプロでは望遠レンズを使って舞台袖からアップを狙い、動きの決まったときにポケットに入れているトランスミッターを押して会場の後ろのカメラから舞台全景を撮りました。

昔からこんなやり方は当たり前でしたが、デジタルになって、ほぼ、無制限にシャッターが切れる点がすばらしい。以前はフィルムだったから36枚しか切れませんでしたからね。
デジタルで押しっぱなしでも大丈夫。笑

やり方によっては、防音ケースに密閉して設置しておけば、本番の時でも使えるでしょう。

MicroSyncは今のところ、2セット持っていますが、すばらしく使えます。
近いうちにあと2セット買い足す予定です。

|

« ドゥカティ | トップページ | 立川にて »

コメント

初めまして。駆け出しカメラマンのゴルと申します。先日この記事をもとに自分でもリモートレリーズ作ってみましたhttp://euphorasia.exblog.jp/8301321/
即興で作ってみた物ですが、取り回しの良さなどやはりMicroSyncの方が秀逸だと思いました。今までは拝見させていただくばかりでしたが、これからはちょこちょこコメントさせていただきたいと思います。有益な情報ありがとうございました。

投稿: ゴル | 2008.04.03 17:36

併せて、リンクさせていただいても宜しいでしょうか?

投稿: ゴル | 2008.04.03 17:52

ゴルさん、ありがとうございます。

リンクはかまいません。ありがとうございます。

無線シンクロですが、お使いのは赤外線タイプでしょうか?それだと難しいですね。
電波式は、公に出来ない問題が根本にあるので、、、それさえご自身で心得れば素晴らしい機材です。

投稿: tatsphoto | 2008.04.07 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドゥカティ | トップページ | 立川にて »