« 1D mark2N vs 1D mark3 | トップページ | MacBook Air 画面共有 »

2008.02.07

MacBookAir キター!

R0011254今日、届きました!MacBookAir!!

今週はいろいろなものが届いて、、、盆と正月が一緒に来たみたいな感じです。>ってオヤジ臭い言い方ですが。。。笑い
その分支払いも、、1Dsmk3とこれで100万コースか、、、、

でも、そんなの関係ねー!!カード支払いなので3月になったら心配しよう。
R0011249さすがに薄くて軽いです。

早速起動。新しいマックを買った後は移行アシスタントで、、というのがマックユーザーの常識ですが、、、

MacBookAirにはご存知のようにUSB以外のインターフェイスがありません。マックの仕様としてファイヤーワイヤーのみ2台のマックを繋いでデータの移行が可能です。

ではどうするか??
無線LAN環境があるところなら、それ経由で別のマックからデータを移行できます。ただ、その際にはその別マックに移行アシスタントアプリケーションをインストールしてある必要があります。

まず、それを今回の場合、MacBookに入れて移行開始してみました。が、、、終了時間が100時間後、、という表示に。ユーザーホルダーに入っている音楽やら写真やら、全部を無線LAN接続でコピーしようとするとそんな表示です。そこでほとんどの書類、写真、音楽など捨てて再トライ。今日は夕方から取材系のロケなので、それを仕掛けて出ました。

数時間後、戻ってみたら、、あと14時間という表示。こりゃ、だめだと思って終了させてしまいました。
R0011250もう、移行アシスタントを使うのは無理か?と思って単独起動させます。

あとは手作業でデータをいれたり、ソフトをインストールしたり。

ただ、ここでCDドライブがないというのが問題に、、、僕の場合、ケチって買いませんでした。だって、近くにあるマックのドライブを使えるっていう話でしたから。

無線LANでは遅いだろうと思って、今度は一緒に買ったUSBーイーサーネットアダプターを使ってイーサーネットからMac Proのドライブを使うという方法を試してみました。

これも、先にMac ProにMacBookAirが共有できるようなソフトを入れないとなりません。再起動後、Mac ProのドライブをMacBookAirから共有できるようになります。ただ、環境設定が必要なので注意しましょう

R0011251試しにキャノンのソフトをMac Proのドライブからインストールしてみましたが、、、結構使えます。

たしかに直結よりは遅いみたいですが、、、感じとしてはUSB接続のドライブ並みでは?という印象です。

このMacBookAirからほかのマックを操れるという感覚。快感です。

「あー、やっぱりこのMacBookAirはドライブなんて持たなくてもよかったんだな」と実感できました。あれがない、これがない、と言っている人はMacBookAirを持たなくてもいいのです。一生、重たいマックを持って歩いてください。笑

MacBookAirはまさに空気。どこにでもあり、どこからでも使える。アップルはそれを実現したかったんだな〜。
R0011252ソフトのインストールを何枚かやって、今日のところは終わりにします。

今のところ、思ったよりもスピードは遅くはありません。と言うよりも、余計なものを入れていないせいか、僕のほかのマックよりも速いですね。結構快適です。80GBという今となっては少なめのHD容量も「本当に必要なのは何か?」自分に問いかけるにはいい機会でしょう。音楽データも動画データも写真データも、ほとんどはサーバーに置いて、必要なときにだけ必要なものを移せばいいのですから。
R0011253これからMacBookAirを買おうという人へ。
CDドライブは買った方がいいかもしれません。デスクトップ機(Mac Pro)を持っている人で1000BASEのイーサーネットがあれば、要らないという僕みたいなやり方もあります。でも、長期的にみれば面倒でしょう。
イーサーネットアダプターは、必要な人は多いと思います。
あとはACアダプターですね。MacBookAir用に小さいのですが。もちろん端子が同じなのでほかのMacBookシリーズと同じアダプターが使えます。が、そのままでは端子が邪魔ですので、専用のものを使った方がいいでしょう。事務所と家用、みたいに2個あると便利かな。

今のところ、バッテリーの保ちもそこそこです。無線LAN環境で5時間ということなので、そんな感じですね。

さて、今日のところはこんな感じで。また時間ができたら書いてみます。

|

« 1D mark2N vs 1D mark3 | トップページ | MacBook Air 画面共有 »

コメント

ほほー。たとえがいまひとつかもしれませんが、CO2削減のために仕事の車を360ccとかマイクロミニの電気自動車にしちゃったら、、、首都高の合流から遠征の取材の積載までこなすのは知恵と工夫とセンスが求められることになりますよね。Airの軽快感のつかいこなしにも発想の切り替えのセンスが求められると感じました。tatsphotoさんが素早い適応力をみせてるのに関心しました。もちろん目指すのは快適性。どちらのどういう快適をめざすのか、その方向性の違いですね。

投稿: はんちゃんJP | 2008.02.08 01:14

Airはその割り切りようがDuoを彷彿させるコンセプトですね。
合体メカ世代には、そのDockシステムにわくわくしました。
PB2400cは、たまに持ち出して使うこともありますが
Duoは眠らせてしまってます。

投稿: Shige | 2008.02.10 07:15

はんちゃんJPさん、ありがとうございます。

MacBook Airは、何というか、メインマシンにはなりません。あくまでもサブマシンですね。それもMacユーザーの。多くの人はこのあたりを誤解しているし、メインマシンとして考えるから不満が出る。。Touchの延長、くらいに思えば良いんですよ、MacBook Airは。
僕が適応力があるかどうかは、別問題として。確実なのは新しもの好きと言うことでしょうね。ただ、仕事で使うものはそうではないですが。。発売される前から予約するなんて、仕事で使うカメラでは絶対にやりませんし。。。MacBook AirやTouchは、あくまでも趣味。(笑)

投稿: tatsphoto | 2008.02.12 23:56

Shigeさん、ありがとうございます。

Duoは名機でしたね。当時はお金もなかったし、高かったしで、全く縁のない僕でした。
それを思うと、今は良い時代になったなと思います。ほんの数年前でさえ、パワーブックは40万くらいしていましたからね。

ワクワクすること。結構重要ですね。歳を取るごとに、この「ワクワクドキドキ」がなくなってきます。自分に刺激を与えていかないと、不感症になってしまう、、それが僕は怖いです。

投稿: tatsphoto | 2008.02.13 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1D mark2N vs 1D mark3 | トップページ | MacBook Air 画面共有 »