« MacBookAir キター! | トップページ | Mac OS X 10.5.2 »

2008.02.08

MacBook Air 画面共有

R0011256Airの話の続きです。

新たに追加されたのが「画面共有」機能。

これ、他のマックから別のマックの画面を表示できるという機能です。

言葉で書くとよく分からないと思いますが。。

左の写真はMacProですが、よく見るとメニューバーが2つあると思います。下の画面がAirの画面なのです。
R0011257この写真で分かると思いますが、、、

Airの画面と後ろのMacProに繋がった画面、同じですよね。

バーチャルPCをいじったことがある人ならすぐ分かると思いますが、同じ画面上で2つのマックを操作できます。

ただし、この条件があります。

まず、繋ぎたいマックはすべてLeopardであること。
次に同じファイヤーウォール内にあること。(まだ分かりませんが、たぶん、ネットからのアクセスも可能だと思います。「アップル・リモート・アクセス」ですね。)
AirのOSには最初からこの機能は入っていますが、他のLeopardにはこの機能はありません。ですからAirに付属のシステムDVDから共有機能をインストールしないとなりません。


R0011259以上の条件を満たせば、、、

起動さえしていれば、そのマックの動作、すべてが遠隔操作できます。

今まで、複数台のMacを使うときはキーボードもマウスも複数用意していましたが、これからは一台のマックから操ることが可能です。

これって、やってみれば分かりますが、、、快感です。笑

まだ二日目のAirですが、これまでのマックにはなかったドキドキ、ワクワクが有ります。

僕の買ってきたMacの中でここまでドキドキしたマックはなかったと言っても良いでしょう。

例えるなら、、初代iPodを買ったときに似ています。

あの時代、一部のマック好きにしか受け入られなかったiPodですが、買った人はその斬新さに一発でやられたと思います。それが今のiPod隆盛の最初だったのです。

同じようにAirは一部の人にしか受け入れられないでしょう。最初は。でも、次の時代を間違いなく変えていく一台だと、僕は予言します。

|

« MacBookAir キター! | トップページ | Mac OS X 10.5.2 »

コメント

Yuasaさんとこのスタジオ環境だと、まさに全環境のコントロールセンタ的使い方がありそうだと分かります。Yuasaさんだと多分ご存じなくて当り前なんですが、技術屋として言うなら「クライアント・サーバ・モデル」という奴に非常に近いコンセプトですね。X端末という感覚でしょう。ご指摘のように、AppleRemoteとまさに同じなんではないかと思われますが、Leopardの新機能って、今まであったものを単に純正として取り込んだ部分が多いのは事実です(Spaceとかもそうです)。

それをアップルらしくまとめたものだという感じですか。家庭に持ち込み、無線LANで繋いでやれば、家の中のどこでも何でも出来る事となります。世の中に無線APが散らばったら、外出先からでも自在に自分の作業環境にアクセス出来る事にもなりますね。どっかの国内メーカも似たものを出してましたが、アップルがやるとこれだけ洒落たモノになるよ、というところでしょうか。確かにある意味、エポックメーキングだと思いますが、iPodほどのインパクトは無さそう。また、わたくし的な環境では今のところ、費用対投資効果は見込めないようです(笑)

そういえば、液晶の画質はどうでしょう?

投稿: YShimizu | 2008.02.11 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MacBookAir キター! | トップページ | Mac OS X 10.5.2 »