« お久しぶりです。 | トップページ | Tokyo motorshow 2007 »

2007.11.01

PhotoshopWorld2007

R0010995ブログもままならないのですが、、
まずはPhotoshopワールドというイベントから。
僕の担当したセッションは中判デジカメの提案というもの。
今現在、多くのプロカメラマンで使われているのは35フィルムボディを起源にするデジカメ。その時代からのレンズを使えるため、ボディを買うだけでデジタルに移行できるというメリットがあり、ここまで普及したわけです。
ですが、フィルム使用時代は35ミリカメラだけで仕事していたカメラマンは、あるジャンルだけに限られていたはずです。
それがデジタルに移行後はほとんどのカメラマンが35タイプですべての仕事をしてしまっています。
じゃあ、フィルム使用時代でもその仕事って35で良かったんじゃないの??
と言うのが素朴な疑問です。

中判デジタルバックは高いから、、という理由もあるでしょうけど、僕はちょっと見方が違います。

バブル以降の日本人はすべてが収縮方向に行ってしまったと見てます。
精神構造の変化、価値観の変化ですね。
「安いもので使えるのなら、それで良いんじゃないの?」と、そう言う方向性です。

以前は少しでも高いクォリティを求めるために大きいフィルムサイズを使っていたのに、デジタルになったらキスデジで良いって、、、??

そりゃあ常にポスターの仕事をしているワケじゃないですから、キスデジでも十分かもしれません。だったら、その仕事ってフィルム使用時代でもkissで撮っていたのか?と問いたい。

不景気だからとか、ギャラが下がったからとか、そんな言い訳もあるでしょう。

だけど、今までやってきたことを否定するようなことは、僕はやりたくないと思いました。

今まで大判、中判を使ってきた人たちが一時、35ボディだけで仕事するのはかまいません。ただ、もう一度、「ナゼ中判だったのか?」自分に問いかけて欲しいと思います。そして、中判デジタルバックを使ってみて欲しいと思います。

そんな提案のセッションにする予定でした。。。
が、当日はバタバタになってしまいました。

取り上げるカメラがあまりに多すぎました。それの抜き差し、セットを変えるのに手間取りすぎました。一応、アシスタントを連れて行きましたが、デジタル機材を完全に任せられる人間ではなかったので、僕がすべての操作をやったため、もたつきがひどかったです。
もう一人、機材セットを任せられる人間を付けるべきでした。
当日のストロボも慣れない無線シンクロを使ったため、飛ばないというアクシデントもあり、、そこらも使い慣れた機材を使うべきでした。

反省点は多々、多々、、、本当に多々ありました。

次回のチャンスを貰えるなら、、、がんばります。

こんな不手際のセッションでしたがお忙しいのにもかかわらず多くの方が見ていただきました。ありがとうございました。

メーカーの方も高価な機材を貸していただき、お手伝いをしていただき、ありがとうございました。
R0010996これらの機材、合計すると余裕で1000万以上になります。それを、何の信用もない僕にポンと貸していただける、、、ただただ感謝いたします。
これも電塾の看板があったればこそだと思います。こんな未熟者を電塾のメンバーに迎えていただけたことを早川さんに感謝の言葉もありません。ありがとうございます。

|

« お久しぶりです。 | トップページ | Tokyo motorshow 2007 »

コメント

大変だったみたいですね。アシスタント使うとなると、やはり予行演習は必須でしたか。

安いもので使えるなら、って見方を逆にすると、今まで何故高い機材を使っていたか理解してなかった、という事じゃないですかね。単に他の人が使っているから、という程度な話であって、ブランドというだけで高額を払うのと共通するような。

投稿: YShimizu | 2007.11.01 21:16

お疲れさまでした。
当日のライブセッション
湯浅さんから見て一番左の一番後ろにいました。
ちょっと時間の問題もあり途中退席させていただきました。すみません。
僕としては
はやりカメラマンとして先輩でもありますし
実践で中判を使用されている方の説得力のある説明で有意義な内容でした。
中判>ただいま検討中です(笑)
今後も楽しみにしています

投稿: どるちゃん | 2007.11.01 22:16

Shimizuさん、ありがとうございます。
フィルム時代の高い機材って、たかが知れてる、からだったと思いますよ。カメラで一番高いと言ってもジナーPで新品でも80万くらいだったかな??それも買ってしまえば一生ものですから。
デジタルカメラは10年も持たないでしょう。もちろん使えますが、使い勝手もまったく違ってくるし、、、古い機材で良いことは一つもないのがデジタルものでしょうね。

どるちゃん、ありがとうございます。
気がつかなくてすみませんでした。
しゃべっている間に席を立たれるって、ものすごいプレッシャーなんですよ。
「あ〜、うけてないんだな」とか「つまらないのだろうか」とか、、、そっちばかりが気になってしまって。

時間を忘れさせるような、そんな話術が出来たら良いんですけどね。。。そしたらカメラマンやめても食っていけるってカ。(笑)

投稿: tatsphoto | 2007.11.02 00:25

短い時間の中で大変だったでしょうが、実践的でフランクなお話が聞けてとても参考になりました!
他のセッション終了後に駆けつけると既に立ち見まででる盛況だったので、モニターの近くでよく画質の違いを見比べられなかったのが残念でした
…大体判りましたが。
重要なのにあまり他で開かれないセミナーなのでまた機会があればもう少し長めにじっくり聞いてみたいと思います。
ありがとうございました!

投稿: somese | 2007.11.02 12:28

もちろん
お話中には退席していません(汗)
自分がその立場だったら同じく気になってしまいますから。。
コードの差し替えで後ろを向かれている一瞬を狙って(笑)
なので気付かれなかったと思います。

今の写真界を盛り上げていかれている方だからこその緊張感のあるお話し。。
そういうものが同じ現場を共有しているものとしてワクワクするのだと思います。

今後ともよろしくお願いします!!

投稿: どるちゃん | 2007.11.02 15:52

someseさん、ありがとうございます。
勉強会、お疲れ様でした。毎月熱心にいらしていただいているので頭が下がります。
中判デジタルは、実際の所、使ってみないと分からないと思います。高いものですから、一度買うとそうそう乗り換えるわけにも行きませんし。。後悔のない選択をしたいものですよね。会場でもお話ししたように「コレ」というものがないので難しいです。

どるちゃん、ありがとうございます。
一瞬の隙を狙われましたね。(笑)
今度から前向きでコードは差し替えます。一人も逃しはしませんよ〜〜(笑)

投稿: tatsphoto | 2007.11.04 18:00

初めてコメントします
アマチュアで、北海道の奥に住んでいますと、インターネットが主な情報源になっています。
中判のデジバック、この頃ちょくちょくヤフーオークションに出てくるので、とうとう落札してしまいました、コダックのマミヤ用 2台
使用していますが、フィルターが別々なので、色管理が難しく、また、サービス期間が終了してしまうので、結局 高い買い物だったのでしょうか?
中判のデジバックの情報はどこも少ない状態ですので、時たま、情報がありましたら、載せてください。

投稿: bonbon45 | 2007.11.13 16:38

bonbon45さん、ありがとうございます。
Kodakのプロバックですか?+でないと辛いというお話しは良く聞きます。>僕はプロバックの時代は知らないので、、、

現状、ノーサポートなので使えるのならラッキーかもしれません。落札価格にも寄りますが。
あとは新品デジタルバックを買う際にプロバックを下取りにした値引きがありますので、タイミングを見て有利に処分した方が良いかもしれません。

投稿: tatsphoto | 2007.11.13 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お久しぶりです。 | トップページ | Tokyo motorshow 2007 »