« 5Dはデファクト・スタンダードか? | トップページ | 本日の撮影071014 »

2007.10.13

目を新しくする

日々バタバタと撮影などをしております。
今週は暇を見つけて眼医者へ。
コンタクトレンズを新しくしようと。
眼の悪い人なら知っていると思いますが、コンタクトレンズは眼科医の処方が必要になっています。ちょっと前は町中のコンタクトレンズ屋さんで簡単に作れました。

高校時代からコンタクトレンズを使っています。若いときは5年くらい使ってもぜんぜん平気でしたが、ここ数年は2年が限度、、、理由は度が合わなくなってしまうからです。

またまたここでも加齢の問題ですが。。。笑

歳を取ると目のピントの調整幅が少なくなります。わかりやすい例は老眼。遠くにしかピントが合わない症状です。
僕は近視なので、遠くしか見えないと言うことはないのですが、眼鏡、コンタクトレンズで矯正しても、このピントの合うレンジは、加齢と共に狭くなる一方です。

度が合わなくなるのは、老眼と同じように遠くが見えて近くが見えにくくなるという症状になります。

デジカメ時代になって、けっこうこれが不便で、、ファインダーは視度補正で何とかなるものの、取った画像を液晶で確認するとき、顔から離さないと絵が分かりません。笑 かといって離せば離したで、今度は遠くなるので、小さくて見にくいし。。

僕より年上のカメラマンで、撮影後に良く眼鏡をずらして液晶を見ている人がいますが、最近、その気持ちがよ〜〜く分かるようになりました。

さて、新しいコンタクトレンズ。ピントが合うレンジを少し手前に持ってきたものを作りました。
そうすると今度は遠くがぼけます。車の運転の時にちょっと怖いですが、、、撮影の時はずいぶん楽になりました。
新しいコンタクトレンズはキズもないのでモノがシャープに見えますしね。

目を使う商売ですが、目にはいろいろお金がかかります。
これからどんどん老眼になっていくでしょうから、、、、次はどこにピントが合うレンズを作ろうか?今から考えるとちょっと鬱。。笑

|

« 5Dはデファクト・スタンダードか? | トップページ | 本日の撮影071014 »

コメント

たとえば、和真のグラデーション老眼鏡はどうなんでしょうか?
わたしも強烈な近視で眼鏡が無いとカメラの液晶なんてにおいを嗅ぐぐらいに近づけないとなんだかわかりません。そして近くも見えずらくなってくると、気分がめいります。
よくモチベーションを保っていられますね。頭が下がります。
特に一眼レフがキツいです。近くも遠くも見えないと使いづらい。ピントグラスとPCモニタの距離感が優しいと感じます。

投稿: WongTang | 2007.10.13 20:19

40Dでいざというときにライブビューメインにしようと思って、
まず、いざ撮るときのモニタと目の距離ではピンがわからないのに愕然としたのが、我が目の老眼に気づいた瞬間でした。
さいきん、働けどはたらけど… じっと手を見てもピンが合わず

マジしゃれんなんないですね。しかしそうも言ってられず。
…昔、遠近両用レンズをカメラ用おもしろレンズとして発注したこともありましたが、今はマジ生活用メガネかもしれません。

投稿: マッキ〜 | 2007.10.14 03:46

私も細かい回路を目元に寄せる時は、もう拡大鏡が必須です。何時だったかな、ぼやけて見えないのに気がついて愕然としたのは(笑)

眼鏡かコンタクトかという話はありますが、最終的にはオートフォーカス眼鏡でも出てくれないと。

投稿: YShimizu | 2007.10.14 16:06

視力はいい私ですが、デジタルを扱うようになってから、老眼が進んだ気がします。
デジカメで画像確認するときに気が付いて眼科で調べたら、軽い老眼と乱視が入っていますと言われました(笑)
Windows98が出る前ぐらいからパソコンを覚え始めて、モニターを見つめている時間が長くなったせいだと思います。
画面がVGAの頃はそうでもなかったですが、XGAあたりから目が怪しくなってきました。
もう、手元で細かい作業をするとなると老眼鏡が必要です。

投稿: Shige | 2007.10.14 16:11

皆様、ありがとうございます。
目の話で盛り上がりますネ〜〜(笑)
皆さん、お年頃って事でしょうか??
若い頃は、自分がこんなになるなんて予想だにしませんでしたし、夢にも思わなかったです。自分は関係ないと、、、
誰にも平等にやってくるんですね、、こういう事って。
目の方ですが、いわゆる固定ピントみたいになるので、見たいレンジによって、デバイスを付け替えないとならないことになります。
目医者によると遠距離に合わせて、近距離はめがねを掛ける人が多いそうです。
コンタクトレンズをして、さらに老眼鏡では、、、

ただ、老人性白内障になる年齢の頃には、眼球内レンズの遠近両用が最近開発されたので、手術でそれを入れることになるでしょう、と眼科医に言われました。

あと20年くらいはこのまま自分の目で見たいものです。

投稿: tatsphoto | 2007.10.14 23:50

私は眼鏡派です。3年前に近視の度合いが進みカメラに表示
される画像や文字が読みづらくなり、遠近両用のレンズに変
えました。
累進多焦点レンズという度数が徐々に変化していき遠くから
近くまで連続してピントが合うものです。所謂、境目の無い
遠近両用レンズといわれるものです。
これで近くを見るのに眼鏡を上げることはなくなりました。
それと、モニターを見るのには専用の眼鏡を使っています。
眼科では、コンピュータ用の処方を出すことも多くなってき
たということでした。
コンタクトでも累進多焦点レンズに似たものはあるようです
よ。

投稿: 小波 | 2007.10.15 13:44

小波さん、ありがとうございます。
僕も使っています、パソコン用めがね。
というか、一日のほとんどの時間はコンタクトレンズではなくめがねを掛けていますね。これはパソコンに向かっている時間が長いと言うことですが。。。
数年前からパソコン用めがねを使っていますが、ずいぶん楽になりました。
が、度の進み具合にとって、このやり方が良いのか悪いのか?よく分かりません。パソコン用めがねを使うのと同時に目の不調も気になるようになったと思います。
たぶん、加齢、でしょう。すべての原因は・・

累進多焦点レンズは知っていますが、値段が高めのようで。度が進む人は頻繁に作り替えることを考えると、度が落ち着いてから作る方が良いかなと思っています。

投稿: tatsphoto | 2007.10.15 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5Dはデファクト・スタンダードか? | トップページ | 本日の撮影071014 »