« 無駄な1日 | トップページ | 首都高1200円 »

2007.09.23

「カラーマネージメント実践ルールブック」

Gazouphp「カラーマネージメント実践ルールブック」2007年版が発刊されました。
郡司さんと電塾関係者の共著という形で、僕も2ページだけ書いています。
カラマネの本ってたくさん出ていますが、このシリーズは良いと思っています。と言いつつ新しい本はまだ見ていませんが・・・(苦笑)

個人的な感想ですが、カラマネって最近に限ってはあまり聞かなくなったと、そんな感じがあります。
すでにほとんどの職業カメラマンが、好むと好まざるを関わらず、デジタルカメラで仕事をしています。ちょっと前までのようなあり合わせの環境で写真をいじっていた時代とは代わり、徐々にコンピューターをはじめ、デジタルカメラに合わせた環境をカメラマンが作ってきたためだと思われます。

カメラマンレベルに限ればカラマネという考え方、やり方はそれほど難しいものではないし。

前にも書いたと思うけど、そんなカラマネなんて言葉、知らない分からないでもちゃんと物事が進んでいく、そんな時代になるのが、当たり前、当然の終着点だと思います。

そんな意味でも、最近はカラマネって聞かなくなったというのは、そんな時代になりつつあると言うことの表れでしょうね。

|

« 無駄な1日 | トップページ | 首都高1200円 »

コメント

カラーマネジメント、今は機材もソフトも自然にセッティングしてくれますからね。
昔はデフォルトのセッティングのままだとめちゃめちゃになってましたから。
EOS 1DでAdobeRGBにしてもPhotoshop7.0ではsRGBと勝手に判断したりしてましたね。
で、プリンタも勝手な色補正掛けてくるし。
ディスプレイの色とプリンタの色と印刷の色が全部違うなんてことも経験しました。

今は本当に楽になりましたね。普通にしてれば大丈夫なんですから。

ただWindowsだとまだちょっと知識が必要ですよ。

投稿: okuma | 2007.09.24 18:01

okumaさん、ありがとうございます。
ウィンドウズは難しいですね。慣れの問題かと思いますが。。Macは楽でイイです。
okumaさんも立ち読みしてくださいネ〜。

投稿: tatsphoto | 2007.09.26 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無駄な1日 | トップページ | 首都高1200円 »