« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007.09.26

iPodTouch マイッタ〜

R0010949ようやく今日、iPodTouchを受け取れました。
今更インプレでもあるまいし、、と言うくらい遅かったですね。

仕事が溜まっているので、こんなコトしている場合ではないのですが、横目で触りながら、、、

起動しようと思ったらウンともスンとも言わなかったので、取りあえずMacに接続。

登録などをしながら、音楽dataなどがコピーされます。

手持ちの音楽dataは30GB以上なので、当然ながら全部Touchには入りません。iTunesの方で適当に入るだけのリストを作ってくれるのですが、、、、これだと写真などの入るスペースが亡くなります。
と言うことで、入れるリストを作り直し。

取りあえず適当なリストにしておいて、早速使ってみます。

R0010951ジャケット・フローは横位置にするとカッコイイです。
事務所で使っているBOSEの上に置いて、AUXで音楽を流します。

こうやって使うと見てくれがイイですね。

さて、仕事をしながら音楽を聴いていましたが、、、不都合が、、

このポジションだとスキップが出来ないのです。タッチパネルの弱点、使わないボタンは隠れてしまうと言う仕様からなのですが。
縦位置だと早送りなどのボタンはあるのに、横位置ではなくなるのはなぜ??

ま、取りあえずはイイか・・・

さて、帰るので書類ホルダーをTouchにコピーして、、、と思ったら、、、なんと、iPodTouchって外部HDとして使えないようです。iTunesが立ち上がるだけで、desktopにはマウントしません。iTunesの設定画面でも外部HDとして使うという項目すら有りません。

やられました〜〜。

まさか、HDとして使えないとは、、、

僕の場合、家と事務所が別になっているので、事務的な書類の持ち運びはiPodに入れてシンクロをしているのです。音楽を聴くと言うよりも、このデータストレージとして使えるというのが、何よりも持ち歩いている理由なのです。

スケジューラーとして使えない、HDとして使えない、、、

マイッタiPodです。

音楽を聴くのも操作性という面では、、イマイチ。やはりハード的なボタンがある方がはるかに操作性がイイです。>買う前から分かっていましたが。
ま、当座は飾りとしては注目度抜群でしょう。

持ち歩かないで事務所のBOSEの上が定位置になりそうです。

| | コメント (4)

2007.09.25

福田康夫新総理

この連休中にようやく新総理が決まりそうですが。。正式には休み明けですね。
福田さんは今更言うまでもなく僕と同郷の群馬県人です。田舎モノには地元から総理大臣が出るというのがうれしくないという人はいないでしょう。
さて、この福田康夫氏、生粋の群馬かと思っていたら、さにあらず・・履歴を見ると麻布中学、同高校、早稲田大学になっていますね。な〜んだ、坊ちゃんの東京者じゃん。半分くらい・・と、コンプレックス丸出しの感想(笑)

何でそんなことにこだわるかというと、、、群馬県からは過去3人の総理大臣を出しています。その3人、すべて同じ出身高校(旧制中学)なんですね。その学校は僕の母校でもあります。校則に「下駄を履いての通学も認める。」と書いてある、珍しい高校でした。
福田康夫氏が総理に、、、と聞いたときは、「とうとう4人目の総理を出したのか・・」とちょっとうれしかったんですけどね。

そんな特別な思いをちょこっとだけもっていました。

まあ、総理大臣になることがそれほど幸せなことなのかどうか?今日の安倍さんの会見を見ると、その衰弱ぶりに非難する気もなくなります。政治家としては若手のホープだったのに、、、政治家として表舞台にはもう出ることはないのでは、、、と、哀れも感じます。

| | コメント (3)

2007.09.23

本日の撮影終了

R0010946ようやく今日の撮影が終了。
ご覧の通りアパレルの置き撮り。
俯瞰撮影は楽になりました。この歳でも俯瞰撮影がへっちゃらになったのはデジタルカメラのおかげです。
このスタジオはブームがなかったので昔ながらの龍電の足を組み合わせたエルを使いました。懐かしいですね〜。笑

使ったカメラは1Dmk2N。ライブビューなんて無くてもぜんぜん平気です。>ちょっと強がっていますが。。
AFでピントは合うし、何回かシャッターを切ればフレーミングは出来ますし。新しいカメラなんかいりません!!
う〜〜んでもちょっとだけ40Dが欲しかったりして、、、12万程度で買えるから、、、安いですよね〜〜。
R0010948
さって、iPodTouchも不在で受け取れなかったし、、今日は疲れたので帰ります。機材の片付けは明日の撮影の前にやります。でも、ちゃんとデータのバックアップまではやりましたヨ〜。当たり前ですが。

| | コメント (2)

iPod Touch

午後から外スタで撮影の予定。。。
だけどちょっと事情があってまだ事務所から出られない。

外スタでの撮影は楽で良いな〜。カメラだけ持っていけばいいし。。アシスタント君もいるし。

iPodTouch、発送しました、と言うメールが届いていた。今日、明日には届くみたい。だけど事務所届けにしているので不在で受け取れないかも・・・

予想よりも早く届きそうですね。キャンセルするヒマもなかった。。。

意外に予約が少なかったのでしょうか?iPhoneで大騒ぎをしていた人たちは、熱が冷めてしまったのかもしれませんね。
日本では携帯電話が異常に発達しているので、この手の携帯型端末はみんな携帯電話に食われてしまいます。iPodTouchは「ワンセグ見れないの?」って聞く人、ホント、多いですから。今発売されている携帯はほとんどがワンセグ対応ですからね。

無線LANでYouTubeが見られるのですが、無料の無線LANってそんなに無いですからね。そのために有料サービスを契約するのって、、やらないよね。

さって、六本木のスタジオへ行きます。

| | コメント (1)

首都高1200円

首都高の料金設定が来年、変わりますね。

ETCが有るという前提の変更なので、これを切っ掛けにETCの普及が更に進むでしょう。

僕が車にETCを付けたのは何年前だったか・・人よりは遅めだったと思います。だいたいユーザーに機械を買わせてというのが気にくわなかったのです。(笑) このやり方はJRのスイカも同じですね。スイカも500円の初期投資が必要です。
機器の設置など含めてで15000円程度掛かったような気がします。割引があるのでちょっと使えば元は取れるという説明でしたが、、当時は割り切れないものを感じました。

実際に使ってみれば、「なんで今まで付けなかったんだろう??」と思うくらい便利です。すべての車関係の施設はETC対応してくれればいいのに・・・何でみんな付けないの??って、今ままでとは180度の宗旨替え。(笑)

車での移動が多いカメラマン、写真家には必須の機器だな〜と、今では思っています。

首都高の料金変更は、実はもう10年くらい前から、公団の内部ではその時期を伺っていました。これは当時、首都高のお仕事をやっていた人から聞いた話ですが。500円から700円に値上げして、更に次の値上げを考えていた当時、景気が悪くなってしまい、とても値上げなんて言える時代ではなくなったのが、700円の料金時代が長く続いた理由です。
景気がそこそこ良くなっていれば、もっと早い時期に900円くらいになっていたと思います。

昔から均一料金は端から端まで使う人と、短距離を使う人とで、不公平感があったのですが、入り口しか料金を取る機能がない現状ではどうしようもなかったのでしょう。ETCはそれを解決してくれる手段になったのですが。
本来なら、機器の設置は無料で行うのが筋かと思いますが、、、もしくはもっと安く。

都心部に引っ越した僕にとっては今回の変更は、結構うれしいものです。首都高はよく使うのですが、うちの家と事務所は東京の中心部だから、どこに行くにも割高感がありました。「使ったら使っただけ払う」今回の改変はそれが可能になります。

そう言えば東京のバスも均一料金でしたね。田舎ものの僕はそれも馴染めませんでした。田舎ではたいてい乱数表みたいな表で乗った分だけの料金を払うのが当たり前でしたから。
ちょっと駅まで、バスを使っても220円(?)の料金を払うのはあまりに高い。短距離は100円くらいにすべきだし、長距離は400円くらい取ったって良いと思うのですが。

ま、そんなことを今回の料金改定で思ったのでした。

| | コメント (3)

「カラーマネージメント実践ルールブック」

Gazouphp「カラーマネージメント実践ルールブック」2007年版が発刊されました。
郡司さんと電塾関係者の共著という形で、僕も2ページだけ書いています。
カラマネの本ってたくさん出ていますが、このシリーズは良いと思っています。と言いつつ新しい本はまだ見ていませんが・・・(苦笑)

個人的な感想ですが、カラマネって最近に限ってはあまり聞かなくなったと、そんな感じがあります。
すでにほとんどの職業カメラマンが、好むと好まざるを関わらず、デジタルカメラで仕事をしています。ちょっと前までのようなあり合わせの環境で写真をいじっていた時代とは代わり、徐々にコンピューターをはじめ、デジタルカメラに合わせた環境をカメラマンが作ってきたためだと思われます。

カメラマンレベルに限ればカラマネという考え方、やり方はそれほど難しいものではないし。

前にも書いたと思うけど、そんなカラマネなんて言葉、知らない分からないでもちゃんと物事が進んでいく、そんな時代になるのが、当たり前、当然の終着点だと思います。

そんな意味でも、最近はカラマネって聞かなくなったというのは、そんな時代になりつつあると言うことの表れでしょうね。

| | コメント (2)

2007.09.22

無駄な1日

R0010945今週のこと、自宅用で使っているMacBookとロケ用のMacBookProを入れ替えようと思い立ちました。
と言っても、簡単に物理的に置いてある場所を変えるだけの話。
軽いロケ用に買ったMacBookの方が圧倒的に出番が多いので、家にあるよりも事務所に置いておいた方が効率的かな〜と思ったからです。家で使うにもMacBookProの17inchの方が使いやすいし・・

ということでコンバート。

どちらもおなじようなOS、アプリになっているので単に置き換えるだけでした。

今週は仕事も忙しかったし、ようやくヒマになった今日、持ち帰った17inchMacBookProのセッティングをやり出しました。ペンタブレットのドライバを上げたり、USBの配線を換えたり、プリンタドライバもアップデートしたり。。。

最後にスケジュール帳として使っているクリエをMacBookProとシンクロさせて終わりのはずでした。

が、、、ここでアクシデントが。。。

スケジュールがすべて飛んでしまったのです。

もう、真っ白ってかんじ。スケジュールも僕も・・・

そう言えばMacBookProにはスケジュールをシンクロしていなかったのを思い出しましたが、後の祭り。
どうしよう!??

ここで焦っても消えたものはしょうがないし。。バックアップがどこかにあるから、最新のスケジュールはバックアップされていないだろうけど、何とかなるかな。と思ったのですが。バックアップとして使っているiPodからの戻し方が分からない。。

事務所には今まで自宅でスケジュールのシンクロをやっていたMacBookがあるので、ここは一発、事務所まで行ってそれとシンクロさせれば元に戻るんじゃないのか?と思ったのです。

女房が仕事なので、一緒に事務所まで行きます。
最後の頼みの綱なので、MacBookをまずはフルバックアップします。何があっても良いように。
その作業の後に、シンクロに入りましたが、、ダメでした。真っ白のままです。

こりゃ参ったな〜とかなり泣きが入ったのですが、、、

クリエのハードリセットをやったり、いろいろ試行錯誤の数時間、、、何とか先週までの状態のスケジュールに戻せました。今週、ご依頼いただいた案件に関しては、記憶を頼りに入力し直し。ラッキーなことに手書きの電話メモが残っていたので、助かりました。

いや〜、焦りました。バックアップしてなかったのは、、というか、バックアップはあったのにその戻し方を忘れてしまって、、、クリエの設定なんて、ここ数年やっていなかったですから。
R0010940
もし、クライアントの方で、ここをお読みでしたら、念のため、スケジュールの確認をお願いいたします。
左の写真は自宅のデスクトップ。まだMacBookの時ですが。
夕日がキレイだったので撮ってみました。
ショボイ環境だとお思いでしょうけど、自宅では写真画像をいじりませんので、、、家では事務関係仕事くらいとブログ書いたり位しかやりません。

| | コメント (3)

2007.09.21

書けないこと

何か書こうかと思っている毎日ですが、、書けないことが多いのもこの商売ならではです。
まだ世の中に出てないもの、発表前の商品、、、、そんなのが普通の日常としてあるのが僕たちの世界なのですが。
今日の撮影は来月行われるあるクルマメーカーさんの物件。それと来週発表の携帯電話。それにモーターショー関係の諸々、、、以上、3本立てでした。
その合間に溜まっていた撮影データを納品用に直してたり、、、
おかげで明日だけは休めそうです。
ニコンの新しいカメラのお披露目にも行ってみたいけど、、なんか行列というウワサもあり。。。実機は触っているので単なる「顔つなぎ」だけですが。

| | コメント (0)

2007.09.19

富士山までロケ

Ok1d2227本日は朝から富士山方面でロケ。
撮りまくりました〜〜。

まずは谷村PAで集合。
そのあと河口湖ICまで併走。
最初の撮影地でスタイリング。
富士周辺の直線でひっぱり。
昼食後、東富士でインカー。
夕方、新五合目でコーナリング。。。
・・・・
さて、何の撮影でしょう?

そうです。車の撮影。
富士、箱根方面は車撮影のメッカです。都心から1,2時間で車の置ける撮影地、交通量も少ない。そんな条件を満たしているのはこの地域だけです。

クルマ屋さん(車雑誌のお仕事が多いカメラマン)は、どの道の、どのコーナーで、何ミリのレンズで撮ると、こんな感じになる・・そんなイメージが出来ています。
それだけだと面白くないので、日々、いろいろな角度で車を見るという習慣が必要なのですが。。。

僕は車専門のカメラマンではないので、その手の勘がないのです。それが悪い面なのですが、、まったく違った見方が出来るという面もあったりして、、、いろいろなカメラマンが居て良いのではないかと思っています。

夕方の撮影は標高が上がるので、すっかり雲の中です。ガスってしまい、走りを撮るのは危険。事故だけは起こさないようにしないとね。

いつもよりも5割増しなくらい撮影して、夕方に終了。そこからとって返して、事務所でアナウンサーさんの宣材撮影をします。
ロケがあったのでそのあとに予定をずらしてもらいました。
毎年撮っている女性なので、ちょっとだけこちらのわがままを聞いてもらいました。仕事が重なったときは、そんな良好な関係がありがたいです。

夜9時過ぎに本日の撮影は終了。

明日も2本立て。明後日も2本立て。連休中も撮影になりそうです。

目に良いというサプリメントを飲んでがんばります。

| | コメント (0)

2007.09.17

画像合成

最近の傾向として、画像合成を前提とした写真撮影が当たり前のように行われるようになりました。

写真がアナログからデジタルへ、以降が完全に終了したのが大きな原因でしょう。

土曜日の撮影がまさにコレで、、完全に出来てない状態のもので集合カットを撮るというもの。既成のものをダミーで置いて撮り、それにイラストレーターのデータを貼り付ける作業までやります。

今回問題だったのはまず、イラストレーターのバージョンが違った点。僕はイラレは本業ではないので古いバージョンのままです。8.5ですね。クライアント側は新しいCS2。当然互換性がなくて、、、
最初はフォトショップのCS3でEPSデータは読めるだろうと踏んでいたのですが、結局ダメ。CDに入っていた仕上がりサンブルのJPEGデータがあったので、コレ幸いとそれで合成を進めていました。

作業は大変ながら比較的順調に、、
これなら、夕方からフィットネスクラブに行けるな〜とウキウキだったのですが・・

土曜の夕方、クライアントから確認の電話があり、サンプルのJPEGデータを使った旨を言ったら、「それ、違うデータです」と言われて、、、ガックリ、、、合成作業は最初からやり直しになってしまいました。

うちで読めるようなイラレのデータを送り直してもらって、作業開始です。

フェーズワンの撮影データで、さらに合成用のレイヤーがいくつも、、、と言うことで1カット、500MB位のデータになります。MacProで4GBのメモリーですが、300MB以上大きくなってくると、パフォーマンスが落ちます。ちょっとしたレイヤーの移動でもタイムラグがあります。

眼ももうろう、しょぼしょぼしてきてたのですが、休み明けには納品なので土曜日中に上げておかないと。

結局、夜9時過ぎに終わり。

イラストレーターCS3を買おうかと、本気で悩んだ1日でした。MacProのメモリーもあと2GB買い足したい。。。

| | コメント (1)

敬老の日

R0010935敬老の日ですね。
昨日の日曜日、そんなこともあって親戚を撮りに行きました。
僕の父方の叔父、叔母、そして、その義理の母親。
二家族を撮影に春日部の方まで。
カメラマンという商売をやっているのに、多くの同業者は自分の親でさえ、満足に撮影したことがないと思います。
かく言う僕もそうですが、、
写真は記録であり、記憶です。
アーティスティックな写真でも、根本はそれだと思います。

僕は機会が有れば極力、自分の身内を撮りたいと思っています。
もう、高齢な方が多いので、そんなこと言っては何ですが、、いつお亡くなりになっても不思議ではありません。そんな時に、お葬式の写真がしょぼいんじゃ、、、身内に写真をやっている人間がいるのに、これか??って、僕でも思いますから。カメラマン、写真家としては恥ずかしいことではないでしょうか?

そんなこともあるのですが、正直なところ、高齢な人に改めて「写真を撮りたい」と言うと、「俺はまだ大丈夫だから・・」「死ぬのを待っているのか?」みたいな感情を持たれやしないか?、そんないらぬ心配をしてしまいます。

親戚ならまだしも、一番撮りにくいのは自分の父親、母親でした。>でも、もう過去に撮影済みですが。

まだ撮影していない親戚が何人もいます。僕もいい年ですから、これから出来るだけ撮っていきたいと思っています。

今回は僕が18の時、東京に出たばかりから、結婚するまでの数年間、親代わりにお世話になっていた叔母夫婦です。今は春日部の方に移り住んでいます。
ご夫婦とも、すでに年金暮らし。十年ぶり、それ以上でしょうか、、、久しぶりにゆっくりお話しできました。

R0010938
こんなに写真を夫婦だけで撮られるのって、結婚式以来かも、、、とおっしゃっていました。
そうなんですよね、大抵の方はちゃんと写真を撮りませんから。僕たち夫婦でも二人で撮った写真は20年前の結婚式くらいかも知れません。
写真館の仕事を奪うようなことかも知れませんが、、写真をやっているのなら、自分の家族、親戚を、ちゃんと撮る、撮ってあげるというのは、やるべきだろうなと思います。

下の写真は、浜松町の会社の近くで、お祭りだったときのもの。こんなビジネス街で御輿が出るとは思いませんでした。

| | コメント (1)

2007.09.14

Photoshop world 2007

『中判デジタルカメラのプロカメラマンとしての鉄則』
こんなことをやります。

このイベントは僕は今年で3回目の出演。カメラマン比率が20%台なので、あまり細かいことをやってもしょうがないし、、最初の年は当日のその場になってカメラマンがあんまり居ないことに気がついてパニックになった覚えがあります。
去年はイベント会場の隅っこで、これまた誰もいない、、みたいな感じで、辛かった。
今年はどうなりますか、、、がんばります、としか言いようがない。

| | コメント (0)

2007.09.13

飛蚊症

飛蚊症って知ってます?
ひぶんしょう、と読みます。
蚊が飛んでいるような、そんなものが見える目の病気です。
去年くらいから何となくそんな感じのものが気になっていました。もっともけっこう前から少なからずあったので気になっていたのですが、、、ここ数ヶ月、特に。
昨日の鈴木さんの写真展会場で、白い部屋があったのですが、その部屋に入った瞬間、目の前がこのもやもやだらけになってしまって、「こりゃ、とうとう目がダメになったか・・・」とかなり落ち込んだのですが、、
そして、今日、予定外に時間が出来たのでネットで調べて眼科に行ってきました。
眼科へは去年、コンタクトと眼鏡を作ったときに行っています。もちろん、その時に飛蚊症のチェックもやったのですが、、、加齢によるもので大丈夫という診断でした。
今回は違う眼科にしたのですが、、、
虹彩を開ける薬を使って、眼球の中を見て貰いました。
結果は、、

やはり年齢によるものと、、、
はぁ〜〜、歳かぁ・・

人によって見え方は違ったり、気にする人、気にしない人が居るので、一概に言えないのですが、歳を取ればみんなそうなると言うことです。

帰り道、この虹彩を開ける薬を使ったので、外の光がまぶしい、しかも、ピントが合いません。
もう、ほとんど、目が見えない状態で事務所まで這うようにして戻ってきました。

やれやれ、、、先日は歯がダメになったし、今回は目、、世の50代以上のカメラマンはどうやっているんだろうと、つくづく生きていくのに自信がなくなりました。。。。

と言いつつ、ある仕事をしていかねば、、、

| | コメント (3)

2007.09.12

写真展2つ

朝から写真展を2つ見て回りました。
一つめは目黒でやっている玉内さんと平尾さんの二人展。お二方ともモノクロの風景写真。
その帰り道に恵比寿の東京都写真美術館の鈴木理策さんの熊野雪桜。
なかなか考えさせる写真展2つでした。
特に鈴木理策さんのは、、、難しい。僕はこの写真家をまったく知りませんでした。国際的に活躍なさっている若手写真家の一人だそうで。写真と言うよりも現代アートと言った方が適当かな。展示方法が凝っている。テーマによって2つの部屋を区切っていて、その明と暗の対象がすばらしい。
ただ、、期待して見に行くと、、、どうかな、と言う写真だと思う。はまる人はハマルでしょう。

僕より2歳年下で、これだけの活躍という点で、同世代の写真をやっている人なら、絶対見るべきでしょう。

見に行くときの注意点としては、人の少ない、もしくはまったく他人が居ない時間帯を見計らっていくと良いと思います。偶然にも今日、僕がそうでした。後半、老夫婦が入ってきましたが、案の定、しゃべりながら、、、
この手の分かりにくい写真展では見ている人がしゃべる場合が多いです。「え?なにこれ?」とか、、、一緒に来ている訳知りの人が「これはこれこれこうなんだ、、、撮るのが大変なんだヨ〜」とか、、、もう、余計な雑音が入りまくり。。

この写真展はこの手の雑音をシャットアウトしないと、余計に分かりにくくなります。まあ、分かる必要もないんですが、、、シンプルにストレートに感じたままを感じられれば、、それが鈴木理策さんの意図ではないか?と思います。

| | コメント (1)

2007.09.10

フォトショップ・ワールド2007

今年もフォトショップ・ワールドの季節になりました。
と言っても日本では来月の末の開催ですが。。。
今回もちょこっとだけ関わります。
本日はその打ち合わせで飯田橋の雑誌社まで。
中判デジタルバックについて90分ほどのセッションを受け持ちます
いらっしゃる方は是非!

| | コメント (0)

今日はニコン

今日はニコンの話題。
ニコンから招待状が来ていました。
ニコンデジタルライブ2007
ニコンユーザーの皆さんが待ちに待ったお披露目になるでしょう。
一部の雑誌社、団体にはすでに営業の方が実機を持って回った様ですが、、
僕もとある場所で少しだけ触りました。D3。D300の方はあまり興味がなかったので、、
D3は、、、スゴイの一言ですね。コレの連写は相当やかましいです。スポーツ現場ではキヤノン一色のようですが、これで少しはニコンが盛り返してくるのかも知れません。
D3はフルサイズ(ニコンではそう呼んでいませんが)で1200万画素程度なので、僕はちょうど良いかなと思っています。今更こんなコンパクトデジカメと同じじゃインパクトがないと思う人も多いでしょうけど、、、雑誌がメインのカメラマンだったらコレで十分だと思うし。現にキヤノン5Dで見開きくらいはバンバン行っちゃってる人、多いです。
僕がさすがだなと思ったのはイメージサークルの小さいDXフォーマットレンズを付けてもちゃんと使える点。ファインダーはマスキングされるから、間違うトラブルもないでしょう。キャノンと違って使えないレンズがないというのはさすがニコンという感じです。僕はEF-Sレンズが出たときから、1Dのモデルチェンジの時にはEF-Sレンズも使えるようになるのでは?と読んでいましたが、、、思いっきり外しました。物理的にミラーが干渉するので無理なのですが、今回のD3を見ると、そんなことよりもそもそもの思想が違うという気がします。

その他、ミラーアップ、ライブビューが物理的なスイッチを割り当てられていて、キャノン系が足元に及ばないくらい操作性が良いところなど、よく考えられていると思いました。
液晶の視野角も報道使用をよく考えられているし。。

そう言えばデジカメで初めてHDMI端子が付けられました。先週発表されたソニーα700も同様にHDMI端子が付いています。たぶん今後は外部モニター出力はこれに移行していくでしょう。
パソコンモニターで見ると言うよりもテレビで撮影画像を見るのが当たり前になってしまうのかも知れません。

さてさて、この先写真はどうなっていくのか。楽しみでもあり、怖くもあり。

そんな中、今日は雲がキレイだったので、4×5を担いでお台場に撮影に行きました。たまには風景も良いな〜と。

| | コメント (1)

2007.09.07

2007キヤノン大撮影会in東京

Canon070907お知らせです。
昨年に引き続き、撮影会の講師をやることになりました。
僕以外の講師陣はスゴイ顔ぶれです。
すみません、僕で良いんですか?って感じですが・・・やるからには精一杯やらせていただきます。昨年の例で言うと、午前中はビックネームの先生に付く方が多いのですが、午後になると、僕のところへいらっしゃる方が多くなるようです。去年の一色先生だと200人以上の人でしたから、、それでモデル撮影をするのはかなり困難、、
そんなことで、もしいらっしゃる方がおりましたら、耳寄り情報!
午前の部の僕が狙い目ですね!笑

ホントーに会場にいらっしゃる方がおりましたら、気軽に「ブログ見てるヨ〜」とお声をおかけ下さい。
何も出ないですが〜〜(^^

| | コメント (0)

2007.09.06

40DでのEOS Utility直結撮影

電塾のBBSでの話題。
40DでのEOS Utility直結撮影の時に撮ったその場からのプレビューが出来ないという報告があります。
そのスレッドで1Dmk3も出来ないというお話し、、、

何とも、、、
本来ならBBSでの話はBBSで、、と言うスタンスですが、あまりにグチっぽくなるのでこのブログで書きます。

僕が問題にしたいのはキヤノンの姿勢というお話しではありません。
40Dからこの仕様になったというのなら、まだ、分かるのですが、、発売後数ヶ月にもなるMK3でも同じ仕様という点。
この直結撮影の機能を一度使えば、この不備は分かるはずです。
僕の周りでもMK3を意気揚々と買ったカメラマンは大勢いますが、誰一人として直結撮影時の問題点を指摘した人は居ません。その人たちの中で僕のようにブログ展開している人もいるのに、不具合について書いていません。
僕が問題にしたいのはこの一点だけです。

これだけ世の中がネット中心に廻っているのに、数ヶ月も経っていながらこんな重要なことが書かれていないって、どういうことなんだろう??

言ってもしょうがない、書いてもしょうがない、、、と思っていたら何も変わりません。それに後からそのカメラのユーザーになる人たちのためにも、何か不具合があったら書くべきだと思っています。それがメーカーに届く届かないは別として。

毎度のことだけど、ハード、ソフトが新しくなるとどうしてもこの手のトラブルが発生します。

キヤノンに関して言えば、どうして僕のところに意見を求めてくれないのか??とホントーに思います。直結撮影に関して言えばやってみればすぐ分かるトラブルで市場に出してしまっています。使っている僕からすれば、ノーチェックで出しているのに等しいと思っています。

すばらしいハードだけではなく、ソフトも一体になっているのがデジタルカメラです。キヤノンだけではなく、すべてのメーカーさんもガンバって良いものを作っていって欲しいですね。

注意!本日07/09/07現在でのBBSでmk3では撮影後のプレビューは他の機種と同様に出来るという報告がありました。僕はどちらも持っていないので確認のしようがありません。直結撮影はユーザーの絶対数が極端に少ない使用方法です。購入者で使用者で、ここをお読みの方がいらしたら、積極的に公開されていくことを期待しております。

| | コメント (21)

iPod touch

Ipod今朝からiPodデーですね。
言わずもがなのiPodの新型が発表になりました。
予想通り、iPhoneの電話抜きになりましたね。
僕の周りのカメラマンでもiPhoneはかなり人気で、「出たら絶対買う!」と鼻息が荒く息巻いています。僕は例のごとく、周りが騒ぐと冷める質なので、、、笑、まあ、買っても良いかな〜程度でした。
iPhoneに関しては過去数回撮影していますので、だいたいの使用感は分かっています。もちろんすばらしいインターフェイスです。欲しいと思います。
ですが、、、僕が欲しいのはスケジュール帳としてのiPhoneなのです。ご存じのようにスケジュール帳としても、メール端末としても使えるのがiPhoneですが。仕事をしていく上で電話と一体型のスケジュール帳ではあまりに使い勝手が悪い。
今はソニーのクリエを使っていますが、すでに生産中止。パームシリーズも国内販売されていませんし、、、、これからスケジュール帳はどうしようか??と思っていたところにiPhoneの発売。スケジュール帳はマックとシンクロできるので、パームと同じ感じで使えます。
で、本日、僕の希望通り、電話ではないiPhone、iPod Touchが発売されました。

今朝から悩みましたが、、買ってしまいました。

スケジュール帳としての使い勝手を確かめてから、、、と思っていたのですが、、どうせ、近いうちに実機を撮影するでしょうから。
待ちきれませんでした〜!
iPodはshuffleを除いてすべてのシリーズは買っている僕です。touchを買わないわけにはいかないでしょう。といろいろな言い訳を考えていますが、、、
R0010897今使っているクリエとiPod。
この2台が1つになってくれるだけで、荷物が減ります。

さて、台風が近づいていますが、僕は夜8時からロケです。室内だから良いけど、、、、荷物の搬入だけで濡れてしまいそう、、、

| | コメント (9)

裸族シリーズ

R0010902裸族シリーズを買いました。
裸族って何??と言う方はパソコンオタクじゃないですね。笑
バルクのハードディスクが安いので、それを利用したケースだけの展開をしているのが「裸族」シリーズです。
今回買ったのは「裸族の一戸建て」。笑えるネーミングです。
R0010903このケースはSATAのHDDを1個だけ入れるケースになっています。
それだけだと面白くない、、、
これのメリットはワンタッチで中身のHDDを出し入れできる点。
もちろん、ホットプラグ対応のUSB接続の時だけですが、、、残念ながらeSATAの接続時はシャットダウンしないとダメです。
R0010904MacProに入れているHDDがすでにデータで一杯になってきて、先日1基買い足したのですが、それの中のデータを見たいときにMacProの蓋を開けて入れ替えるのが面倒なのでこれを買った次第です。最初はハダカのHDDに直接刺すタイプ(直刺しシリーズ)を買うつもりだったのですが、電源も買うことを考えるとこれの方が安かったのです。
取りあえずバルクのハードディスクにデータを貯める時代が数年は続きそうなので、これが活躍してくれるでしょう。

| | コメント (2)

積層電池 生産終了

0160Wと言う電池が生産終了のニュース。
30歳以上のカメラマンにとって、この積層電池はそれなりの思い出をお持ちではないかと思います。
僕にしてもこの電池を使わなくなって久しいのですが、、ナショナルのガイドナンバー56のグリップタイプを持っているので、この電池がなくなると使用不能になります。まあ、ここ数年使っていないので良いと言えばいいのですが。

積層電池が使われなくなったのは、カメラのストロボが純正に移行してきたためと思います。20年以上前はストロボと言えばナショナルでした。純正を使っている人はカメラで言うとEOS以降、ニコンで言えばF5以降かと思われます。高度な露出制御は純正でないと無理でした。結果として外部測光とほとんど差がなくても、、、

デジタルカメラに移行してからは非純正のストロボはほとんど使われなくなったと思われます。今でもナショPがイイなんて言っているのは僕くらいなものか?(笑)

| | コメント (5)

2007.09.05

Canon EF50mm F1.2L

Img_265350ミリのテストをしてみました。
さて、焦点移動ですが、僕も余りよくその症例を把握していませんでした。
価格ドットコムを見ての症状の整理ですが、AF,MFに限らず1メートルよりも被写体に近づいた場合、開放以外で撮影するとピント位置が移動する、と言うことでよろしいでしょうか?

で、簡単なテストをしてみました。
ちょうどスタジオでお香を焚いていたので、被写体はそれで、、、笑
50_hikaku光はストロボのモデリングランプ、つまりはタングステン光です。
この位の被写体だとAFのピントエリア1個が合わせたい位置よりも大きいので、AFが確かかどうか、それの問題もあります。一応、マニュアルでもピントを合わせてやってみましたが、同じでした。
結果は左の写真。
ピント位置は触っていないので開放から5.6まですべて同じで撮影しています。
1.2ではどこにピンか来ているのか分からないくらいボウッとしています。1.2の時は灯がともっているところにピントを合わせたつもりです。
絞るとだんだんシャープになっていくのですが、本来のピント位置よりも後ろ側からシャープになっていきます。4まで行くと本来のピント位置よりも1センチくらい後ろに行くようです。
Img_2166この写真は先日のポートレート撮影のカットです。

ポートレート撮影の場合、寄ってもこの位でしょう。
実際の話、これくらい寄って撮るとモデルの方もプレッシャーになることと、ライトの自由度が低くなることがデメリットになります。
また、スタジオ撮影だと、ストロボを使う限りはどうしても絞りがちになります。と言うのは大型ストロボでは光量を落としきれないからです。
この撮影でもオパライト一発ですが、コメットのストロボを10WS位まで落としています。しかもカメラの感度はISO50に落としています。それでさえもF4.0でした。

Img_2423さて、焦点移動ですが、ポートレート撮影に限って言えば、それほど問題になる症例ではないと思います。
もちろん、目だけのアップみたいな、そんな表現をしたときは、ピンぼけを量産すると思いますが。。。ただ、そんな場合はたぶんマクロレンズを使うと思いますし、、もちろん、1.2のボケを否定するものではありません。

このレンズは値段も高いですし、そう言う意味でも全域完璧であって欲しいと、僕でも思いますが、、、何でもそうですが、得手不得手がありますから、、
近接撮影はマクロレンズに任せるということで良いんじゃないでしょうか?Img_2628

| | コメント (1)

2007.09.02

最近のレンズ 2つ

R0010895ここ数日、思いっきり使っているレンズ、2つです。
1つめは大判レンズ、というか、フェーズワン用の広角レンズ、35ミリです。
このレンズを買ったことによってフェーズワンでパースの付いている写真が撮れるようになりました。へこみボードに付けてこんな感じ。。。一度、使ったときにあまりに絞りが見えなかったので、こんな感じにミラーを貼り付けています。手動でのレンズ操作では、こういう工夫が必要ですね。
R0010896お次のレンズは二日ほど前に届いたEOS用レンズ。そうです、50ミリの1.2です!
とうとう買ってしまいました〜!
新型カメラが続々と出ているし、手頃な40Dでも買うかな〜と思っていましたが、、、
周りのカメラマン連中は続々と買っているし、、、こういう雰囲気って、「俺も買っておくか??」と言う気にさせますね。買わないだけで出遅れている感を持ってしまいます。
でも、僕の場合、よくよく考えてみれば20Dでさえもほとんど使っていない状況。それで40Dを買ったところで、オモチャになるだけ。
9月はポートレートの撮影が結構入っているので、ココは一発買うか・・と。
もちろん、50ミリは持っています。1.4とシグマのマクロ。1.2を買うと同じ焦点距離で3本になるので、あまりに無駄だと思います。
でも、僕の手持ちの1.4ってあんまり相性が良くなくて。。。どうにもピントが悪いんです。いろいろなボディに付けてピントテストをしてみても大丈夫なのですが、いざ仕事で人物を開放近くで撮るとほとんどダメ。85ミリの1.2は同じように使っても割にばっちりなのですが。

そんなことで1.2を買ってみることにしました。このレンズは発売直後にキヤノンから借りたことがあって、その時の印象が良かったのです。

本日、日曜日。知り合いの役者さんのポートレートを撮ることになったので、早速使いました。

いやー、バッチリでした。ほとんど全部の撮影を50ミリ1.2でやってしまいました。バリバリピンが来ます。
イイレンズですね、これは!

明日も朝から六本木でポートレート撮影なので使いまくります。
元を取らないとネ〜。(笑)

| | コメント (3)

LightRoomはお引っ越し

LightRoomネタです。
ここのところバタバタだったのでLightRoomは起動しませんでした。
以前の仕事のデータが必要になったのでLightRoomの中にあるかな〜と探そうと思ったら、、、やはり外付けのHDのスイッチを入れるのを忘れていました。
スイッチオン、ってやはり面倒くさいですね。(笑)
それと、根本的なことを忘れていました。
この500GBのHD、秋葉館の安いヤツなので中身は250GBのHDが2個なんです。そう、ストライピングで1個のHDとして使っているものです。その分速いのですが、、、単純にリスクも2倍になると言うもの。
LightRoomのデータは別になくなってもどうと言うことはないのですが、、、でも、読み込ませる手間は掛かっています。データが増えて便利になっていくものなのにある日HDが飛んでしまったら、、そう言う事って、よりによって、、はよくあること。
と言うことでMacPro内蔵のHDに引っ越しになりました。
この500GBのHDは今まで通り、バックアップ専用のディスクとして使うことに。
MacProは4基のHDが入るのですが、すでに4基とも使用用途が決まっていて、LightRoom専用に1基を割り当てられません。取りあえず使用頻度が少ないHDにいれていますが、、この先、データが増えていくことがちょっと不安。。。

| | コメント (0)

9月の電塾勉強会

R0010893最初の土曜日恒例の電塾勉強会でした。
もろもろ、、書けないことが多い一日でした。
スゴイものを見てしまったり、、、スゴイ話を聞いてしまったり、、、
もう、お腹一杯という感じ。
カメラマンって、な〜に?という一日でした。
R0010890

| | コメント (0)

8月最後の日曜日

R0010875すでに先週ですが、、、
8月最後の日曜日、いつものように銀座です。
あっという間に季節が移り変わっていきます。
R0010880
R0010881

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »